勉強法を見直して、嫌いな科目をなくす7つの裏ワザ!

勉強法を見直して、嫌いな科目をなくす7つの裏ワザ!
勉強法には様々なやり方があります。一般的には有名な予備校や塾に通ったり、実績のある通信教育を受講したり、費用がかかるものが多いです。費用を最小限に抑えても独学でできる勉強法もありますが、嫌いな科目となると、自ら進んで勉強して克服をするのは難しいと思う人が多いのではないでしょうか。

しかし、例え嫌いな科目であっても、自分一人の努力で克服し、むしろ得意科目にすることは十分に可能なことです。嫌いな科目には嫌いになる理由があるはずです。難しいとか、わかりづらいなど、その大半は苦手意識をもってしまうことが原因になっています。

そこで、嫌いな科目をなくすための方法をお伝えします。重要なのは、張り切りすぎて無理をしないことなのです。では、無理しないでできる7つの裏ワザを見ていきましょう。



 

勉強法を見直して、
嫌いな科目をなくす7つの裏ワザ!

 

毎日触れる


母親が作る料理が一番好きだとか、よく耳にする音楽を知らぬうちに好きになっていたという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。このように人は見慣れたものや毎日関わるものに愛着を持つ傾向があります。

そこで、嫌いな科目を好きになるために、毎日少しずつでもいいので教科書や参考書を開いて目を通すようにしましょう。みっちり勉強せずとも、毎日触れているうちにだんだん親近感を覚えていくという最も簡単な勉強法です。

 

参考書選び


嫌いな科目の勉強法を検討する時に、まず本屋さんに言って一番有名な参考書を選んだり、難易度が高い参考書を選んでしまう人はいませんか。嫌いな科目であればあるほど、参考書のレベルは見栄をはらずに入門レベルの易しいものを買いましょう

難しい参考書や自分が読みにくいと感じる参考書で勉強をすると、さらに嫌いな感情がが生まれてきてしまうためです。

 

勉強の計画


自分に合う参考書や問題集を用意したら、いよいよ勉強を始めましょう。ここで嫌いな科目ならではの勉強法として大切なポイントがあります。それは、無理のない計画を立てることです。

これだけでいいのかと思える程、余裕を持った計画を立てましょう。嫌いな科目の勉強は、最初は苦痛を伴うものです。何時間もしなければいけないとなると、途中で挫折する可能性がありますから、無理のない計画を立てることが継続させるコツなのです。

 

問題を繰り返し解く


嫌いな科目の勉強法として最もやってはいけないのが、難問ばかりに挑戦して、自力で解けていないのに答え合わせをした後、二度と同じ問題を解かないということです。

難問でも易しい問題でも構いませんが、一度間違えた問題は繰り返し解きましょう。繰り返し解くことによって、最初は解けなかった問題さえも、簡単に思えてきます。自信をつけることによって、嫌いという感情が好きという感情に変わるのです。

 

丸暗記はしない


嫌いな科目の勉強法では、丸暗記はオススメできません。元々嫌いな感情を抱いている科目を丸暗記するということは精神的に苦痛ですし、マイナスの感情を持っているため、忘れてしまう可能性が高いのです。

そこで、公式や用語は丸暗記ではなく、その背景まで調べて学ぶ勉強法にしましょう。数学が嫌いな場合は、公式の導き方を理解したり、地歴公民であれば、用語の背景まで調べましょう。ストーリー性を持たせることによって、勉強が楽しくなるのです。

 

映画や本で学ぶ


嫌いな科目を参考書や教科書を使って勉強すること自体が苦痛だという人は、まず、嫌いな科目に関連する映画やマンガ、本を見ましょう。歴史であれば、映画や本がわかりやすいですし、科学や物理であれば、カラーの科学雑誌やマンガでも構いません。

自分がとっつきやすいと思えるものからまずははじめて見るという勉強法なら、徐々に嫌いな感情をなくしていくことができます。

 

同じ問題集を愛用する


問題集をたくさん使って勉強をすれば、あらゆる問題に対応できるかもしれません。しかし、嫌いな科目の勉強法では、同じ問題集を3回以上は解くことをおすすめします。

嫌いな問題集の場合、間違えて解答を見てわかった気になってしまいがちです。しかし、自力で問題を解くまでは本当に理解したことになりません。複数の問題集を中途半端にやるより、繰り返し1つの問題集を完璧にこなすことを目指しましょう。

 

如何でしたでしょうか。

嫌いな科目の勉強法というと、嫌いなものを好きにしなくてはいけないため、特殊な方法や過酷な勉強法を実践しなくてはいけないのではないか、と思っていた人が多いかもしれませんが、今回解説した勉強法を見て頂ければ分かる通り、嫌いな科目ほど、無理のない勉強法で取り組むことが大切です。

いくらやる気を出して、嫌いな科目を克服しようと勉強を始めても、3日坊主で終わってしまっては意味がありませんし、嫌いな科目の勉強を挫折してしまったという出来事は、嫌いな感情をさらに増幅させてしまいかねません。

得意科目とは一線を引き、背伸びをせず、無理をしないという事をモットーに嫌いな科目の勉強を少しずつしていきましょう。周りからどう思われるかではなく、少しずつでも着実に勉強をこなすことで最後には自分が得をするのです。

 

まとめ

必見!無理をしない勉強法で嫌いな科目を克服する方法とは

・少しづつでもいいので毎日参考書に目を通すようにする
・参考書選びは見栄をはらずに入門レベルを買う
・参考書や問題集は無理のない計画を立ててコツコツこなす
・難易度が易しい問題を繰り返し解いて自信をつける
・公式や用語は丸暗記ではなく背景まで調べてみる
・嫌いな科目に関連する映画や書籍があれば見てみる
・問題集は同じものを3回以上解くまで新しいものを買わない