集中力を高める方法で、上手にオン・オフを切り替えよう

集中力を高める方法で、上手にオン・オフを切り替えよう

皆さん仕事や勉強ははかどっていますか?仕事や勉強で多くの人が集中力を高めて効率をアップしたいと言う悩みを持っています。ではいったいどうすればいいのでしょうか?

それには上手にオン、オフを切り替えることが必要です。皆さんはオンの時間とオフの時間上手く使い分けていますか?

何か実践していますか?上手に集中力を高めていますか?無駄に長く時間を過ごしていませんか?

今回はそんな人の悩みに関する事を解決します。集中力を高める方法から上手なオン、オフの切り替え方まで幅広く取り扱っていきます。集中力を高めて効率よく仕事や勉強を行いましょう。



 


集中力を高める方法で、
上手にオン・オフを切り替えよう

 


朝を活用してみよう。


私も朝は非常に大事にしています。皆さんはどう過ごされていますか?布団の中で「あと5分、あと5分」なんてギリギリまで寝ていたりしませんか?

あるいは朝は起きずに昼起きるなんて事やっていたりしませんか?こういったことはやめましょう。朝は集中力を高めるのに非常に重要な時間です。

朝はパッと目を覚ましてカーテンを開け日の光を浴びることが上手なオンの時間を作ることになります。ポイントは目覚まし時計に起こされないようにすることです。

でも出来ない人はベットに日の光が入るように工夫してみましょう。目覚まし時計でなく日の光で起きることによりいい効果が得られます。

 


座禅をくんでみよう。


これはある受験生からもらった情報です。皆さんは座禅をくんだことありますか?正確でなくても瞑想して集中力を高めたことありますか?

一日5分実践してみてください。座禅がくめない方はあぐらでもいいです。座禅をくんで瞑想することによって気の流れを整えることができ、集中力を高めることが出来ます。

これは健康的にもいいことで、座禅をくんで瞑想しているオフの状態を作りだし、座禅を解いた状態からオンにすることが出来ます。

結果オン、オフの切り替えを行う事が出来ます。多くの寺でも実践している方法です。

 


集中力が持続する時間を理解しよう。


皆さんは一つの事に取り組む時どのくらいの時間集中力が持ちますか?または他の作業をするときにどのくらいの時間効率良く作業していられますか?ここら辺も理解しておきましょう。

人間の集中力が高い状態を保っていられるのは人にもよりますがだいたい50分とされています。学校の授業なんかはそれを取り入れていますよね?50分授業したら10分休み時間をとってます。

これを頭に入れておきましょう。ですから時間管理を自分ですることです。特に同一の作業や仕事を行っている時なんかは是非取り入れてください。

 


軽い運動してみよう。


休憩時間皆さんは何をしていますか?「ボー」っとしていると答えられている方もいるのではないでしょうか?確かに「ボー」っとすることはいいかも知れませんがもっと効果的な方法があります。

それは軽い運動です。人間同じ姿勢でいると血流がなくなってきます。結果凝ったりだるくなったりします。

全身の血流を回復させる軽い運動をしましょう。全身も血流を回復させるのに効果的なのはふくらはぎを動かすことです。ふくらはぎは別名「第二の心臓」とも呼ばれている箇所です。

ここを効果的に動かす運動をしましょう。具体的には四つん這いになって片足をもう一方を足に乗せる運動、もう1つは背伸びをしてふくらはぎを伸ばす運動などが効果あります。

 


場所も工夫してみよう。


人間同一の場所にいるとだんだん集中力が薄れていきます。皆さんは集中できる場所を持っていますか?またはリラックス出来る場所をもっていますか?

それは非常に大事なことです。仕事の場合はしょうがないですが勉強などは図書館を利用するなどするといいでしょう。また仕事でもデスクに工夫することが出来ます。

例えば自己啓発の文言が書かれている紙を見える場所に張っておくことなどが出来ます。ふと集中力がとぎれそうな時にその言葉を見てまた活力アップするようなやり方です。また最近ではエクササイズにもなると言うバランスボールに座り仕事をする光景なども見られます。

 


趣味を持ってみよう。


集中力を高める為に大事なのは「オフをとうやって過ごすか?」にあります。皆さんは夢中になって集中できる趣味を持っていますか?それはとても大事なことなのです。

一週間の疲れなどを一瞬にして吹き飛ばすそんな趣味を持つことです。なんでもいいです。例えばいい例はサーフィンなんかどうでしょうか?

波と風に当たることで心まで癒してくれます。またサイクリングなんかはいかがでしょうか?風に向かって颯爽と走れば日頃の悪い事も吹き飛ばしてくれます。

家にいるのが好きな方は一人カラオケなどはいかがでしょうか?声を出す事でリラックス効果が得られます。このような趣味を持ち、休みの日を有効活用してください。

 


規則正しい生活をしてみよう。


オンとオフの切り替えは人間が生きていく上でとても重要なことです。上手な切り替えは集中力を高めることに繋がります。その基本となるのが自律神経を正常に動かすことです。

規則正しい生活をおくることでこの乱れは少なくなります。逆に乱れてしまうと病気を併発したりします。上手な規則正しい生活をおくるためには重要な決まりがあります。

大事にしてほしい時間です。それは睡眠時間と入浴時間です。何故かと言うとこの2つの時間はリラックスに関わってくるからです。

詳しくは説明しませんが2つの時間以外は基本人間はオンの状態だからです。休日は除き日常この2つの時間を大切に規則正しい生活をすることです。

 

いかがでしょうか。集中力を高めて物事に挑む事はミスの防止などにも繋がります。また集中力を高めて効率良く物事に挑むことによってオフの時間も作ることが出来ます。

その結果さらにオンの時間の集中力が高まり効率良くなります。こういった生活のサイクルを作ることが大事ではないでしょうか。当然受け身の仕事や家事などそう言ってもいられない状態も多くあります。

しかし集中力を高める方法を実践することでそれが少しでも余裕が出来るのなら素晴らしいことです。どうかご理解いただき出来ることから始めてください。皆さんの生活の向上に繋がれば幸いです。

 


まとめ


集中力を高める方法で、上手にオン・オフを切り替えよう

・朝を活用してみよう。
・座禅をくんでみよう。
・集中力が持続する時間を理解しよう。
・軽い運動してみよう。
・場所も工夫してみよう。
・趣味を持ってみよう。
・規則正しい生活をしてみよう。