トーイックで600点を超えるためのとっておき勉強法!

トーイックで600点を超えるためのとっておき勉強法!
英語を習得して仕事に活かそうと志す人ならば、トーイックは避けては通れない道です。トーイックは米国の団体主催の英語検定試験です。仕事のための英語力を判断するための適切な内容のため、英語を使う仕事の面接などでは、トーイックの点数が高いと有利です。

しかしトーイックは難易度も高く、対策法も難しい試験として多くの受験者を悩ませているのも事実。そこで今回はトーイックの初心者のために、トーイックの初心者向け攻略法を特別にまとめてみました。以下を読んでトーイックの試験まで、徹底的に勉強を続けていれば、初心者の第一の壁である600点を獲得することができるのです。

もちろん簡単な方法ではありません。続けるためには忍耐力と強い精神力を要します。トーイックで目標点を取れるまで、継続する決意を固めたら、準備OKです。以下の7つの勉強法を順に実践して、試験まで頑張ってください!



 

トーイックで600点を超えるための
とっておき勉強法!

 

早朝の勉強タイムを習慣づける


トーイックの試験までは毎日勉強する習慣をつけてください。トーイックを目指しているのならばたいていの人が毎日勉強しています。試験を甘く見て勉強をサボっている人は当然、高得点は見込めません。

特にアドバイスしたいのは、勉強する時間帯です。夜遅くよりも「朝早く」起きて勉強すると、夜よりもずっと記憶力も集中力もアップします。朝に勉強を済ませてしまうと「勉強しなきゃ・・・。」という気持ちを持ち続けなくてもいいですしね。

 

日に2時間以上は勉強時間を取る


トーイックで600点を目指すのであれば、日に1時間は集中して勉強してください。たいていの人は日に2時間の勉強時間をもうけます。しかし2時間も集中し続けるのは困難です。

そこで毎朝早起きして、1時間しっかりと勉強してください。あとは空いた時間に単語帳をめくるなどの軽い勉強を日中に盛り込むのです。

 

Part.1・2・5を集中的に勉強する


トーイックの試験はパートごとに分かれています。1写真描写問題・2応用問題・3会話問題・4説明文問題・5短文穴埋め問題・6長文穴埋め問題・7読解問題の、計7つのパーツによって試験が構成されているのです。

このうち1・2・5パートが初心者でも点が取りやすい傾向にあるため、トーイック初心者はまずこのパートを集中的にやりこむのです。問題の傾向や使われている単語も多くないため、網羅するのにそれほど時間はかかりません。1・2・5パートだけは確実に点を稼げるように、最初は集中的に勉強してください。

 

1冊の問題集をやりこむ


トーイック向けの問題集は、数多く出ています。最初はどれを手にとっていいかすら迷うことでしょう。適当に、というと語弊がありますが、わかりやすそうなものをまずは一冊選んでください。先生や友達のお薦めのものでもOKです。

選んで買ったら、最初は1冊をしっかりと最後までやり切ってください。問題集を一冊こなせばどんな人でも少しはレベルアップします。問題集一冊すら最後までたどり着けないようでは、先が思いやられますよ。

 

本屋で自分のお気に入りの参考書を見つける


何冊か参考書をやりこめば、そのうち自分にぴったりの参考書に出会うことができるはずです。内容の理解度が他のものとは違い、すらすらと頭に入るお気に入りの参考書です。こればかりは個人差がありますが、レビューなどで好評を得ているものから試していくと見つかります。

そしてお気に入りの一冊を見つけたら、その時こそ参考書の中身を暗記できるくらいにぼろぼろになるまでやりこんでください。その一冊が、あなたの強い味方となるはずです。

 

得意のパートを作り、集中的に勉強する


トーイックには全部で7つのパートがあると上述しましたね。7つのパートはそれぞれ内容が違い、初心者は1・2・5が比較的解答しやすいとも書きました。

しかし得意分野は個人差があります。単語が得意な人もいれば、長文が得意な人もいます。自分の得意な傾向を早めに発見して、得意分野に磨きをかけてください。人間とは不思議なもので、興味のないものに向かうと惰性が顔を出しますが、興味のある分野では驚くほどの集中力を発揮します。

ご自分の得意分野であれば、1時間でも2時間でも机に向かうことも苦ではないはず。そして得意のパートだけでは確実に点が稼げるという自信にもつながります。

 

勉強していない時は英語のことを考えないようにする


トーイックを目標にすると、電車の中でも駅のホームでも、ちょっとした待ち時間に参考書を開く癖がついてしまいます。熱心なのはわかりますが、自分のオンとオフはしっかりと切り替えてあげてください

いつも英語の事ばかり考えず、集中して1~2時間机に毎日向かう以外は、思い切って別のことを考えるのです。そうすることで脳をリラックスさせ、勉強するときの集中力や吸収力につながるからです。

 

さて、トーイックで600点を超えるためのとっておきの勉強法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

トーイックやトッフルは、人材の英語力の参考になるとして、日本の企業でも積極的に採用時の参考項目に設定しています。わかりやすくいうとトーイックの点数で、就職率が変わってくるということです。日本トップクラスの外資系の会社では、トーイックの必要点数が800とも900とも言われているほどです。

そこまでの点数を目指すとしても、まずは600点の門をくぐるところから始めてくださいね。上述した勉強法は基本的なもので、トーイックで600点を目指す人のためのものですが、続けていけば翌年には700点、そのまた次には800点も夢ではありません。継続は力なり。頑張って英語力アップを目指してください!

 

まとめ

トーイックで600点を超えるためのとっておき勉強法!

・夜ではなく早朝の勉強タイムを習慣づける
・日に2時間以上は勉強時間を取る
・Part.1・2・5を集中的に勉強する
・1冊の問題集をやりこむ
・本屋で自分のお気に入りの参考書を見つけ、暗記するほどやりこむ
・得意のパートを作り、得意パートを集中的に勉強する
・勉強していない時は英語のことを考えないようにする