マイナス思考をプラスに変えて人生を楽しむ5つの技

マイナス思考をプラスに変えて人生を楽しむ5つの技
マイナス思考をプラス思考に変えたい!そう思うものの、もって生まれた性格はそう簡単には変わらない…と諦めてはいませんか。

もちろん、人間誰しも考え方の癖のようなものはありますが、だからといってマイナス思考の人は一生マイナス思考…ということはありません。そして、また逆にずっとプラス思考で居続けることができる人というのも存在しないもの。

何かが起きた場合、マイナス思考の受け止め方をするか、プラス思考の受け止め方をするか、それはスイッチをどちらに入れるかただそれだけ。そうイメージしてみると、プラス思考の考え方をすることは、そう難しくないような気がしませんか。

ここでは「マイナス思考をプラスに変えて人生を楽しむ5つの技」として、今日から簡単にはじめることができるテクニックをお伝えします。



 

マイナス思考をプラスに変えて
人生を楽しむ5つの技

 

100点満点ではなくてもOK!と考えましょう


マイナス思考の持ち主の人には、完璧主義者が多いもの。子どもの頃などには、最後まできちんとやりとげることが評価されることも多いですが、大人になれば、完璧主義は自分を追い詰めるだけ…ということも。100点かどうかを決めているのはあなた自身であり、周りの人から見れば、それは150点かもしれないし、50点かもしれないということを、一度考えてください。

決めたことを最後までやりとげたいという気持ちは大変立派なもの。しかし、様々な事情でその目標が達成できなくなったときに「やっぱり自分はだめだ」とマイナス思考になってしまうタイプの人は、まずはその最初の目標を100点から70点くらいに下げることをおすすめします。ハードルを下げておくことで、達成感も味わえ、よりよいリズムで次に進むことができることでしょう。

 

落ち込んだときは、身体を動かしましょう


マイナス思考の人は、運動など身体を動かすことを好まない傾向があります。落ち込んでいるとき「もう何もしたくない」「誰にも会いたくない」「家でこもっていたい」と思うことは、誰しもあるもの。

しかし、ひとりでとじこもっていても、マイナス思考から抜け出すのは難しいというのも事実。まずは、身支度を整え、用事がなくても外に出ましょう。映画を見たり、友達と会ったりすることで気分転換ができるはず。

また、友達に会っても落ち込むだけだ…という場合は、軽い運動でもOKです。ウォーキング、ジョギング、ヨガなど、内容は何でもかまいません。特に冬は、マイナス思考が生まれやすい時期。運動をして、身体をあたためることがプラス思考の第一歩です。

 

「相手がどう思うか」ではなく「自分がどう思うか」を考えましょう


マイナス思考の人は、相手の気持ちを考えてクヨクヨ悩んでしまう傾向があります。しかし「こう言ったら、相手はどう思うだろう」「○○さんは、何を考えているのだろう」という悩みは、永遠に解決しないもの。

他人が考えていることを、100%理解することは不可能だということをまずは受け入れることが大切。あなた自身も、考え方や感情が変化するように、他人も時と場合によって気持ちや考え方は変わるはず。

相手がどう思うか、を一番先に考えていては、その気持ちに振り回されてしまうだけ。マイナス思考をプラス思考に変えるためには、まず「自分がどう思うか」ということを考えましょう。自分の気持ちと向き合う癖をつけることで、何か問題が起きたときにも自分が決めたこと、自分が感じたことだからと覚悟が決まります。

 

事実と感情は切り離して考えましょう


願ったり、想像したり、夢を抱くことはとても大切なことです。しかし、マイナス思考をプラス思考に変えるというのは、自由に想像する癖をつけることではありません。マイナス思考の人は「こうなればいいな」と、自分の都合の良いように物事を考え、それが実現しないときに「やっぱりだめだった」「願いはやっぱり叶わないものだ」と解釈しがちです。

しかし、ここで大切なことはあなたの願望と、そして目の前にある事実を別物として考えること。事実や理論という部分を全く無視して、こうだったらいいのにということを言っていても、それは妄想にしか過ぎません。

 

遊ぶときは遊ぶ!休むときは休む!メリハリをつけましょう


マイナス思考の人は、プラス思考の人に比べ、だらだらと時間を過ごす傾向があります。これは、分単位でスケジュールを決めるという意味ではありません。今日は遊ぶ日と決めたら、めいっぱい遊ぶ。今日は仕事の日だと決めたら、精一杯仕事をする。という風に、自分で決めたことをその瞬間はやりきるということが大切。

そうすることで、達成感が生まれます。達成感という感情は「無駄に時間を過ごしてしまった」というマイナス感情の対極にあるもの。日々小さなことからでもかまいませんので、達成感を積み重ねることで、自然とマイナス思考が消え、プラス思考へと繋がっていくはずです

 

いかがでしたか。ここでは、マイナス思考をプラス思考に変える方法をお伝えしました。どれも、特別な道具を使うことなく、今すぐにはじめられることばかり。

もし、あなたが「自分のマイナス思考の癖を改善したい」と思うのであれば、一番簡単だと思うことからスタートしてください。ひとつ、意識するだけでもあなたの思考は変化していくはず。ただし、これらの技をマスターしたからといっていきなり、この日になればマイナス思考からプラス思考に一気に切り替わる!というようなことはありません。

でも、マイナス思考に陥りそうな出来事に遭遇したときも、きっとそのときのあなたなら、自分自身の力でプラスの方向に軌道修正できるはず。思考は日々変化するものですが、自分を上手くコントロールできるようになれば、より人生が楽しくなるはず。ぜひこの記事を参考に、マイナス思考をプラス思考へと変化させてください。

 

まとめ

マイナス思考をプラスに変えて人生を楽しむ技

・100点満点ではなくてもOK!と考えましょう
・落ち込んだときは、身体を動かしましょう
・「相手がどう思うか」ではなく「自分がどう思うか」を考えましょう
・事実と感情は切り離して考えましょう
・遊ぶときは遊ぶ!休むときは休む!メリハリをつけましょう