バツイチ男性の心理を知って上手にアプローチする方法

バツイチ男性の心理を知って上手にアプローチする方法

近頃では、三組に一組のカップルが離婚していると噂されます。バツイチ男性は、再婚を諦めてはいません。男性の狩りの本能は健在だからです。それを望むには高いハードルをクリアしなければなりません。

男性は言ってみればハンデを負っています。女性は、男性の弱みや性格などを知った上で、深いお付き合いをしていくことになります。そして、表面上は兎も角、先妻のことは忘れてはなりません。

男性心理としては、先妻とあなたのことを常に比較しているからです。さて、この項では、バツイチ男性の心理を知って上手にアプローチする方法を、皆さんとご一緒に見て参りましょう。



 


バツイチ男性の心理を知って
上手にアプローチする方法

 


何が望みなのかを知りましょう


婚活サークルで知り合い付き合い始めました。バツイチ男性とのお付き合いは、先妻の正確な性格を把握することがキーポイントです。そのために男性に直接聞くしか方法はありません。

あなたは、まず、そのことを男性に申し入れます。その結果次第によって、男性との今後が決します。詳細なことが分かってくれば、それによってあなたの採るべき手段も決まります。

先妻があなたの性格に酷似したら、男性は諦めます。全てに於いて正反対の性格なら、努力次第で対応していけます。男性心理では、あなたには自分の理解者であってほしいと、願っています。

 


聞き上手に徹していきましょう


離婚のショックは長引くものです。バツイチ男性はあなたとのデートを通して、その痛みも癒えてきました。離婚後は孤独な生活をしていました。誰彼なく話しかけたい衝動を持っていました。

そこに、彼の過去を知るあなたが登場しました。彼の心の負担を取り除いていけるように、聞き手に専念しようと決心しました。話を聞くのは難しいです。ただ、相槌を打つだけではいけません。

揺れ動く気持ちを見極めて、その思いを知って話を進めなければ、よい聞き手ではありません。男性の心理は、話を聞いてもらったことで、自分の思いは分かる筈だと言う、思い違いをするかもしれません。

 


離婚を共感していきましょう


素敵な男性を見つけました。同僚のコメントでは、数年前に協議離婚したバツイチです。「いい人なのに、何かよっぽどの理由があったのね」と言うことでした。あなたは、男性の評判は知っていました。

熟慮して決心しました。仕事上では普通にしています。しかし、彼の一挙一動を注意深く観察しました。やがて、会社のパーティで偶然視線が合って急接近しました。何気ない会話が続き離婚の話も出ました。

「大変でしたね」と言いました。男性心理では、あなたの優しさが嬉しくて笑みがこぼれていました。その場では、また会ってくれますか。という短いメッセージを受けました。数日後、男性から食事の誘いがありました。

 


胃袋を鷲づかみにしましょう


大学の先輩で大手の会社に勤めています。過日セミナーで偶然再会しました。先輩は変わってはいませんでした。食事をご馳走になり話に興じました。奥様は病死と言い、気丈に振る舞っていました。

後日、勤務先の会社に誕生日の花束が贈られてきました。先輩からのもので、メッセージが添えられていました。「お誕生日おめでとう。あなたの笑顔は宇宙一です。バツイチより」。咄嗟に悟りました。

先輩を一人の男性として強く意識しました。早速お礼の手紙を送り、お返しに手料理を振る舞う約束をしました。男性心理としては、気心の知れたわたしとなら、再婚してもよいと決心したのかもしれません。

 


安らげる環境を作っていきましょう


料理教室で出会いました。男性は離婚したばかりのバツイチの若い高校の教師で、初めて料理を作るのだそうです。何かと手助けを求めてきます。そこで、その都度お相手をしています。

そのうちにカフェーでコーヒーを飲む機会がありました。先妻は同期の教師で、幼馴染みと結婚したが、価値観の相違のために別れたと言っていました。わたしは会社勤めです。仕事は続けていくつもりです。

料理や自分でやりたい趣味ごとをマスターしようと計画しています。男性とは、よい関係が続けられればと思っています。男性心理としては、あなたは逞しい人でその手料理を食べてみたいと思っている筈です。

 


将来を見据えて語り合いましょう


ネットでのメールのやり取りからの関係です。男性はバツイチで、年齢や職業や、家族のことも話す正直な人のようです。容姿も気に入りました。性格なども分かるようになり、この間初デートしました。

男性との結婚はまだ決意していません。今はデートの度に、男性の普段の様子や将来の展望などを、聞いています。機が熟したら、わたしの望む家庭のことや男性にお手伝いして頂くことも相談してみます。

今はあまり焦って行動しないように、よい関係が続くことを願っています。男性の心理では、わたしとは上手くやっていけると確信しているようで、よその子どもを見るたびに目を細めているのが分かります。

 


焦らずに成り行きにまかせましょう


会社の上司の男性です。優秀な人です。男性の家庭では嫁と姑との仲が悪く、男性は解決策を提案したが、離婚に至ったとのことでした。同僚たちと男性宅を訪れた折には、話に聞いた姑も同席しました。

わたしは姑とはまるで親子のように打ち解けていました。男性宅にはその後、何度か訪問する機会が訪れました。姑とは相変わらずよく話をしました。わたしはバツイチ男性との結婚も意識しています。

しかし、焦るようなことはありません。何よりも男性からのプロポーズが必要だと思うからです。男性の心理では、姑と仲良くするわたしに関心が向いていて、すぐにでも意思表示してくるように思えます。

 

いかがでしたか。バツイチ男性は、結婚当初の女性像を見失っています。やがてそれも覚めて本来の姿に戻ります。男性との再婚を成功に導くためには、先妻との別れの原因を知ることが必須になります。

その男性の弱みを補っていくことです。そして、将来を見据えた経済的な自立を目指します。仕事は続けます。趣味を持ち精神的に強くなります。その結果、物理的にも精神的にも男性と対等になります。

そうすることで、お互いが支え合っていくよい関係が保てます。さて、バツイチ男性の心理を知って上手にアプローチする方法を、ご一緒に見て参りました。それらがあなたのお役に立つことを願っています。

 


まとめ


バツイチ男性の心理を知って上手にアプローチする方法

・何が望みなのかを知りましょう
・聞き上手に徹していきましょう
・離婚を共感していきましょう
・胃袋を鷲づかみにしましょう
・安らげる環境を作っていきましょう
・将来を見据えて語り合いましょう
・焦らずに成り行きにまかせましょう