職場の人間関係で孤立したときに考えてほしい7つの事

職場の人間関係で孤立したときに考えてほしい7つの事

職場でのコミュニケーションは大事です。多様な人たちが働いている職場では、情報が飛び交い人の思惑が入り乱れます。そこではお互いの意志の疎通は欠かせません。職場の人々は立派な大人です。

社会人のモラルやマナーを持ち合わせて仕事に励みます。また、信頼関係が構築されていて、仕事が最優先されます。しかし、時にはあなた自身の振る舞いが、人々との関係を居心地悪い状態にします。

職場の人たちは、あなたと距離を置きます。その結果、あなたは孤立感を味わうことになります。これ以降、職場の人間関係で孤立したときに考えてほしい7つの事を、皆さまとご一緒に見て参りましょう。



 


職場の人間関係で孤立したときに
考えてほしい7つの事

 


朝の挨拶は笑顔でしてみよう


朝の挨拶は、集団生活のエチケットです。職場の人間関係が気まずくても、挨拶はキチンと励行しましょう。職場に着いたら笑顔を浮かべて、「おはようぼざいます」と、相手の目を見て挨拶していきます。

挨拶すると相手もあなたを認識できます。挨拶には笑顔は不可欠です。ニッコリと微笑みます。声は明るく弾んでいる方が好印象を与えていきます。孤立している状況でも、挨拶だけは貫徹させてます。

そうすることで、あなたも義務を果たしたことになります。また、挨拶は一人に一回すればよいのです。これもサラリーの一部だと割り切って決行できる勇気を見せていけば、この状態からの脱出に繋がっていきます。

 


感謝の言葉は二度言ってみよう


人とのコミュニケーションは大切です。けれども孤立している状態では難しくなってきます。しかし、仕事の手伝いやコメントを頂戴したら、即その場で微笑みながら感謝の言葉を伝えていきましょう。

また、相手の人はあなたにしてあげた行為は忘れないものです。そこで、記憶が冷めない内に、「あの時は、ありがとうございました。助かりました」と、再度感謝の言葉を言うように心掛けましょう。

そう言う小さな積み重ねはあなたの評価を押し上げます。そして、感謝の言葉を述べる時には、相手の目をしっかりと捉えます。すると、その目の様子から、あなたへの関心の深さが伝わってくるものです。

 


冷静沈着な行動でやり過ごしてみよう


職場の人間関係で孤立しているときは、声高に話したり、人に注意を促したりすることは極力控えます。周囲の人たちはあなたに対して過敏になっています。その為に余計な刺激を与えないようにします。

また、人との会話で少し怪しげな話題のときでも、真っ向から誤りを指摘すると、あなたへの不信感も加わって、反感を受けてしまいます。そういう時には、話の腰を折らないように気を付けていきます。

相槌を打つたり、話の一部を繰り返す会話のテクニックを用いながら、最後までしっかりと話を聞いていきます。そうすることで、相手の人は最後まで自分の話を聞いてくれたことに、感激して好意を感じてくれます。

 


職場の飲み会には必ず出席してみよう


職場の飲み会は、ストレスを発散できます。そこではアルコールが人々の溜まった鬱積を吐き出させます。普段は見せないものを見せてもくれます。職場で孤立感を抱く人には、是非見て聞いてほしいものです。

飲み会に参加しないのは、ビックチャンスを捨てる行為です。職場に残ることを希望するのなら、勇気を振り絞って出席しましょう。飲み会は、参加者全員が一つの次元を共有できる場所なのです。

その場では、あなたも彼も彼女も上司も、あまり辛辣なことを言わないマナーを守れば、ちらっと本音を吐露しても許されるのです。あなたの存在を皆に知ってもらうためには、最高の舞台になります。

 


会話を通して心を伝えてみよう


話を最後まで聞くことは難儀なものです。職場の人間関係で孤立している人は、特に、人との会話を通じて、コミュニケーションを作ると言う強い決意を持ち実行します。会話は、話を聞くだけでは成立しません。

相手の人の言うことを理解して、それに同調する「頷き」や「会話の繰り返し」を織り込んでいきます。そうして、相手にあなたが話を聞いていることを、意志表示して伝えるようにしていきます。

会話するときは相手の目を見て話します。目を通して相手の意思を感じます。あなたも相手の人に見られています。会話を通して語り合うことで、相手の人と心が通じ合う関係になれるようにしていきます。

 


些細なよい行為を褒めてみよう


職場では人を褒める機会は滅多に訪れません。しかし、発想の転換をして職場内を眺めると、褒める材料は豊富に存在します。職場で孤立した人でもできる、以前には知らなかった褒め方を実行してみます。

「We メッセージ」という方法で、あなたの心に響いた行為を褒めます。心が少しでもよい方向に傾いだと感じたことにです。「この前あなたがしたことは、職場にとって素晴らしいことです。ありがとうございます」。

そういう小さな事実を褒める材料にしていきます。最初は相手の人は戸惑います。再三繰り返していくと、あなたの真意に同調してくれます。そうすることで、相手の人はあなたに対して好意を示してくれます。

 


プライベートでストレス発散してみよう


日常の生活では多様な人々との関わりがあります。仕事に関わる人たちやプライベートで接する人たちとの関係です。職場の人間関係で孤立しても、プライベートの人との関係は何ら問題なく保たれています。

職場では孤立感を深めて苦慮しています。また、それを改善しようと模索しています。しかし、当面は四面楚歌の状態が続きます。あなたが挫けそうになる心に受けるストレスは、プライベートの場で癒しましょう。

そこでの異業種間の異なる考えを持つ人々との交流は、あなたに新しい思考を伝授する可能性を秘めています。そして、何よりも仕事はきちんと仕上げましょう。そのことがあなたのプライドを守ってくれます。

 

いかがでしたか。職場の人間関係はよくしたいものです。けれども時には、孤立を感じる場面にも晒されます。しかし、その遠因はあなた自身にあるのかも知れません。そうなれば、あなた自身で解決していきます。

孤立感を払拭したいのなら、あなたの努力は不可欠です。職場のコミュニケーションは、朝の挨拶から始まります。快活な動き。明るい声や微笑みや目をしっかりと捉えることを忘れないことです。

そして、節度を保って物事に接していく心遣いが必要になります。さて、職場の人間関係で孤立したときに考えてほしい7つの事を、ご一緒に見て参りました。この項が、あなたのお役に立つことを願っています。

 


まとめ


職場の人間関係で孤立したときに考えてほしい7つの事

・朝の挨拶は笑顔でしてみよう
・感謝の言葉は二度言ってみよう
・冷静沈着な行動でやり過ごしてみよう
・職場の飲み会には必ず出席してみよう
・会話を通して心を伝えてみよう
・些細なよい行為を褒めてみよう
・プライベートでストレス発散してみよう