バイトの人間関係が毎回悪くなってしまう人への7つの助言

バイトの人間関係が毎回悪くなってしまう人への7つの助言

バイト先が楽しいバイトになるかどうかは、業務の内容より人間関係だと言っても過言ではないぐらい大切なものです。ですが、そこは人間と人間の関係、上手く行く時もあれば、上手く行かない時もあります。ゆえに、バイト先の人間関係に悩んでおられる方はたくさんいらっしゃいます。

「どうしてもバイト先の人間関係が上手くいかない」「業務自体は楽しいのだけどな。先輩との関係が…」と言った相談は、実際よく耳にする話しですよね。そこで、今日はバイト先の人間関係に悩まれている方に向けてアドバイスをまとめました。ポイントを7つに絞っていますので、バイト先の人間関係に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。



 


バイトの人間関係が
毎回悪くなってしまう人への7つの助言

 

 


ハキハキと話そう


バイト先の人間関係が毎回悪くなってしまう方に向けて送る最初の助言は、「ハキハキと話すこと」です。「初めての職場だから」「新人だから」とオドオドした態度をとっていては周囲の人間もどのように接して良いのかわかりません。

もちろん、緊張もあるでしょう。初めてのことばかりで自信がないのもわかります。しかし、だからこそ会話ぐらいは出来る限りハキハキと話しましょう。

「お、元気が良いのが入ってきたな」とバイト仲間に思ってもらえれば、向こうから暖かく迎えてくれます。まずは、こちらの心を開くことを忘れないようにしましょう。

 


堂々と業務を行おう


次は堂々と業務を行うことです。これも、慣れていない業務に戸惑うこともわかります。ゆえに、自信が持てないのもわかります。しかし、だからといって自信なさげに業務にあたっては「できない奴」まっしぐらです。

少なくともそう言ったレッテルを張られることは間違いありません。人間、全く自信が無くてもと堂々としているだけで、「できる人間」に見えるものです。

バイト先は学校ではありませんからね。仕事ができる人間、できそうな人間には人が寄ってくるものです。逆にできない人間からは人は離れていきます。この点、意識して最初の業務にあたるようにしましょう。

 


感謝を伝えよう


3つ目は感謝を伝えることです。「ありがとうございます」と言われて、腹が立つ人間などいません。「どう致しまして」「気にしなくても良いよ」と感じるのが人間です。

バイト先の人間関係が毎回うまくいかない人間は、この感謝を伝えることを疎かにしがちです。やって貰ったこと、教えて貰ったことについては、しっかりと感謝を述べるようにしましょう。

 


失敗した時は謝罪しよう


4つ目は謝罪です。人間は失敗する生き物です。特に、新人ならばその失敗も多いでしょう。ゆえに、バイト仲間も失敗自体に腹を立てることは余りありません。

みんなが通ってくる道ですし、初めから上手くできるとは思っていないからですね。しかし、バイト先は仕事の場でもあります。やはり、明確な謝罪は必要になってくるでしょう。

バイト先の人間関係に躓く人間は、この謝罪ができない人も多いです。感謝と謝罪、これは人間関係を円滑にするための潤滑油です。とても、大切な要素ですので忘れないようにしましょう。

 


会話には積極的に入ろう


バイト先は仕事をする場所と言えど、終始業務にあたっているわけではありません。休憩時間もありますし、業務開始前と終了後など、バイト先の仲間たちと談笑する時間は十分あります。

バイト先の人間関係に悩んでいる方は、そういった場をもっと大切にしましょう。少しでも話しをすることで、コミュニケーションを図るようにするのですね。

バイト仲間たちの会話に積極的に入ることで、どんどんバイト仲間たちとの人間関係は改善されることでしょう。と言うより、より深いものになっていくことでしょう。

 


仕事仲間だと割り切ろう


バイト先の人間関係を改善する上で、押さえてほしいのが「バイト先の仲間=生涯の友」ではないことです。実際、仕事だけの関係と言う場合が多いです。

しかし、ここを勘違いして、必要以上に深い関係を築こうとして失敗する方が多いのですね。仕事仲間だと割り切れば、悩んでいた問題も一気に解決する場合が多いです。

表面的に繕うことを第一に考えれば良いわけですからね。つまり、「この人、合わないな~」と感じても深刻に考える必要はないと言うことです。

 


職場を変えよう


人間は千差万別、十人十色です。どんなに努力してもダメな場合はあるものです。上に挙げた例を実践しても改善が見られない場合、職場の変更を考えましょう。

日本経済の低迷が叫ばれていますが、まだまだバイト先はたくさんあります。つまり、探せばすぐに見つかると言うことです。正社員ならば、我慢も求められるでしょうが、バイトで必要以上に精神をすり減らす必要はありません。

ところ変われば上手く行くことはよくあることです。どうしてもうまくいかない場合は選択肢に入れると良いでしょう。

 

いかがでしたか。バイト先の人間関係が毎回上手く行かない場合の対策についてはご理解頂けましたでしょうか。想像以上に簡単だったでしょう。実際、バイト先の人間関係の改善に、スキルなど必要ありませんからね。

コミュニケーションスキルや対人スキルなど求められていません。物を売りにいく営業マンではありませんからね。少しの改善で簡単に人間関係を円滑にできるのが普通です。

本項であげた7つのポイントを持ってバイト先に向かえば、きっと望む結果を得ることができるでしょう。また、現在のバイト先で人間関係に悩んでいるならば、新たな職場で0から始めるのも一つの方法です。

現状を捏ねくり回すより、そちらの方が早く良い結果を得られる場合も多いです。現在のバイト先に拘る理由がないならば、バイト先を変えて、本項で触れた7つのポイントを実践されると良いでしょう。

 


まとめ


バイトの人間関係が毎回悪くなってしまう人への7つの助言

・ハキハキと話そう
・堂々と業務を行おう
・感謝を伝えよう
・失敗した時は謝罪しよう
・会話には積極的に入ろう
・笑顔で対応しよう
・仕事仲間だと割り切ろう