コーチングの資格を取る前に知っておくべきこと

コーチングの資格を取る前に知っておくべきこと
「コーチング」という資格があるのをご存知でしょうか。日本での普及はまだまだ…と思いきや、教育現場を中心に着実に広がりつつあるのです。「コーチング」という言葉になじみがなくとも、「コーチ」というと「指導者」のイメージがパッと湧きますよね。そしてコーチングとは「コーチをする」ことだと解釈する人が多いのです。

しかし「コーチング」とは「コーチをする」「子どもを指導する」という意味とは若干異なります。日本でのコーチングの資格の浸透とともに、コーチングの内容についての誤解を解いていく必要があります。

指導者となるべくコーチングに興味を持ったあなた。コーチングの資格を取る前に、下記をよく読んで、コーチングについての理解を深める助けにしてください。



 

コーチングの資格を取る前に
知っておくべきこと

 

「コーチング」とは人材開発の手段の一つである


コーチングとは、「コーチをする」「スポーツなどの指導をする」という意味ではありません。ではコーチングとは何なのか、資格を取る前にしっかりと認識してください。

コーチングとは、相手の話しや主義主張にしっかりと耳を傾け、相手の意見を承認し、それに対するこちらの意見を伝えることによって、相手の自発的な行動を促す行為を指します。

文章で書くとわかりにくいかもしれませんが、「スポーツの指導をする」ことと異なることはわかりますよね。コーチングとは、スポーツに関わらずにすべての行動に対して行える「心理カウンセリング」のようなものなのです。

 

コーチングと「コーチをすること」の違いとは?


「コーチング」という言葉が日本に入ってきたときに、和製英語と解釈して「コーチをする」と訳してしまう日本人が非常に多いと言います。

「コーチ」というと、日本では何かのスポーツの指導者を指しますよね。つまり「コーチングの資格を取る」というと、「何かのスポーツを教えるの?」と解釈されるのです。「コーチ」という和製英語が日本で普及しているせいで、このような誤解が起きるのです。

 

日本におけるコーチングの資格


日本ではコーチングの資格は「民間の資格」となります。国家認定の資格ではないのです。日本コーチ連盟という協会がコーチとしての資格を3段階、その手前のインストラクターとしての資格を2段階に設置して、検定試験により認定しています

受験方法や受験資格、受験内容については直接日本コーチ連盟に問い合わせるか、HPを参照するといいでしょう。

 

コーチングを悪用する人もいる


日本でもそうですが、アメリカでも「コーチング」を悪徳商法に利用する人がいました。コーチングは資格が必要なほど、慎重に行うべき行為です。人の自己啓発力を上げる行為は、簡単なことではないのです。過去のコーチングの悪用を経て、コーチングに関する法整備も見直さなければなりませんでした。

 

コーチングの資格を取る前に受講しなくてはならない


コーチングの資格を得るためには、受講しなくてはならない講座があります。日本コーチ連盟主催のコーチ技能養成講座です。コーチアカデミーという、日本コーチ連盟が運営している講座が、年に2期設けられています。本職と併用して学科に通えるよう、週末に開催されているため、コーチングの資格を取るべく講座受講する人は、仕事に差し支えなく通うことができます。

 

コーチングとは何かを学ぶ講座


上述したコーチング養成講座は、コーチングの資格を取ろうと考える人が受講する講座です。初心者コースであっても専門的な内容が盛り込まれています。それよりも前に、そもそもコーチングとは何かを知るための講座も存在します。日本コーチ連盟が認定した大学で公開されている講座です。

コーチングのスタート地点に立つために、まずは大学の公開講座を受講すべきです。明治大学など、日本では数少ない講座になりますが、多少通うのが大変でも受講する価値はあります。大学での公開講座であるため、受講費用はそれなりにかかりますが、コーチングの資格を取りたい人は積極的に受講してください。

 

他者の意思に真摯な思いで耳を傾けることが必要である


最初にも書きましたが、「コーチング」とは「コーチをすること」ではありません。人の話しに耳を傾け、相手の意思を承認し、それについての意見を伝えて、相手の中の自己啓発力を高めることを目的としたカウンセリング行為を「コーチング」と呼ぶのです。

心理学に近いコーチングを身に着けるためには、他者の言葉に真摯な気持ちで耳を傾け、他者の意見を尊重する思いやりが必要であることを、大前提として知っておいてください。

 

さて、コーチングの資格を取るにあたって、知っておくべきことを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。様々な資格と同様に、コーチングの資格を取るために踏まなければいけない段階がいくつもあります。

まず、「コーチングとは何か?」を知るために大学の公開講座に行くこと。コーチングとは何か。そして何のために必要な技能であるかを、ここでしっかりと知ることができます。そして次に日本コーチ連盟によるコーチング養成講座の初級コースに進んでください。

大学の講座もコーチング養成講座も費用は掛かりますが、バカ高いわけではありません。コーチングを目指して頑張るあなたであれば、未来への投資と割り切れる額です。

他者の自己啓発を促し、進むべき道を示すコーチングの存在は、多くの人の助けとなる素晴らしい職業です。より優秀なコーチング能力を持つマスターコーチを目指して、頑張ってください!

 

まとめ

コーチングの資格を取る前に知っておくべきこととは?

・「コーチング」とは人材開発の手段の一つである
・コーチングを「教えること」と解釈するのは間違いである
・日本におけるコーチングの資格は日本コーチ連盟のHPに詳細が載っている
・コーチングを悪用する人もいるため慎重にならなくてはならない
・コーチングの資格を取る前に、日本コーチ連盟運営の講座を受講しなくてはならない
・コーチングとは何かを学ぶ大学の公開講座がある
・他者の意思に真摯な思いで耳を傾けることがコーチングの必要スキルである