【toeic勉強法】リーディングの点数をアップさせる6つの方法

【toeic勉強法】リーディングの点数をアップさせる6つの方法
今日はtoeic勉強法についてお伝えします。toeicとは、日本語で「トーイック」「トイック」と呼ばれ、親しまれている英語の習熟度を計るための試験です。就職の際にtoeicの点数を参考にする会社も多く、toeicを就職活動のために受ける受講生も多いのです。

Toeicは、「英語を母国語としていない人の英語力を知るための試験」です。ネイティブのような発音や会話を求める人は、toeicの点数アップのための勉強をすることで、英会話力も自然と身に付きます。

しかし人気の資格試験としてtoeicの問題も年々難しくなり、ひっかけ問題も増えています。そこでtoeicのための勉強で、気を付けた方がよい事柄を以下に紹介していきます。

これからtoeicを受けるという方は、以下の攻略法を一読して、勉強に励んでください。勉強法を工夫すれば、点数アップも夢ではありませんよ!では、リーディングの点数をアップさせるtoeic勉強法を解説します。



 

【toeic勉強法】
リーディングの点数をアップさせる6つの方法

 

写真や絵をよく見る


toeicの問題には、写真や絵がいくつか出てきます。文章一色の問題ではないのです。「就職のためにどうしても、toeicでいい点数を取りたい!けれども自分の英語力はまだまだ未熟だ…。」という方は、とりあえず点数をアップさせるために今の英語力レベルの中でできることをやっていくしかありません。

問題のヒントは絵や写真の中にもちりばめられています。逆に、絵に描かれていない語彙の含まれている答えは「間違い」である可能性も高いのです。選択問題は「正解の可能性の低い回答を消去していく」消去法の考えで挑むのも手なのです。

 

問題文をよく読む


当然と言えば当然なのですが、テストの緊張で舞い上がって初歩の初歩を忘れている受講生のために言っておきます。Toeicの点数を上げるために一番大切なことは「問題文をよく読む」ことです。どんなに勉強しても、試験の問題文をよく読まなければいい点数を取れるはずがありません。「当たり前だろ!」と思われるかもしれませんが、問題文をよく読み込まずに問題を解く人もとても多いのです。

問題文の中に「答え」は必ず存在します。わからない単語があっても前後の文章から答えを想像することもできます。問題の英文になれるためにも、英文を読む勉強を普段からよくしておくといいでしょう。

 

解答文をよく見る


Toeicは選択問題が多くあります。英語力が未熟で、答えの想像もつかなくてパニクってしまう時は、解答の選択文章をよく読みましょう。解答文は短くてわかりやすい場合が多く、知っている単語も多いからです。

勉強するときも、問題文と解答文の関連性や傾向を気にしながら解いていくと、解答の傾向もなんとなく身に付きます。問題の傾向は試験によって異なりますが、toeicにもtoeicだけの問題の傾向が必ず存在します。

 

選択問題の解答傾向を事前に調べておく


Toeicは人気の資格試験として親しまれています。そのため、toeic対策の過去問題集などの関連本は、本屋に高く積み上げられています。いざtoeicのための勉強をしようと本屋に行っても、どの問題集を買えばいいのか決められないほどに、toeic勉強のための書籍は多く存在します。

試験までにあまり時間のない人は、思い切って「toeicの選択問題の解答傾向」にスポットを当てている本を選びましょう。Toeicの中の選択問題だけでも正解率を上げるためです。

 

toeicには多くのひっかけ問題が存在することを頭に入れておく


毎年多くの受験生がtoeicを受けます。テスト問題を作る側としては、多くの受験生を「ふるい分け」する義務があります。そこで、toeicの問題の中に「ひっかけ問題」をひそませてくるのです。このひっかけ問題が曲者で、せっかく真面目に勉強してきても、純粋な心の持ち主は簡単にひっかけられて間違えてしまいます。

「toeicの問題にはひっかけ問題も多く存在する」ということを頭に入れたうえで勉強することで、些末なひっかけ問題にひっかからずに、試験を受けることができるのです。

 

過去問題を繰り返し行う


「英語力は自信ないけどtoeicでいい点数をとりたい!」という欲張りなあなた。結局は、どんな物事にも「近道」など存在しません。点数アップのためには「勉強あるのみ」です。ひたすらtoeicの過去問題を解く勉強法が、一番の「近道」と言えます。

楽をして高得点を狙うよりは、確実に英語のリーディング力が身に付く勉強法で、正道で高得点を取る方が快感にきまっています。勉強時間を削らずに、試験前に集中してtoeic過去問題集を多く勉強することで、確実に点数はアップするでしょう。

 

さて、日本において英語力を検定する試験として有名なtoeicの点数アップのための勉強法や考えを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

単純に点数だけアップさせるのではなく、ここはやはり自分の英語力そのものを底上げする方法を中心に紹介してきました。

日本の母国語は「日本語」ですから、英語を難しく感じることは当然です。しかし難しい英語であっても、長く触れることで必ず確実に身になるのです。勉強する時間や手間を惜しまずに、長い時間をかけて英語にどっぷりと浸かることが、結局は一番のtoeicの点数アップにつながる勉強方法なのです。

仕事で英語を使う職場へ就職するためにも、英語に長く触れることが第一歩の「仕事」だと心得て勉強に励みましょう。

 

まとめ

toeicの点数をアップさせる6つの方法とは?

・写真や絵をよく見てヒントをさがす
・問題文をよく読む
・解答文をよく見る
・選択問題の解答傾向を紹介した本を熟読しよう
・toeicには多くのひっかけ問題が存在することを警戒して試験を受ける
・過去問題を繰り返し行う