友人代表スピーチを頼まれた時に失敗しない7つの方法

友人代表スピーチを頼まれた時に失敗しない7つの方法

皆さんは結婚式の披露宴で友人代表スピーチをした事がありますか?ある方は分かると思いますが、緊張してなに話しているんだかわからなくなっちゃうものですよね。出来る事なら上手くスピーチをしたいものです。

そして「あのスピーチ良かったよ!」と新郎や新婦から声をかけられたいものです。今回はそんなスピーチに関する事です。結婚式の披露宴ではさほどイベントとして重要視はされていませんが、流れの中では重要なものです。

ですから滞りなく行いたいものです。そんなスピーチに失敗しない方法を教えます。これを読んでスピーチについて考えてみて下さいね。



 


友人代表スピーチを頼まれた時に
失敗しない7つの方法

 


笑いをとらずに場をなごまそう。


まず友人代表スピーチって結婚式の披露宴でどのくらいのウエートを占めると思いますか?実際の所ほんのわずかな部分です。しかし宴を盛り上げる為には必要な要素です。

友人から新郎や新婦の情報を出席者全員に伝える事が使命です。ここで気を付けたい事が自分が目立とうと笑いを取りに行ってはいけません。特に新郎や新婦の悪口や弱点などを言う事はいけない事です。

あくまで自分は場を和ませるように心掛ける事です。それから馴れ初めの紹介や余興に行くので笑いはそこにとっておいて基本人々を「ホッと」させる話に徹すると良いでしょう。何気ない日常の話題などが良いでしょう。

 


自分の体験談を語ろう。


友人代表スピーチではよく自分の事を長々と語る人がいます。それもいいのですが自己紹介は簡潔にしましょう。「今ご紹介の預かりました新郎(新婦)の友人の○○です。新郎(新婦)とは長く友人関係として付き合っています。」

このくらいで自己紹介はやめておいてあとは新郎や新婦と自分の思い出を語る事です。そこが出席者全員の知りたいところであって新郎や新婦の人柄が出るところなのです。思い出を語ったあとはそう締めましょう。

「私はこの出来事があってこの人はこういう人なんだぁと思いました。」これで完璧です。目立ち過ぎずかと言ってつまらなくもないスピーチの完成です。一回原稿を作って読み直してみる事です。

 


手紙を使ってみよう。


話す事が苦手な人はこの手を使ってみましょう。どちらかと言うと男性向きではないですが、「今日の為に手紙を書いてきましたのでそれを読ませていただきます。拝啓○○様~」から始まります。

手紙を読み終わったら自分の気持ちを述べてください。手紙で時間を使っているので簡潔にがいいです。人前で話す事が苦手な人は使える手です。

思わずホロりとしてしまうところも宴ならではです。出席者も良い雰囲気になることでしょう。どのような手紙がいいかと言えば普段は面と向かって言えない事を手紙にするといいです。

小さい頃の思い出や青春時代の思い出などがいいでしょう。きっとその人となりがわかる良い手紙が書ける事でしょう。手紙を使ってみてはいかがでしょうか?

 


話す前に飲み過ぎないようにしよう。


これは当たり前の事のようでこの手の失敗はよく聞くところです。友人代表スピーチをする事に舞い上がってついついお酒に頼ってしまう。スピーチをする事には出来上がってろくなスピーチにならないなんて失敗話もよく聞きます。

お酒はちょっと抑え目ぐらいにしておきましょう。乾杯の一気飲みなどはもってのほかです。自分で自制する事が大事な事です。

あくまで主役は新郎と新婦です。あなたが披露宴の主役にならないようにしてください。友人からお酒を薦められますが断ってください。

お酒に強い方でも意外と影響を受ける物です。神経が高ぶっていますので・・。お酒は友人代表スピーチが終わってから飲みましょう。

 


片方だけでなく両方知ってる話をしよう。


友人代表スピーチをするに当たってネタ作りは出来るだけ新郎と新婦両方が知っている話がいいです。特にNGなのが付き合った恋人の話などです。初めて相手を紹介された時の話などをするのが一般的です。

それでも面白くしたいのなら青春時代の悪行をばらすような事でもいいのかも知れませんが、これは新郎と新婦とそのご家族が笑ってくれればいいですがもし笑えない話となるとスピーチ失敗です。出来るだけ両方が知っている話題を中心にあなたの感想を含めて話をされるとよろしいです。

友人代表スピーチは新郎と新婦側それぞれ一人ずつぐらい行う事もありますから片方の話をしていてもいいのですがそれを長々としゃべるのはよくありません。場の空気もなんだか悪くなってきたりします。両方に共通している話題を出来る人を基本選びますから両方知っている話をしましょう。

 


真っ白になった時は素直に謝ろう。


よくスピーチ中に真っ白になってそのまま沈黙が流れ・・・、こうならないのが良い事ですが人間ですから真っ白になってしまう事があるかも知れません。そうなったら「今日は祝いの席で少々飲み過ぎてしまい。今は頭が真っ白になってしましました。少々お待ちください。すいません。」と素直に言いましょう。

場の空気をなごませるのがあなたの役割です。時にはその正直な行動が場の空気をなごませる事が出来るかも知れません。そうすれば友人代表スピーチは成功なのです。

真っ白になってしまったら黙ってしまうのではなく正直に謝りましょう。笑ってくれたらしめたものです。落ち着いて思い出した事を話せばいいのです。

 


時間を守ろう。


これがもっとも大事な事です。友人代表スピーチは宴の主役ではありません。決められた時間を守る事です。

その為には原稿を作り家でストップウオッチや時計などを利用して読む練習が必要になります。時間が早いのはまだ司会者がつないでくれてフォローがききますが、時間を長くかけすぎるのはこの後の進行に関わる事になってしまいます。

原稿は設定された時間よりもやや短めに作成しておく事です。それが宴の円滑な運営へと繋がります。時間は守りましょう。

 

いかがでしょうか。一番大事な事は友人代表スピーチは結婚式披露宴の主役ではないという事です。しかし指名されたらそればっかり考えてしまいますよね。

ですが最悪場をなごます事が出来れば失敗ではないのです。新郎や新婦から「あのスピーチ良かったよ!」ともらうまでの必要もないのです。肩肘はらずに原稿を考えましょう。

そうして時間を守るように練習することが失敗しない秘訣です。当日になって真っ白になってしまった・・。それもいいものなのです。

大切なのはあなたの気持ちが伝わり場がなごむ事にあります。どうかそういった意識で挑めば成功するチャンスは広がるはずです。良いスピーチが出来る事を祈っています。

 


まとめ


友人代表スピーチを頼まれた時に失敗しない7つの方法

・笑いをとらずに場をなごまそう。
・自分の体験談を語ろう。
・手紙を使ってみよう。
・話す前に飲み過ぎないようにしよう。
・片方だけでなく両方知ってる話をしよう。
・真っ白になった時は素直に謝ろう。
・時間を守ろう。