英語の発音が上手になる!とっておきの訓練法とは?

英語の発音が上手になる!とっておきの訓練法とは?
「発音」は、英語を学習している人にとって一番厄介な問題の一つです。ネイティブスピーカーのように正しい発音でかっこよく話すのが夢なのに、いつまでたっても自己流の日本人英語から抜け出せない・・・と悩む人はとても多いでしょう。

しかし、英語の発音はやり方次第ではすぐにでも矯正をすることが可能です。そのコツは意外と身近にあるのですが、あまり気づかれていません。また、方法さえ選べばお金をかけずに学習することができるのに、これに気がついていない人もなかなか多いという現状もあります。

ということは、発音上達の正しい方法さえわかれば、誰でも気軽に正確な発音を手に入れられるということ。さっそくトライし、他の人とは違う正統派で美しい発音を身につけましょう!



 

英語の発音が上手になる!
とっておきの訓練法とは?

 

発音記号を理解すること


正確な英語発音を習得するために必要なのは、高額な英会話レッスンでも留学経験でもありません。そんなことをするよりも、口の開け方や舌の位置などを指示している英語の発音記号を理解するほうがはるかにスピーディーに正しい英語発音を学ぶことができます。

ほとんどの英語辞書の巻頭または巻末には発音記号の読み方が記載されていますので、それをもとに発音練習を行ってください。発音記号の読み方を解説したサイトなどもおすすめです。

発音記号を正確に理解した上で発音してみると、今までとは全く違う、ネイティブスピーカーに限りなく近い美しい発音ができているのに気づくでしょう。

英会話教室や留学先でネイティブと話すときのような派手な「楽しさ」はないものの、英語学習にとってはとても必要なステップです。英語を理解するのに英文法が必須であるように、発音を強制したいなら発音記号は避けては通れない道。これを避けなければ発音は確実に上手くなります。

 

発音しづらい音を研究する


日本人が英語を難しいと感じる理由の一つは、発音の難しさです。英語には日本語にはない音も含まれるため、聞き取るのはもちろん発音するのも難しいと感じてしまいますよね。RやLの区別、FやVの音などは確かに日本語にないため、敬遠したり自己流になったりすることも。

でも、本気で発音を矯正したいのであれば、こうした難しい発音にも果敢に挑戦する必要があります。日本人が失敗しやすい発音を正しく学べれば、それだけでも大きな進歩です。

ここでもやはり発音記号が力強い助けとなってくれます。発音記号を参考にしながら何度も練習をし、正しい発音を手に入れましょう。

 

弱母音をマスターする


辞書などで発音記号をチェックしているとよく登場するのが「ə」の記号。弱母音と呼ばれる母音の一種「シュワー」ですが、これも日本人英語学習者からは敬遠されがちな発音です。

というのも、この弱母音の定義について正確な説明を得る機会が少ないため。中学校や高校で説明を受けることはあるものの、「弱く読めば良い」、「『ア』に近い音」など定義があいまいで、混乱した人も多いのではないでしょうか。

しかし、シュワーについても発音記号を理解して正しく発音すれば問題ありません。そして英語に登場することの多いシュワーを習得すれば発音がさらにきれいになるというメリットもあります。

 

イントネーションを理解する


英語音声学の授業や書籍などでよく言われているのが、「英語の発音を練習するよりイントネーションを勉強したほうが通じる英語になる」という発言。ネイティブのようにスマートに話したいと日々練習している人にとっては意外に聞こえるかもしれません。

しかし、この説はあながち嘘や間違いでもない模様。確かに、発音だけ正確な人の英語よりも強勢を正しく理解した人の英語のほうが堂々としているように聞こえます。

こちらの英語を聞いているネイティブにとってもそれは同じで、「発音よりもイントネーションを何とかしてほしい」と思う人も多いのだとか。実際、発音はいまいちでもどこにイントネーションを置いて話せば良いかわかっていれば、英語もしっかり伝わります。発音だけでなく強勢の勉強もすれば鬼に金棒ということですね。

 

発音練習ソフトを使う


発音記号とイントネーションを理解したけれど発音にもう少し磨きをかけたいなら、発音練習ソフトを使った練習もおすすめです。大手英語学習教材メーカーから出ているものを選んで練習に使いましょう。

また、スマートフォンの音声認知機能を立ち上げた状態で発音し、うまく認識してくれるか確かめるという裏ワザも。こちらにはあまりお金がかからないので、お金を節約したいときにはおすすめです。

 

発音を劇的に上手くするための5つのコツ、いかがでしたか。

まずは発音記号にあたり、正しく理解した上で練習をすることが何よりも肝心です。作業としてはとても地味なので避けられがちですが、発音記号がわからなければ正確な発音など不可能といっても過言ではありません。また、比較的短期間で発音上達ができるのも発音記号の強みです。

そして、発音記号の読み方の練習をするときには日本人が発音しづらい音や弱母音「シュワー」の研究もしましょう。これらを征服できれば英語の発音がかなり成熟してくるはずです。同時にイントネーションの理解もすれば、正しい英語発音に堂々とした感じもまとわせることができます。

正確な英語発音の習得は辞書やウェブサイトの解説を見れば無料でできるものの、英語発音練習ソフトを使って磨きをかけるという手も。スマートフォンなどの音声認識機能を使うのもおすすめです。

 

まとめ

発音を劇的に上手くするための5つのコツとは?

・まずは発音記号を理解しよう!
・日本人が苦手な音をマスター
・弱母音を理解・習得しよう
・発音も大事だけれど、イントネーションの勉強もしよう
・発音練習ソフトで磨きをかけて