起業を目指す人へ!アイデアの出し方7つお教えします

起業を目指す人へ!アイデアの出し方7つお教えします

起業をすると言う事だけを考えるとやはり大変な苦労があります。その大変さはアイデアではないでしょうか?なかなかいい案思いつかないと少し悩んでいるのではないでしょうか?そんな方に今回はアイデアの出し方としていくつか紹介します。簡単に出来る事からちょっと投資が必要な事まで様々です。人はそれだけアイデアに飢えているのです。

いいアイデアがあれば起業しても上手くいきます。逆にアイデアを持たないまま起業すると苦しむ事になります。そんなアイデアについてやっていきます。是非読んで試してみて下さい。自分を変える事が出来るかも知れません。



 


起業を目指す人へ!
アイデアの出し方7つお教えします

 


トイレに入ろう。


起業にはアイデアは必須です。いいアイデアはどんなことをしても欲しい物です。身近から得るにはどうしたらいいのでしょうか?一番浮かぶと聞くのはトイレの中です。やはり一人の空間として孤立しているのが良いのでしょうか?ふとトイレに座った時にアイデアが閃いたと言う話もよく聞くところです。

昔の戦国武将も厠の中で戦術や戦略を練ったものです。やはりトイレとは異空間であると言えます。快適なトイレなら居心地がいいのでくつろげます。やはりくつろぎの中からいいアイデアが浮かぶのであってトイレはその手助けをする空間であると言えます。トイレへ入ってみましょう。

 


ボーっとしてみよう。


ボーっとしてみるのもアイデアをひねり出すきっかけとなります。起業するアイデアが欲しいと言う事ばかりに駆られていてはなかなかいいアイデアは浮かびません。自分自身が無になるくらいボーっとしてみる事です。

そうすると今まで囚われていたものが取り去られて解放されるような感覚に襲われる事になります。この心が解放されている感覚が大事になるのであってボーっとする事によって自分と良く向き合えるのです。ボーっと何も考えずにしてみる事が大事な事です。

何も考えずに無になれる事によって新しいものが生まれるのです。そのくらい無になりましょう。ボーっとしてみる事もアイデアをひねり出すには大事な事です。

 


時間に囚われないでおこう。


時間に囚われないと言う感覚もまた重要な事です。企業をすると焦ってばかりいる人にいいアイデアは降りてきません。囚われていない自由な発想は囚われていない空間で発生します。ですから時間に囚われずにただ何もしないと言う事もしてみるべきです。もちろんそのままだけではいたずらに時間が過ぎていくだけです。ですがこのアイデアの為に費やす時間はむだと言う事はありません。

必ず何らかの形で身になっています。時間に囚われないと言う感覚をもちましょう。一週間に一度くらいはこのような日を設けてもいいのかも知れません。

 


結果は後からついてくると思おう。


結果を求めるとアイデアは出てきません。これは起業するとすぐに結果を求められる為に矛盾している事かも知れませんが結果と言うものは後からついてくるのです。それは理解した上でアイデアをひねり出すのです。結果はすぐに求められます。なかなか結果の出ない事を続けると言う事は勇気が要ります。ですがこの勇気がアイデアを生むのです。

過程に何をしたかは結果には基本関係ありません。過程もそれなりに重要ですがやはり結果を見てしまう事になる事でしょう。しかしながらアイデアは結果に囚われない過程から生まれるのです。結果に囚われないと言う事が大事です。後からついてくるのだから関係ないと思う事が大事なアイデアを生み出す事になります。そのような感覚を持つ事が大事になります。

 


ドライブしよう。


ドライブをする事でやはり頭の感覚をリフレッシュする効果が有ります。ある意味違う事に集中する事が大事なのです。ドライブと言う運転に集中する事によって起業アイデアが浮かぶと言う事もまたある事なのです。

運転の際は助手席にメモなどを用意しておきましょう。頭に浮かんだら車を安全な場所で停止させてメモってみるのです。これはよく作詞作曲をするアーティストなどが使う手ですがボイスレコーダーを常備しておいて浮かんだらそのレコーダーに吹き込むと言うものです。ドライブは人を開放的な感覚へと誘います。それはアイデアを出すと言う意味でもとても大事な事です。ドライブしてみましょう。

 


一人旅に出よう。


旅もまた違った自分が発見することが出来るいい機会です。一人旅は自分の好きなように予定を組むことが出来ます。是非アイデアを出すためにやって欲しい事が旅先の良いロケーションの場所でしばらくそこに立ち止れる時間を作ると言う事です。

ある意味無になれる空間を作る事でその旅の意味があるものになる事でしょう。一人旅に出て旅先でいろいろな経験をする事によって自分の変化に気がつくはずです。その変化は起業する上でとても大事な事です。その変化から生まれるアイデアはきっと起業を助けるものになります。自分磨きのつもりも込めて一人旅をしましょう。その経験は宝になります。

 


アイデアは身近に転がっている事理解しよう。


アイデアを出す為には身近にある事に気を留める事から始まります。意外にも身近にアイデアと言うものは転がっていてふと気がついた瞬間に無くなっているものです。常にメモなどを持ち歩き日常に「あれ?」に敏感に反応する事が大事です。

日常から生まれるアイデアの多くはこの「あれ?」から始まっておりこのアイデアを元に起業して成功している人は沢山いるのです。普段は気にも留めない事に目を向ける事によって違う発見をする事が出来ます。それがいいアイデアとなり万人受けするものの礎となるのです。

アイデアは身近に転がっています。ふとした疑問に答えを出していく事がアイデアを形にしていく事ではないでしょうか。意外にも自分の身近にあると気がつかないものです。そんな事に目を向けてみる事が大事な事だと言えます。

 

いかがでしょうか。起業とはリスクを伴うものであると認識しています。ですから結果と言うものを考えてしまうのですがそれはやはりアイデアと言う点から考えるとマイナスの事であると言えます。起業は自由な発想で行った事のほうが上手くいくケースが多いのです。

自由な発想をする為にはやはり縛られない自由な感覚を持つ事が大事です。起業のリスクは自由な発想からのアイデアで軽減出来る物です。是非とも上記の方法を試していいアイデアを浮かべるようにして下さい。ドライブや一人旅といった自分の環境を変える動作も必要です。日常生活の中から疑問を見出してそこからアイデアを出すと言う事も出来ます。要は囚われないと言う事がとても大事なのです。

 


まとめ


起業を目指す人へ!アイデアの出し方

・一人空間に浸ろう。
・時間に囚われずにボーっとしてみよう。
・結果を焦らずに後からついてくると思おう。
・一人で違う空間に出かけてみよう。
・身近の「あれ?」を大事にしよう。