愛人から夫を取り戻すための巧みな戦略とは?!

愛人から夫を取り戻すための巧みな戦略とは?!
愛人と夫の仲を疑った経験は夫婦であればきっと一度くらいはあるのではないでしょうか。夫の帰宅時間が遅くなったり、夫の持ち物や衣類から妻である自分が知らないレシートが出てきたなど、愛人の存在を疑うべき状況証拠ができてきたら、女性なら誰でも愛人の存在を疑って不安になりますよね。

不安になると、つい詮索したくなるのが人間の性というものですが、夫の気持ちを愛人から取り戻すためには、夫を追求したり、責めてはいけません。愛人を作るという事は、夫は少なからず夫婦生活や家庭に不満を感じているということですから、夫を責めることで余計に夫の心は離れていきます。

では、愛人から夫を取り戻すためにはどのような行動をとるべきなのでしょうか。そこで今日は離れかけた夫の心を愛人から妻である自分の元に戻るために必要な7つの戦略についてお伝えします。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]

浮気がバレちゃった!彼女の機嫌を直すスゴ技とは?

浮気がバレちゃった!彼女の機嫌を直すスゴ技とは?
今日は、浮気がバレてしまった時の対応についてお届けします。彼女がいるけれど、他の女性に目がいってしまうこともあるでしょう。そして目だけではなく、手を出してしまうことも。浮気は悪いことです。それは間違えようもありません。しかし、ほんの出来心で浮気をしてしまい、彼女にバレ、後悔している方もいらっしゃるでしょう。

まだ彼女と付き合いたいと思ったならば、次に大切なことは、どうしたら彼女の機嫌を直すかです。当然ですが、浮気をした側は彼女と別れたくないのであれば許しを請うしかありません。

とにかく許してもらうよう努力するのです。それが出来ないのであれば、別れるほかしかたありません。それほど浮気を許してもらうことは大変なのです。今回は、浮気がバレてしまったときに彼女の機嫌を直す技についてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

浮気した彼を許してもう一度やり直す、5つの心得!

浮気した彼を許してもう一度やり直す、5つの心得!
彼氏に浮気をされた女性は、この世にごまんといます。しかし世の中のほとんどの女性が、浮気をした彼と別れるわけではありません。「浮気をしたら別れる!」と決めてしまっている女性は、はっきり言って将来性がありません。もったいないことをしていますよ。浮気をしたとしても、自分が選んだ彼を長い目で見つめて大切にしていく道もあるはずです。

ただし繰り返すタイプの浮気を幾度となくする彼氏ならば、早々に見切りをつけるべきですが。たった一度の過ちを犯したくらいなら、彼氏がしっかりと反省していれば許す道を選びましょう。

「裏切られた」と心に深い傷を負っているにもかかわらず、彼を許してやり直すことは切ないです。しかし、忍耐の道を選ぶことであなたは女としてもっと奥深く色つやが増していくのです。いい女への階段の一歩と思い、浮気を許して彼とやり直す方法を勉強しましょう。

[ 続きを読む… ]

夫が浮気をしなくなる6つのマル秘テクニック!!

夫が浮気をしなくなる7つのマル秘テクニック!!
男性はなぜ浮気をするのでしょうか?家庭を壊す気などなくても、浮気をしてしまう男性の心理って女性にとってはとても不思議なもの。そして妻として夫の浮気は見過ごすことはできません。

男性の浮気の原因として多くの場合は、何か満たされない気持ちが原因であることが多く、その満たされない部分を男性は浮気をすることで代償している傾向にあります。

その満たされない気持ちを、妻であるあなたが満たしてあげれば夫の浮気の虫がうずくことは激減するはずです。その心理を理解して夫の浮気心はコントロールしましょう。

浮気心だけじゃなく夫自体、あなたの掌にのせたも同然。では、夫が浮気をしなくなるマル秘テクニックを6つお伝えします。

[ 続きを読む… ]

彼が浮気していないか、さりげなくチェックするコツ!

彼が浮気していないか、さりげなくチェックするコツ!
「浮気なんて絶対にありえない」と思っていても本当はされているということ、実際には少なくありません。もともと非常にデリケートでぎりぎりのラインにあるためか、浮気の隠し方や言い訳の仕方もとても複雑に発達してきているのです。「信頼していたのにうっかりだまされていた」というケースも多々あります。

ここであえて浮気を黙認して許すという女神のような心を持った女性もいますが、たいていは浮気なんてされたら気が動転してしまうはず。そもそも浮気をすること自体が最低ですので、そんな価値のない男をさっさと振り切って新しい人生を歩みたい、という女性も多いことでしょう。

そのためにはまず彼の浮気を見極めることが大切。どうしたら浮気の有無を確実に、しかしさりげなくチェックできるかについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]