愛人から夫を取り戻すための巧みな戦略とは?!

愛人から夫を取り戻すための巧みな戦略とは?!
愛人と夫の仲を疑った経験は夫婦であればきっと一度くらいはあるのではないでしょうか。夫の帰宅時間が遅くなったり、夫の持ち物や衣類から妻である自分が知らないレシートが出てきたなど、愛人の存在を疑うべき状況証拠ができてきたら、女性なら誰でも愛人の存在を疑って不安になりますよね。

不安になると、つい詮索したくなるのが人間の性というものですが、夫の気持ちを愛人から取り戻すためには、夫を追求したり、責めてはいけません。愛人を作るという事は、夫は少なからず夫婦生活や家庭に不満を感じているということですから、夫を責めることで余計に夫の心は離れていきます。

では、愛人から夫を取り戻すためにはどのような行動をとるべきなのでしょうか。そこで今日は離れかけた夫の心を愛人から妻である自分の元に戻るために必要な7つの戦略についてお伝えします。ではご覧ください。



 

愛人から夫を取り戻すための
巧みな戦略とは?!

 

浮気の詮索


夫に愛人がいるかも、と思ったら、それが事実かどうか詮索をしなくては気持ちがスッキリしませんよね。勘違いならそれで問題解決ですし、浮気をしているなら対策をこうじなくてはいけません。

しかし、浮気の詮索は夫に絶対に気づかれてはいけません。不自然にスケジュールを確認したり、普段は聞かない「今日あった出来事」を急に聞くのもいけません。夫に詮索がバレると「うっとうしい」と感じられてしまうかもしれませんから、気づかれないように調査をしましょう。

 

夫への干渉


夫に愛人がいる可能性が濃厚になったら、まず日頃から夫の行動を必要以上に干渉しないよう心がけましょう。夫が休日に外出することがあれば「どこ行くの?」程度の質問をし、それ以上は根掘り葉掘り聞いてはいけません。

大切なのは、夫を信頼しているという姿勢を示すことです。夫からすれば、疑われていると感じると不快に感じますし、信頼されていると感じれは、浮気をしていることに対して罪悪感を感じるのです。

 

楽しい思い出作り


夫に愛人がいると思うと、夫に対して腹が立ったり苛立つ事も多くなるものです。しかし、夫婦の時間はなるべく楽しく過ごしましょう。同じテレビ番組を見て笑ったり、映画を見に行ったり、DVDを見て一緒に感動したり、そんな些細なことでも構いません。

同じ時間を過ごすならば、夫になるべく夫婦での楽しい時間を感じさせるのです。この楽しい思い出をたくさん作っておくことで、夫が愛人と関係が悪くなった時「やはり妻といる時が楽しい」と思わせることが出来るのです。

 

妻ならではのテクニック


愛人が若くて美人な女性だった場合、妻である自分は完敗だと諦めかけてしまう人は多いのではないでしょうか。しかし、いくら容姿も性格も優れている愛人でも妻にかなわないのが、夫と過ごしてきた時間です。

結婚前からの愛人関係でない限り、妻である自分の方が愛人よりも夫の事をよくわかっているはずです。夫の表情から、その日の仕事がうまくいったのかや体調がいいかを感じ取ることができるのは、長い時間を過ごしてきた妻です。夫が疲れているなと思ったら、思いやりある言葉をかけてあげましょう。

 

快適な住環境作り


男性は仕事でストレスや疲れを溜めたら、それを癒やす場所が必要です。それが家庭にない場合に愛人を作ってしまうのです。このような状況を打開するためには、家庭を夫が心から安らげる場所にする必要があります。

夫が仕事から帰ってきたら、自分の話ばかりをするのではなく、まず夫の表情からその日のコンディションを察しましょう。また、夫の健康を考えた料理を作ったり、自宅を清潔に保って、少しでも夫が快適に感じる住環境を作るのです。

 

夫の帰るべき場所


夫の外出頻度や外出の時間が増えるとつい愚痴ってしまいたくなるものです。また、「一緒にいて欲しい」という気持ちを伝えることが可愛い行為だと思っている人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、夫の外出頻度や時間が増えてもなるべく文句を言わないようにしましょう。夫が自宅を出て外で時間を過ごすということは、自宅にいたくないという意思表示です。このような状況では、ぐっとこらえてなるべく自然に振る舞うのです。

こうすることで、夫が帰りたい時に帰るべき場所をいつでも用意しておいてあげることが、結果的に愛人に傾きかけた夫の気持ちを取り戻すことに繋がるのです。

 

夫に罪悪感を感じさせる


人間だれしも、悪いことをしているという自覚があれば罪悪感を感じるものです。しかし、愛人を作った夫の場合、どうにか自分の浮気を正当化しようとして、妻の落ち度を見つけようとします。

そこで、重要となるのが、妻としての落ち度をなるべく作らないことです。健気に夫に尽くす妻であるよう努力するのです。妻が健気に家事を頑張ったり、夫に尽くす程、夫は愛人を持っていることに対して罪悪感を感じ、最終的に愛人より妻を選んでくれるのです。

 

如何でしたでしょうか。

愛人から夫を取り戻す方法というと、愛人や夫を法的に攻撃したり、直接的に夫を説得するなど、自ら積極的な行動を起こすことが正しいと考える人が多いかもしれませんが、このような積極的な行動は、かえって逆効果になる可能性が高いのです。

妻である自分から愛人に離れかけた夫の心を取り戻すためには、まず、心が離れかけてしまった原因を熟考し、その原因を自ら改善すべきです。また、夫の心は無理矢理引っ張っても戻ってきませんから、自然に戻ってくるように大きな器でじっと待ちましょう。

愛人を作った夫に対して尽くすという行為はなかなかできないかもしれませんが、そこはぐっと堪えましょう。今回解説したような方法で夫が戻りたくなるような妻、家庭を作れば、夫の心は自然と戻って来るのです。

 

まとめ

夫に愛人ではなく妻を選ばせる小技とは

・浮気の詮索は夫に絶対に気づかれてはいけない
・日頃から夫の行動を必要以上に干渉しない
・夫婦喧嘩を避けて楽しい時間を過ごすよう心がける
・妻だからこそわかる夫への気遣いや気配りをする
・夫が心から安らげるような家庭環境を作る
・夫の外出頻度や時間が増えても文句を言わない
・夫が罪悪感を感じるほど家事を頑張る