ダメな自分を変えるなら、今すぐやめるべき習慣は?

ダメな自分を変えるなら、今すぐやめるべき習慣は?
「自分はなんてダメな人間なんだ…」と落ち込むことはあるでしょうか。自分を変えるために、今すぐにできることがありますよ。「ダメな人間」だと落ち込む前に、少しでも自分を改善する努力をするべきです。悩むよりもまずは行動あるのみ。

「ダメな人間」だと自覚し、自分を変える努力を続ければ、あなたはもうダメな人間どころか、努力の出来る立派な人間です。立派な人間になるためには、毎日どのような努力をするべきなのかを、これからお伝えします。

ダメな自分を変えるためにやるべきことは、「新しい何か」ではありません。今までしてきた「悪習慣をやめる」ことをまずやるべきなのです。10個の良いことをやるよりも、1個の悪いことをやめる方がよほど効果的なのです。以下の悪習慣を見直して、自分を変える第一歩を踏み出してください。



 

ダメな自分を変えるなら、
今すぐやめるべき習慣は?

 

ゲームをやめよう


最近は大人になっても、時間が空けばゲーム機をいじる人が増えています。DSなどのコンパクトゲーム機が増えたことや、スマホの普及が一因に上げられます。

電車などで時間が空いたらすかさずスマホのゲームで時間をつぶすという人はいるでしょうか。ゲームそのものは娯楽としてあってもいいと言えます。しかし、いい大人が、仕事が終わって家に帰ってテレビ画面に向かってコントローラーをピコピコやる姿はいただけません。

ゲームは何も生み出しません。文字通り、「時間をつぶす」ためだけの娯楽です。子どもならばゲームに興奮や楽しみを見出してもいいですが、大人になってからはもっと自分のスキルを上げるべく時間を使ってください。自分を変えるために、まずはゲームをして時間をどぶに捨てる行為をやめにしてください。

どうしてもゲームをやりたいのであれば、子どものように「1日1時間まで!」と決めてやるといいでしょう。

 

テレビを見ない日を作る


家に帰ってテレビをつけたら、寝るまでテレビの前で「ぼー」っとしているのではありませんか。ダメな自分を変える第一歩として、テレビをつける習慣を改善してください。

テレビは頭をからっぽにして、自分の意思で考える力をなくします。テレビもまた、娯楽として時間を決めてつけるべきです。そして時間が来たらスパッと消すべきです。「テレビを消したらやることがなくなった…」などという悲しい人生にならないためにも、自分の時間を自分の意思で作ることのできる自立した大人になりましょう。

自分を変えるきっかけとして、テレビを見ない時間を大切にしてください。

 

夜遅くまで起きないようにする


夜更かしは万病のもとです。心身ともに健康でいたければ、今すぐにでも夜更かしをやめるべきです。夜は余計なことを色々と考えて、暗い思考になる時間帯です。毎晩夜更かしをすることによって、どんどん人間が堕落して、這い上がる努力すらできなくなっていくのです。

時間を有効に前向きに使いたいのであれば、夜はなるべく早く寝るようにして、早起きをするといいのです。自分を変える大きな一歩として、夜更かしをやめてください。

 

なるべく自炊を心がけよう


自分を変える努力として、一人暮らしならば自炊をお勧めします。自分で食材を買い、調理するのです。初めての人には難問かもしれませんが、あなたが普段口にしている食事も、どこかの誰かが作ってくれたものです。

人は水と食事と空気からできているのです。その3つを、なるべく新鮮できれいなものを選べば、心身ともに健康的な生活を送ることができるのです。水と空気は住んでいる環境に左右されますが、食事は無添加で新鮮なものを作ることができますよね。

「料理したことないし」と甘えたことを言わずに、自分の食事くらい自分で作れる人間になってください。料理を作ることによって、「自分の最低限のことを自分でできている」という自覚を持つことができ、自分を「ダメ人間」だと卑下することもなくなるのです。

 

部屋を散らかさない


部屋の汚い人間は「ダメ人間」です。忙しさにかまけて部屋の掃除もしないまま、何年もごみ溜めに住み続けている人は反省してください。今すぐ部屋を掃除しましょう。

部屋の中は心の中を再現しています。部屋が汚い人間は、心の中も散らかっていてまとまりがないものです。逆に、部屋がすっきりと整理整頓されて片付いている人は、心の中も同様に理路整然としています。

 

運動不足は「ダメ人間」の元


長年の運動不足は、あなたを確実に「ダメ人間」に近づけます。社長や部長は貫禄のあるビール腹で「立派な人間」として反り返っていますが、それは一昔前の話しです。今の「勝ち組」は皆、ジムに通って筋トレをして、体を鍛えてゴルフやジョギングなどの運動を欠かしません。それが成功者への道だと知っているからです。

運動をすることによって、体も締まりますが心も引き締まります。運動を続けることは大変です。「今日はだるいな」とか「休もうかな」という気持ちを押し切って、運動を始めるまで気持ちを強く持たなければなりません。それを続けることによって、強靭な精神力を養うことができるのです。

運動を続けることで、確実に自分を変えることができるのです。自分を変えるために何をすべきか模索している人は、1日に30分のジョギングから始めてみてください。

 

さて、ダメな自分を変えるために今すぐやめるべき習慣を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ご自分のことを「このままじゃダメだ!」と危機感をもってかえる努力を模索するだけでもあなたは立派です。その心意気があれば、大抵のことをクリアできると信じています。まずは夜更かしをしてのゲームやテレビの悪癖をやめにしてください。これだけで、生活はずいぶんと改善されるはずです。

また、掃除や自炊をきちんとすることで、「家に帰ってもすることがない~」とだらけることもなくなります。男女問わず毎日の家事はこなすべきです。そして日々精進するためにも、運動不足をやめにすれば完璧です。

あなたという人間の魅力をより発揮するためにも、これらの悪癖をやめて、良い習慣へと変えてください。努力は必ず身を結びますから!

 

まとめ

ダメな自分を変えるなら、今すぐやめるべき習慣は?

・だらだらとスマホやテレビゲームをする時間をやめよう
・テレビをつけっぱなしにしないで、時間を決めてみよう
・夜更かしをやめて朝方人間になろう
・なるべく自炊を心がけよう
・汚い部屋をやめにして、整理整頓を心がけよう
・運動不足を解消しよう