転職失敗談。こんなはずではなかったエピソード集

転職失敗談。こんなはずではなかったエピソード集
一昔前に比べると「転職」という行為に対するハードルは下がりつつあります。スキルアップ、レベルアップを求めて転職する人の存在も認められるようになり、ネガティブなイメージは激減しました。

しかし簡単に転職できるようになった分、失敗したという声も増加傾向にあるという現実もあります。最初に勤めた会社を定年まで勤め上げるという価値観が全てではなくなり、自由な働き方が認められるようになりつつある現在、それでも転職をするのであれば、失敗したくないと思うのは当然のこと。

ここではこんなはずではなかったという転職失敗談、そして転職を失敗しないためにはどうすれば良いのかという点についてお伝えします。現在の会社にはない良さ、より良い働き方を求めるのは向上心のあらわれです。ぜひ今回の記事を参考にして、転職で失敗しないために役立ててください。



 

転職失敗談。
こんなはずではなかったエピソード集

 

転職を急ぎすぎて…希望条件より下のランクに転職!


転職したいと思うきっかけは人それぞれですが、転職に失敗する人の共通点として多くみられるのが「焦りすぎた」ということ。転職したい、1日でも早く今の職場をやめたいという想いが強すぎると、次の職場選びを冷静に考えることができなくなってしまう可能性大です。

詳しい内容を確認しないまま、入社することが決まった。給料の額を妥協してしまった。想像と違った。このような転職失敗談は、とてもポピュラーなもの。冷静に判断していれば、仮に面接までたどりついていても断っていたでしょうし、そもそも応募しようとさえも思わなかったかもしれません。まずは、転職活動に焦りは禁物であることを覚えておいてください。

 

「できます!」と見栄をはってしまい、実力が伴わず失敗!


新卒時の面接と転職の面接。大きく異なることといえば、前職で何をしていたかという点を重視されること。それは学生時代に何を学んだかという点とは比べ物になりません。しかし、この質問も間違った答え方をしてしまうと、転職失敗にまっしぐら。

仮に同じ職種であっても、経験したことがない業務があっても当然です。面接の際に、採用されたいからといって未経験のことを「できます!」と言い切ってしまい、入社後に後悔というのもよくある話。見栄をはってしまった手前、今更できない、わからないと言えない悪循環にハマってしまう可能性も高く、転職失敗談の中でも転職先を退職という結果につながりやすい危険発言と言えるでしょう。

この場合の解決方法は、答え方にあります。「その経験はありませんが、挑戦したい」という前向きな意思を伝えること。経験はない、ということを正直に伝え、その上でやる気を見せましょう。

 

社風に馴染めなくて後悔…条件に気をとられすぎて転職失敗


労働条件、給料、仕事内容、通勤時間等様々な条件はばっちりクリア!のはずが、転職失敗となってしまう理由のひとつが「社風に馴染めなかった」というもの。この失敗は、前の会社とのギャップにあります。

例えば静かにマイペースにコツコツ仕事を行うことを推奨されていた会社から、一致団結!体育会系!の会社に転職すれば、誰しもギャップを感じるもの。これはどちらがよい悪いではありませんし、老舗企業、大企業だからこう、ベンチャーだからこうと言い切れるものではありません。

条件はもちろん大切ですが、一度は職場を見学することも大切です。データだけでは見えないものは、自分の目で見て確認しましょう。

 

転職後、前の職場がよく見えてしまい転職を後悔


意気揚々と転職したのは良いけれど、月日が経つうちに「あれ?なんだか思っていたのと違うかも?」と思うことが増え、ついには「前の職場の方が条件がいい。もしかして転職しなければよかったのでは」と気付いてしまう転職失敗パターン。この場合、前の職場に不満があったために、転職を考えたという前提を思い出すことが大切です。

もし現在も前の職場で働いていたら、きっと不満を言っていたのでは?と自問してみましょう。そして何より大切なことは、自分が思う、パーフェクトな理想の職場はないと知ること。そう思えない限り、何回転職を繰り返しても転職失敗談だけが増えていくことになってしまいます。

それでも本当に自分が求める理想があるのであれば、あなたが行うことは転職ではなく独立です。自分で一から自分好みの会社をつくる、そう考えれば、青い鳥を求めるかのように次々転職を繰り返すという悪循環に陥ることはないはずです。

 

いかがでしたか。今回ご説明した転職失敗エピソードは転職を考える人なら誰でも陥りがちなパターンばかりです。一度転職したら、なかなか元の職場に戻ることはできませんし、その会社をすぐに退職するということも難しいもの。

今転職しようと考えている人は、今回ご説明した転職失敗エピソード、そして対策を参考に、計画的に準備をすすめてください。自分は今の職場に何が不満で、次は何を求めているのか。また、今の職場のメリットは何なのか、それを失うことになっても良いのかということまでしっかりと考えることで、転職を失敗する確率もぐんと下がることでしょう。

「こんなはずじゃなかった」と思わないために、ぜひ今回の記事を役立ててください。

 

まとめ

転職失敗談。こんなはずではなかったエピソード集

・転職を急ぎすぎて…希望条件より下のランクに転職!
・「できます!」と見栄をはってしまい、実力が伴わず失敗!
・社風に馴染めなくて後悔…条件に気をとられすぎて転職失敗
・転職後、前の職場がよく見えてしまい転職を後悔
・100%理想の職場はないと心得ましょう