『超音読』英語勉強法で、スピーキング力を手に入れる技!

『超音読』英語勉強法で、スピーキング力を手に入れる技!
英語の勉強法はいろいろあるけれど、英語スピーキング力をアップさせるための勉強法もそれこそ星の数ほど出ています。でも、たくさんありすぎてどれを選んでよいのかいまいちよくわかりませんよね。英会話教室に通うだけでは十分でないのか、ほかにも自習すべきなのかどうか、途方に暮れてしまいます。

でも、大してお金がかからず、しかも私たちにとってもなじみのある「あの勉強法」が、実はスピーキング力の向上に大いに貢献するという事実、知っていましたか。その勉強法とは音読であり、確かに小学校のころから授業などでしてきましたよね。

とはいえ、音読がどうして英会話スキルのブラッシュアップに役立つのか、まだピンとこない人のほうが多いかも。そんな人のために、音読を英語学習に役立てる勉強法についてお伝えします。



 

『超音読』英語勉強法で、
スピーキング力を手に入れる技!

 

音読英語勉強法:テキストの意味を理解してから


英語の音読は、スピーキング力だけでなくリスニング力、リーディング力の向上にも役立つものです。そのため、どんどん音読をするべきなのですが、その前に準備が必要。その準備とは、「原文の意味を理解する」こと。

原文の意味をしっかり理解できなければ、読んでいてもつまずいてしまうのが容易に想像できますよね。読みながら意味を取っていくという方法ももちろんアリなのですが、本文中に出てくる単語や熟語について熟知したうえで音読したほうが効果が高いのは確か。テキストをいったん和訳などしてから音読しましょう。

 

音読英語勉強法:発音を確認


英語のスピーキング力を伸ばすにあたり、注意したいのはそれぞれの単語の発音。もちろん、日本人らしい発音を目指すというのも悪くはないですが、どちらかといえば綺麗な発音で話せるようになりたいですよね。

そのためには、英語の発音記号の意味をちゃんと理解し、それに基づいて読み上げていく必要があります。発音記号を習得するだけでも発音がぐっと良くなりますので、英語学習をするなら必ず確認しましょう。

 

音読英語勉強法:抑揚もチェック


正しいスピーキング力を手に入れるためには正しい発音習得が非常に大切ですが、同時に気を配りたいのは「抑揚」です。英文を読む際にどこを強調すべきなのかをしっかりと理解していないと、ぎこちない音読になってしまいます。

そして正しく抑揚をつけるべき場所を見極めるには、やっぱり原文の意味をきちんと頭に入れておかなくてはなりません。特に、一つ一つの英文のどこが一番強く読まれるべきかをしっかりと把握しましょう。この訓練を継続することにより、実際に英会話をするときの抑揚感覚が身についていきます。

 

音読英語勉強法:ネイティブの発音も聞く


テキストつきのリスニング教材などを音読に使っているのなら、そのリスニング音源もしっかり聞いてから音読をするようにしましょう。発音記号や抑揚のタイミングを習得すればネイティブスピーカーのように話すことも夢ではないものの、独りよがりになりがちです。

必ず教材に付属しているリスニング音源もチェックし、ネイティブがどう読み上げていくのをチェックしてみましょう。リスニング力アップにも役立ちます。

 

音読英語勉強法:教材をフル活用する


リスニング音源までついた英語教材は、英語の勉強にとって万能な存在です。なぜなら、一つあればリーディングもリスニングもスピーキングも全て勉強できるから。英文テキストの書き写しを行えばライティング力の教科にも使えます。

せっかく買った教材なのですから、リーディング、リスニング、スピーキングそしてライティングの全ての側面から活用しましょう。一つの教材を使いこむだけでもかなりの実力が身につきます。

 

音読英語勉強法:暗読する


音読英語勉強法の最終目的は、学習中のテキストを見ずに読み上げられるようになることです。そう、つまりは「暗読」できるようになるということ。それができて初めて、自分が買ってきた教材の活用が完了したということになります。

また、暗記することにより記憶に残ったフレーズや単語を英会話に生かすことも可能です。覚えて損はありませんので、どんどん暗読していきましょう。

 

英語勉強法としての音読の活用方法、いかがでしたか。

音読と言えば、小学校や中学校のときに恥ずかしい思いをしながらいやいやしていた人が多く、突然音読をしなさいと言われてもなかなかできないかもしれません。しかし、「恥ずかしい」という理由だけでパスするにはもったいないほどのメリットが音読にはあります。

発音や抑揚のつけかたトレーニングだけでなく、リーディング、リスニング、スピーキングそしてライティングと英語学習の全てをこなすことができるのです。また、教材テキストを丁寧にそして徹底的に活用することにより、英語力を大幅にアップさせることもできます。

ぜひここで音読習慣を身につけ、英語スピーキング力の礎をつくりましょう!

 

まとめ

【勉強法】英語スピーキング力を飛躍的に伸ばすためにできることとは?

・まずは発音記号を理解
・抑揚のつけ方をマスターしよう
・リスニング音源もチェック
・教材は余すところなく活用しよう
・最終的には「暗読」を