カウンセラーの資格を取る前に知っておくべきこと

カウンセラーの資格を取る前に知っておくべきこと
今回は、ストレス社会に生きる人を助ける「カウンセラー」という資格に密着しました。現代人は多大なストレスに日々さらされていますよね。「ストレス社会」との呼び名がつくほどに、多くのストレスを抱え込まなくてはならないのです。

毎日の学校や職場から、家に帰って「ふぅ」っとため息をついた経験がある人も多いのではないでしょうか。カウンセラーは別名「心理士」とも言われ、心理学を学ぶことで人の心の負担を軽くする助けをするお仕事をする人の事です。

一昔前であれば、カウンセラーに相談に行くというと「精神病なの?」とつまはじきにされる恐れがありましたが、今は違います。欧米化も進み、心の病を未然に防ぐカウンセラーは社会に確実に浸透してきているのです。

そんなカウンセラーの資格を取ろうと考えている方のために、カウンセラーの資格を取る前に知っておくべき事をお伝えします。



 

カウンセラーの資格を取る前に
知っておくべきこと

 

カウンセラーの資格の種類


一般的に「カウンセラー」と言ってもどのような職種があるのでしょうか。一般に認知されている有名なカウンセラーの資格を挙げていきますね。

まずはカウンセラーの資格の中では一番難易度が高いとされる上級カウンセラーである「臨床心理士」学校単位で配属され、生徒の心のケアを旨とする「スクールカウンセラー」働く人の心のストレスを取り除く役割を持つ「企業カウンセラー」

スクールカウンセラーや企業カウンセラーを雇っている学校や企業はまだまだ少ないと言えますが、それでもここ数年で増えてきました。これらは上の臨床心理士、もしくは認証心理士の資格を有している人を中心に採用される職種です。

他にもカウンセラーの資格は民間でいくつか存在し、難易度もピンからキリまであるのです。

 

自分がなりたいのがどの資格かを調べる


「カウンセラーになりたい!」「人の心の負担を取り除く仕事に就きたい!」と願っていても、漠然としすぎていますよね。自分が「どんな立場の人の」「どんな悩み」を受け止めていきたいのか、力になりたいのかをしっかりと詰めて考えてみましょう

人はついつい「上位職」を目指す傾向にあります。しかし大変な苦労をして、本当に「臨床心理士」の資格が必要なのかをよく考えてみてください。臨床心理士になるためには、大学院までしっかりと出なくてはなりません。親にかかる負担も相当のものですよね。

一方で産業カウンセラーであれば、通信講座を受講すれば取得することのできる資格です。その分仕事探しの幅やお給料は下がるかもしれませんが、自分が望む仕事としては満たされているかもしれません。

自分がなりたい職種について、資格と合わせてしっかりと調べてから、進路を決めるといいでしょう。

 

カウンセラーの働く場所


カウンセラーの働く場所というと、想像するのは「精神病院」などでしょうか。病院の精神科にももちろんカウンセラーはいますが、他にも社会の様々な場所に心のケアをするカウンセラーは存在しますよ。

スクールカウンセラーは学校に、その他にも、適切な心のケアをするために、カウンセラーの資格を持った人が雇われるケースは多いのです。あなたの周りにも、カウンセラーの資格を持った人がいるかもしれませんね。

 

働く場所に合わせた資格を取ろう


自分がサラリーマンの時に、多大なストレスを抱えて相談する相手もいなく、体調を壊してしまった過去がある。だからどこかの企業で働く人の心のケアをしたい。と願う人などは、しっかりと自分の方向が定まっていますよね。

心理士の資格の多くは最低でも大学を卒業している必要があります。そうでない資格は産業カウンセラーだけなのです。そこで、カウンセラーになりたいと願う多くの人は大学の心理学科に行くことになるのですが、将来自分が何になりたいのかを明確にビジョンとして持つことで、狙う資格も定まってくるでしょう。

ノープランで大学に行くのではなく、自分がなりたい職種、働きたい場所をしっかりとイメージして、資格取得を目標とするのです。

 

カウンセラーとしての適性があるかを考えよう


そもそも、なぜカウンセラーになりたいのか。そして自分はカウンセラーに向いているのかどうかを、まずは考える必要があります。カウンセラーになると、次々と心の病を打ち明けてくれる患者さんと向き合っていくことになります。

普通の友だちであっても、心の悩みを打ち明けられると、心が連動して暗い気持ちになり、落ち込むこともありますよね。毎日仕事として、人の心の闇を受け止めることで、精神を病むカウンセラーもいるのです。聞き流す、あるいは仕事として淡白に受け止める心の強さが必要なのです。

自分がカウンセラーの資格を取るに足る人間かどうか、今一度しっかりと考えてみてくださいね。

 

さて、カウンセラーの資格を取る前に、知っておくべき事項についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

カウンセラーと言っても、漠然としたイメージの割には多くの分野にわたって活躍しているのですよね。医療分野から学校から一般企業まで、幅広く心のケアをするお仕事なのです。人の話をじっくりと聞き、受け止める。話を途中で端折ったり、嫌な顔をして聞くような人は向いていません。

なりたいという思いだけではなく、自分が本当に向いているかどうかも合わせて、しっかりと自分の進路を考えていけたらいいですね。ストレス社会に生きる我々にとって、カウンセラーはオアシスのような救いの存在でもあります。社会情勢が不安な現代、ますますカウンセラーの存在が大切になってくることでしょう。

 

まとめ

カウンセラーの資格を取る前に

・カウンセラーの資格の種類を知ろう
・自分がなりたい資格を決め、資格取得方法を知ろう
・カウンセラーの働く場所を知ろう
・働く場所に合わせた資格を取ろう
・カウンセラーとしての適性があるかを考えよう