心理カウンセリング料金が格安な時に気を付けたい7つの事

心理カウンセリング料金が格安な時に気を付けたい7つの事

自分では解決できそうにない、この苦しい気持ち、親しい友人に相談するのもためらう様な内容なら、プロのカウンセラーを利用するのも手です。

カウンセラーには守秘義務がありますから、あなたの悩みを誰にも漏らす事なく聞いてくれます。

カウンセリングの料金は、「初回無料」や行政が行っている「無料相談」「電話相談」から1時間数千円といった1:1の対面式のカウンセリングまで様々です。

あなたの悩みに合わせてカウンセラーを選ぶ事が一番大切ですが、心理カウンセリングには色々と裏事情があるようです。今回は、心理カウンセリング料金が格安な時に気を付けたい7つの事についてこっそりお知らせ致します。



 


心理カウンセリング料金が
格安な時に気を付けたい7つの事

 


カウンセラーの資格


実は日本では、心理士、心理カウンセラー、心理療法士といった心理職には国家資格が存在しません。唯一大学院で高度な専門養成課程を得て資格を取得できる「臨床心理士」や、医師免許が必要な「精神科医」の資格を持たなくても、民間の専門学校やスクールを受講すれば、誰でも「カウンセラー」を名乗る事が出来るのです。

勿論資格取得のための試験はありますし、認定証は貰えますが、あくまでもそれは民間資格にすぎません。

 


心理相談員


行政が行っている「無料相談」。そこに座っている心理相談員とは、厚生労働省認可の特別民間法人中央労働災害防止協会が主催する3日間の「心理相談専門研修(心理相談員養成研修)」を受講するだけでなれます。

学歴不問、経験不問です。格安のカウンセリングの場合、相手のカウンセラーも格安という事かもしれません。

3日間受講しただけで、相談相手に専門家としてアドバイス出来る人は少ないでしょう。愚痴を聞いて貰えてラッキー位に考えた方が良さそうです。

 


勧誘されやすい


心理カウンセラーとして、巧みに相手の弱い部分を聞き出す事は、ビジネスに考えたら凄いメリットになるはずです。「〜がいいのでは?」というアドバイス的な方法で、セミナーの紹介やサプリメントの紹介をされた事はありませんか?

相手からみたらあなたは何かを売りつけるには絶好のカモかも知れません。

全てがそうだとは言いませんが、格安の心理カウンセリングには、気をつけた方が良いでしょう。

 


解決できない


料金が格安のカウンセリンングの場合、1回でも多く来て欲しいのが実情でしょう。あなたが解決してしまったら商売になりません。

解決への手助けをする反面、あなたの気づかなかった不安要素を引き出して、さらに不安を煽る事は、ちょっとカウンセリングを勉強した人間にとっては朝飯前の行為です。どんな悩みも、解決するのはあなた自身です。

ある程度吐き出したら、解決出来るように自分で努力する必要があります。

 


カウンセラーの種類


日本にいくつカウンセラーの資格があるかご存知ですか?ざっとご紹介してみましょう。

*大学・大学院・公的機関等による資格:6種類
*学会認定の民間資格:21種類
*民間法人・団体認定の民間資格:85種類
*資格名と類似したもの・混同されやすいもの:7種類

これ以外でも、専門学校やカルチャースクールを受講しただけで貰えるカウンセラー資格は数えきれません。あなたが相談したカウンセラーが一体どこのどんな資格を持って開業しているのか、よく調べてみてはいかがでしょうか。

 


心理カウンセラーとクリニック


「クリニック」「カウンセリングセンター」という名称を聞くと、医師免許を持つ医師が相談に乗ってくれると思いがちです。

しかし、日本学術会議から指定を受けていない団体や、民間のスクール団体、または各発行団体と提携した資格スクールなどで、セミナーや通信教育・在宅教育などの資格講座を受けただけの人でも「クリニック」を開業する事が出来ます。

診療所、医院、病院には医師が管理者、または在中しなければなりませんが、「クリニック」という言葉はあいまいに使われる事が多いので注意が必要です。

 


カウンセリング料金


病院の心療内科といった病院ではなく、民間のカウンセラーのカウンセリング料金は、都内ならおよそ50分で8000~12000円前後、地方なら5000~8000円前後です。

ネットで格安、または割高な料金も見かけますが、平均するとこれ位が相場の様です。1回で済むとはかぎりませんから、継続して通う場合はある程度の出費は覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

いかがですか。心理カウンセラーに相談する場合、その人がスペシャリストな専門家か、数ヶ月勉強しただけのセミプロか判断が難しいかもしれません。

病院の心療内科なら、臨床心理士か精神科医のはずですから、まず安心できます。しかし、カウンセリングは相性が大切です。資格を持った先生でも、パソコンの画面ばかりにらんで話を聞いてくれない事もあるでしょう。

それなら民間の資格者でも、真剣にあなたの悩みと向き合ってくれる方の方が気持ちが救われる事もあるはずです。

カウンセリングを受ける時は、料金が格安、ちゃんとした資格を持っている、という以上に、自分の話を真摯に聞いてくれる、相性の良いカウンセラーを選ぶ事が大切です。

 


まとめ


心理カウンセリング料金が格安な時に気を付けたい7つの事

・カウンセラーの資格
・心理相談員
・勧誘されやすい
・解決できない
・カウンセラーの種類
・心理カウンセラーとクリニック
・カウンセリング料金