コミュニケーション能力を上げて、人生を楽しむ方法

コミュニケーション能力を上げて、人生を楽しむ方法
コミュニケーション能力が高い人は人生を楽しんでいるように見えますよね。いつも周囲に人が集まり、誰からも慕われて、人脈も広く、仕事もプライベートも充実しているというタイプの人が多い傾向にあります。

そのような誰からも好かれ、交友関係が広い人を見て「うらやましいな」「自分にはない能力だな」と思ったことがある人は多いのではないでしょうか。しかし、コミュニケーション能力は訓練次第で鍛えることができる能力なのです。

今の習慣をほんの少し意識的に変えるだけでコミュニケーション能力は上げることができます。難しいトレーニングは必要ありません。それでは、コミュニケーション能力を上げるために日頃から心がけるべき方法を6つお伝えします。



 

コミュニケーション能力を上げて、
人生を楽しむ方法

 

挨拶の仕方


会社に出勤した時には同僚や上司に挨拶しますが、声のトーンが低いという人はいませんか。せっかく挨拶をするのですから、笑顔でハキハキとあいさつをしましょう。

明るい挨拶をされて嫌な気分になる人はいません。「この人、朝から元気だな」と思われると同時に「明るい人」だという印象を周囲に持ってもらえるのです。このように周囲から思ってもらえることもコミュニケーション能力が上がることと同じことですし、自分自身も元気になれるのです。

 

アイコンタクト


人は、誰かと会話している時に全く目を見て話せない相手を見ると違和感を感じます。「この人、人の目を見て話せないんだな」と思われしまうのです。かといって、じーっと目を見続けられても人は威圧感を感じます。

そこで、人と目を合わせる時間は2秒以内が目安と考えましょう。適度な時間アイコンタクトをできる人は、人から信頼されやすいですし、好印象を持たれ、コミュニケーション能力が高いと思われるのです。

 

口角を上げる


コミュニケーション能力を上げるためには、自らに元気がないといけません。暗い雰囲気の人には、誰もが話しかけづらいですから、人から距離を置かれてしまいます。

元気が出ない時は、自分で元気がでないと思い込むことをやめましょう。口角を上げ、笑顔を作ることを意識するのです。人は例え意識的に作った笑顔でも、自分の口角が上がると気持ちも元気になります。口角が上がっている人は、話しかけやすいですから、自然と色んな人が集まってくるようになるのです。

 

「ありがとう」


コミュニケーション能力を上げたいと思っている人の中で、つい「すみません」と言ってしまう人はいませんか。誰かにドアを開けてもらった時や順番を譲ってもらった時などに「すみません」と言ってしまう人は「ありがとう」に変換しましょう。

「すみません」はお詫びの言葉です。このお詫びの言葉を無意識でも発してしまうことで、自然と気持ちは下向きになっていきます。一方、「ありがとう」という言葉は前向きです。言われた相手も気持ちがいいですし、言った自分の気持ちも上向きになるのです。

これを習慣づけることで、1日のうちに何度も「ありがとう」を口にするようになり、毎日をハッピーな気分で過ごすことができます。

 

聞き手になる


コミュニケーション能力を上げるためには、人と会話をする時に自分ばかりが話すのではなく、なるべく相手の話を聞く姿勢を持ちましょう。会話は言葉のキャッチボールであり、それがコミュニケーションです。

自分ばかりが一方的に話しているのはコミュニケーションとは言えません。相手の話を意識的に聞こうとするくらいが結果的にちょうどいいコミュニケーションになるのです。また、人は自分の話を聞いてくれる人に好印象を抱きます。このように周りから思ってもらうことも重要です。

 

相手の気持ちに立つ


何か行動を起こしたり、発言をする時に相手の立場になって物事を考える癖をつけると、コミュニケーション能力は自然と上がります。周囲に思いやりがある人だなと思われること自体がコミュニケーション能力が高い人と判断されることに直結します。

例えば、相手が失敗をして落ち込んでいる時に「自分がこの立場だったらどんな言葉をかけられたら救われるだろう?」と想像しましょう。表面的な言葉をかけるより、本当に気持ちがこもった言葉をかけられる方が人の心は動かされますし、自分自身の感受性も豊かになるのです。

 

如何でしたでしょうか。

コミュニケーション能力を上げるためには、特別なセミナーや講義を受ける必要はありません。むしろ、コミュニケーション能力は日頃の自分の癖や習慣、思考によって築きあげられるものですから、1日やそこらの短期間で劇的に向上させることはできないのです。

コミュニケーション能力を上げるためには、日頃の小さなことを一つ一つ前向きに、ポジティブに変換していく必要があります。前向きな言動を心がけることで、周囲からの印象は自然と良くなりますから人から慕われる人間になれます。人から慕われると、自分の自信にもなりますから、プラスのスパイラルになるのです。

今回解説したような、無意識のうちに自分がやってしまっていた言動を一つ一つ改善して、コミュニケーション能力を上げ、人生を楽しみましょう。

 

まとめ

コミュニケーション能力を上げるには

・笑顔でハキハキと挨拶をして人脈を広げよう
・2秒間のアイコンタクトで会話の相手に心地よさを与える
・口角を上げて笑顔を作れば気持ちも元気になる
・「すみません」を「ありがとう」に変換して前向きに
・人の話は興味を持って聞き手になれば新たな発見がある
・相手の立場になって考える癖をつけると感受性が豊かになる