今すぐ暗示をかけて、脳をプラス思考に変えるコツ!

今すぐ暗示をかけて、脳をプラス思考に変えるコツ!
今日は、暗示をかけて脳をプラス思考に変えるコツをお伝えします。現代人は忙しい上に生活が夜型になってきているので、脳が疲れてマイナス思考になっている人が多いのです。そのためうつ病などの精神疾患に陥る絶対数が増えてしまっています。うつ病は重度になるとパニック障害などになり、場合によっては自殺などの行為に走る場合もある、危険な病気です。

そこで自分に暗示をかけて、脳をプラス思考に変える方法を伝授します。自己暗示を毎日続けることで、脳は次第に暗示にかかり、プラス思考へと転換するのです。「そんなうまい話があるか」と思われるかもしれませんが、これがとても効果的なのです。

有名なスポーツ選手や偉人たちも、自分の精神を自己暗示でコントロールして、自己を確立させているのです。自己暗示によって強靭な精神力を身に着け、「偉人」と呼ばれるまでに成長しているのです。あなたも今すぐ自分に暗示をかけて、脳をプラス思考に変えてください。



 

今すぐ暗示をかけて、
脳をプラス思考に変えるコツ!

 

「早寝早起きでプラス思考になる」


「早起きは3文の得」と昔からよく言われていますよね。早起きをすると夜も早く眠くなり、自然と早寝早起きの生活になります。人間も動物のように、太陽とともに生活することで、マイナス思考に陥らずにすむのです。

しかし現代人はついつい夜更かしを習慣にして、夜の時間にうだうだとマイナスなことを考える人が多いのです。夜はさっさと寝て、マイナス思考に陥る無駄な時間をなくしてください。そしてその分早起きをして、いつも夜にしていた作業を朝に回してください。

朝は驚くほどあたまがすっきりとして、物事への集中力も高く、おまけにプラス思考になる時間帯です。早寝早起きを毎日続ければ、人間は間違いなくプラス思考になれるのです。

 

「完璧な人はいない」


真面目な人は、何事も完ぺきにこなそうという目標を持ち、それが叶わずに「自分はダメな人間だ」とマイナス思考に陥ると言います。

しかし世の中に完璧な人などいません。「隣の芝生は青い」と言いますが、傍から見て「完璧に見える人」がいるだけなのです。みんなどこかで失敗をして、「失敗する自分」を受け入れているのです。そうでなくてはやっていけませんからね。

あなたも、完璧でなくてもいいんですよ。完璧にこなせずに焦った時は「完璧な人間などいない」と自己暗示をかけてください。そうすれば、失敗から多くを学ぶ豊かな人生を送ることができるでしょう。

 

「つまずいたっていいじゃないか、人間だもの」


相田みつおさんの言葉で、「つまずいたっていいじゃないか、人間だもの」とあります。有名なこの詩に助けられた人は数知れず。つまずいたっていいんです。私たちは人間なのだから。

人間はそもそも、つまずいたり失敗したりして当たり前の生き物だということです。機械じゃないのに、機械並みの性能を求めて自分を酷使する人もいますが、それは間違っています。つまずいたっていいんですよ、人間だから。

 

「大丈夫」と常に自分に言い聞かせる


何が起きてもどんな失敗をしても、「もう取り返しがつかずに人生破滅だ」ということはないはずです。生きている限り、やり直しはきくものですし、2度目はより上手に行えるはずです。

どんなときも、焦り落ち込む自分の心に「大丈夫」と言い聞かせてください。「大丈夫」と自己暗示をかける習慣をつけてください。それだけで、どんな苦難も本当に大丈夫になるのです。

 

才能が一つあれば充分である


「1芸に長けている」と言いますが、人は普通、それで充分なのです。何事もそつなくこなす方が「優秀だ」と取られがちですが、1芸さえあれば充分なのです。才能は一つで充分。

あなたはご自分のいいところを一つ、挙げられるでしょうか。「気が長い」「よく笑う」「計算が早い」「社交的である」と、何でもいいのでご自分の得意分野を常に一つ、心に決めてください。そして上手くいかない時、失敗してしまったときには「けれども私にも一つだけ誇れるものがあるんだ。」と自己暗示をかけてください。

苦手分野がたくさんあってもいいのです。たった一つ、誇れるものがあるのなら、自信をもって生きてください。

 

「私たちは毎日少しずつ成長している」


大人になり会社に勤めると、子どもの頃とは違い、競争もなく日々同じことをする毎日です。単調な毎日を送っていると、自分がもはや成長することもなく老いていくだけのむなしい存在に思えることがあります。

しかしそれは間違いです。私たちは毎日少しずつ良くなっているのです。毎日少しずつ、成長しているのですよ。単調な毎日であっても、日々の経験は確実に積み重ねられていて、歴史を作っているのです。社会の歯車の一つとして、必要な存在なのです。

自分は毎日少しずつ良くなっているんだとご自分に暗示をかけて、むなしいマイナス思考に陥らないようにしてください。

 

さて、自分自身に暗示をかけて、脳をプラス思考に変えるコツを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。私たちの毎日は、失敗や落ち込みや単調さなどの試練に満ちています。おまけに夜型で精神が不安定になってしまうと、誰でもマイナス思考に陥ってしまいます。

そんなときは上述したプラス思考になるための暗示をご自分に言い聞かせて、思考を上向きにしてください。また、今回はプラス思考になるための「暗示」を中心に紹介してきましたが、生活スタイルを見直すことでも精神は強靭にすることができます。

上にも紹介した早寝早起きを心がけ、運動を取り入れた生活を意識して送ってください。毎朝早起きしてジョギングでもすれば、いかなるマイナス思考にも打ち勝つことのできる健全で強靭な精神を作ることができますよ。

 

まとめ

今すぐ暗示をかけて、脳をプラス思考に変えるコツ!

・「完璧な人はいない」と暗示をかけて、失敗からの立ち直りを早くする
・「つまずいたっていいじゃないか、人間だもの」という言葉通り、人間はつまずくものであると自覚する
・何が起きても「大丈夫」と常に自分に言い聞かせる
・自分のいいところを一つ見つけて、誇りに思おう
・「私たちは毎日少しずつ成長している」と、単調な毎日であっても変化があることを自覚する