宅建を最短で取得するための7つの効果的な勉強法

宅建を最短で取得するための7つの効果的な勉強方法
宅建の試験を最短で取得できれば――。そう思っている方には有効なお話です。宅建を最短で取得するにはちょっとした勉強のコツがあります。宅建は「宅地建物取引主任者資格試験」の略称で、資格試験のなかでも、択一式、合格率15.3%と、受験生にとっては比較的受けやすい試験だといわれています。

また、その勉強法も大学受験のセンター試験や私立大学を受けた経験のある方には、その試験の内容に関する興味という点を除けば、着手しやすいものであるといえるでしょう。
むろん、初めは関心がない場合でも、勉強が進むにつれ、正答率や解答法など、知的興味が促進され、勉強が捗るといった可能性は十分にあります。

また、建築業界は収入の高い業界なので、経済面での動機が強い場合には、資格試験の勉強に励みやすいともいえます。

それでは、その効果的な勉強方法を7つの項目に亘ってお話しましょう。



 


宅建を最短で取得するための
7つの効果的な勉強法

 


宅建の勉強は、考え込まずにクリアな頭で知識を吸収すると効率的


そもそも、宅建は、宅地や建物の取引の仲介者になるための資格試験です。職務の遂行には、迅速・的確・正確に実態を把握し、事務処理する能力が要されます。

そのため、あまり、表現の工夫や効率的でない思索などは要求されません。こうしたことから、宅建を勉強するうえでは、考え込まずにクリアな頭で知識を吸収するのが最も効率が良いといえます。意識を一旦クリアにして、頭の中の雑念を払い、大きく深呼吸してから、勉強に臨みましょう。

 


テキストはなるべく解説の充実したものを選ぼう


宅建のテキストには、なるべく解説の充実したものを選ぶことが大切です。なぜなら、一回問題を解いて確認しても、次に類似の問題が出題されたとき、何故そのように解答するのかが理解できていなければ、学習した時間が無駄となってしまうためです。

また、宅建の問題には毎年、類似した内容のものが多く、その出題範囲も例年、頻出のものが大きくオーバーラップしているため、あまり心配せずに、頻出範囲を重点的に学習していけばよいということになります。そのためにも、解説の充実はテキストを選ぶうえで、重要なポイントとなります。

 


体系的な過去問から内容を把握すると手っ取り早い


宅建のテキストには「本論」と「過去問」の二つの系統がありますが、実を言えば「過去問」を重点的に学習するのが、最も効率が良いといえます。

「過去問」には、頻出問題が重点的に整理されており、項目ごとに勉強を進めることで、知識が体系化されやすく、学習が捗りやすいといえます。また、「本論」のテキストも、ある程度、知識が整備されてから学習する方が、理解しやすいといえるでしょう。

 


毎日、分量を決めて勉強――繰り返しテキストを復習し、徐々に一回の勉強の速度と分量を増やしていこう


勉強法の追加事項としては、出来るだけ記憶の新鮮なうちに、あまり間を空けずに勉強する習慣をつけることです。

最初は新しい内容に時間がかかるかもしれませんが、同じテキストを繰り返し復讐することで記憶が定着し、勉強の分量の増加や時間のスピードアップを図ることができるでしょう。自分のオリジナル・テキストを作成するぐらいの気持ちで、楽しみながら勉強しましょう。

 


択一式の問題なので、キーワードを大切に


宅建の問題は「択一式」なので、問題文の正確な理解とキーワードの認識が非常に大切です。とりわけ、問題文にあるキーワードによって、論点内容や出題の意図がある程度、決まっているというケースが多いため、そういった点に注意しながら学習を進めるとよいでしょう。

また、宅建法の改正に関する情報には、常に注意を払っていく必要があります。本試験では、頻出問題が大きなウェイトを占めますが、それ以外の新規の内容として、ほんの数問ですが、改正法の内容に関する問題が出題されます。

これらは、受験生が未だ過去問で攻略したことのない、予想問題としてしか取り扱われていないものであることから、点数の獲得が非常に難しく、合否を分ける要因となり得るのです。宅建の受験生のための月刊誌などに、「改正法の攻略法」などと、タイムリーな内容の記事が掲載されていたりしますので、確認しておくとよいでしょう。

 


マーカーを上手に活用しよう


マーカーは、いかなる勉強にとっても非常に有効です。マーカーを何色か用意し、使い分けるのもよいでしょう。たとえば、初回のテキストの学習のときには「~色のマーカー」を使い、その次には「~色のマーカー」といった具合に、少しずつ勉強の軌跡をテキストに残していくという方法があります。

それにより、自分の苦手な項目が明確になるだけでなく、確認するにも一目瞭然かつ容易になるでしょう。

 


過去問10年分を目標に勉強するとよい


「過去問」はできれば10年分を勉強するのが理想的です。

しかし、改正法のチェックも必要ですから、時間が足りない場合には、「改正法」に関する問題を「過去問」に優先させるべきだといえるでしょう。

受験業界に聞くところでは、だいたいの目安として、過去10年分を勉強すれば十分であるとされているようです。いずれにしても、繰り返しによる知識の定着が大切なことはいうまでもありません。

 

さて、以上、7つの項目に亘り、「宅建を最短で取得するための効果的な勉強方法」についてお話しました。

この点、世間には実に様々な資格試験がありますが、取得後は、当然のことながら、その業界に就業するわけですから、人生設計や自己実現も十分に考慮し、自分に合う資格を選ぶことが大切であるといえるでしょう。

偶然、その資格に受かったから、一生その仕事で生きていくというのも、「運」や「ご縁」という観点からは理に適っているかもしれませんが、自分の人生を自分で選ぶという意味では、多少、成り行き任せ的な感がしないでもありません。

受験の是非はともかく、いずれの資格を得るにしても、自分の人生を創造するというぐらいの気概をもって、資格試験に挑みましょう。

 


まとめ


宅建を最短で取得するための7つの効果的な勉強法

・宅建の勉強は、考え込まずにクリアな頭で知識を吸収すると効率的
・テキストはなるべく解説の充実したものを選ぼう
・体系的な過去問から内容を把握すると手っ取り早い
・毎日、分量を決めて勉強――繰り返しテキストを復習し、徐々に一回の勉強の速度と分量を増やしていこう
・択一式の問題なので、キーワードを大切に
・マーカーを上手に活用しよう
・過去問10年分を目標に勉強するとよい