自己啓発をして仕事で結果を出せる人になる方法

自己啓発をして仕事で結果を出せる人になる方法
自己啓発をやっている人なんて周りにあまりいないから自分も大丈夫だと思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、人は自己啓発をしているなんてことはあまり他人に言わないものです。もしかしたら、自分だけ怠けていて、周囲に差をつけられているかもしれません。

自己啓発は、自分自身を成長させ、仕事で結果をだすためにするものです。しかし、むやみやたらに取り組んでも仕事で結果につなげることはできません。自己啓発で身につけた知識やスキルを仕事で発揮するためにはしっかりと計画を立てて継続することが重要です。

そこで、これから自己啓発をしたいと考えている人に、無駄にせずにしっかりと仕事で結果を出せる人になるための方法を7つのポイントに分けて解説します。



 

自己啓発をして
仕事で結果を出せる人になる方法

 

視野を広げる


自己啓発をしたいと考えたら、具体的に何をするのかを決めるために目標を設定します。しかし、目標設定をする前に様々な人と交流を持って視野を広げておきましょう。同じ業種や同僚など近い人ばかりのでなく、異業種や様々な年代の人と会話をすることで自分がこれまで知らなかった世界を発見できる可能性があります。

自分がこれまで生きてきた中で知った世界は狭いものです。目標を設定したあとで他に進みたい道を見つけて方向転換せざるをえなくなってしまう、という事がないように日頃から外に出て人と触れ合っておきましょう。

 

目標設定をする


様々な人と交流して自分が進みたい道や方向性が定まったら、理想の自分の姿を頭の中で思い描きましょう。理想の姿を思い描き、それを言語化します。そして、その姿に近づくためには何が必要なのかを具体的に書きだしましょう。

そうすることで、今の自分に足りない分野や項目が何なのかが明白になり、自己啓発で何に取り組むべきかがわかるのです。

 

読書をする


目標が定まったら自己啓発をいよいよ開始するのですが、仕事や家事が忙しく、毎週決まった時間に習い事に通うことが難しいという人は多くいます。そんな人は、まず読書から始めましょう

自己啓発のための読書というと、ハウツー本や自己啓発を謳った本ばかりを読まなくてはいけないと思われがちですが、そんなことはありません。文学、経済、科学、宗教、思想など様々な本を読むことは、自分の知識を深める上で欠かせません。自己啓発したい専門分野を中心に、それ意外の幅広い分野の本も読みましょう。

 

セミナーや交流会に参加する


自己啓発は読書や専門学校など、外から情報を吸収する方法もありますが、自ら外にでてセミナーや交流会に参加することも重要です。気になる分野のセミナーがあれば、積極的に参加して知識と人脈を広げましょう。

同じ分野に興味をもつ意識の高い人と会話をして交流を持つことは、自分を高める上でとても効果的です。とくに人脈は仕事で結果をだすに当たって後々役立つことがありますから、交流の場では積極的に名刺交換をしましょう。

 

専門学校に通う


平日の夜に時間を確保できる人は、専門学校やスクールに通うことで自己啓発のスピードは加速します。読書や専門書で知識を得ることもできますが、専門学校やスクールで授業を受けることで、より深い知識を得ることができます。

また、同じ分野に興味を持つ仲間と一緒に時間を過ごし、勉強をすることで成長力も高まり、仕事に活かせる時期が早まります。

 

交友関係を見直す


自己啓発を始めても長続きしないという人は多くいるのではないでしょうか。そんな人は、なるべく上昇志向の同僚や友人と時間を過ごすようにしましょう。

周囲に自己啓発とは無縁の友人ばかりがいると平日の夜も休日も遊びに誘われて自己啓発を怠けてしまうきっかけがたくさんあります。しかし、上昇思考の人と一緒にいることで、自分も頑張らなくてはという気分になりますし、自己啓発についても情報交換ができるのでとても有益です。

 

くじけそうな時は目標を思い出す


勉強や習い事など、自己啓発は始めたばかりの時はやる気に満ち溢れているものですが、しばらく時間が立つと飽きてしまったり、やる気が低下して怠けてしまいそうになることが多くあります。

そんな自己啓発を怠けてしまいそうな時は、最初に設定した目標を思い出しましょう。言語化された目標に加えて、最初に思い描いた理想の自分の姿を頭に浮かべることで、やる気は再燃できます。

 

いかがでしたか。

仕事で結果を出すためには、仕事における自分の理想の姿と現在の自分の姿の差分を明確にして不足している部分を自己啓発で伸ばすのが近道です。そのためには、自己啓発に取り組む前にその方向性を見誤らないことが重要です。

理想の自分の姿を描き、そんな自分を目指すには何が必要かを明確し、その知識やスキルを身につけるためにはどのような自己啓発をすべきかを検討するというのが最も効率的なステップです。このステップを踏むために、日頃から色々な人と交流して情報収集をしておくことが大切です。

自己啓発はむやみやたらにやったり、なんとなく取り組んでいても自然消滅してしまうことが多くあります。そうなってしまわないように、今回解説したポイントに気をつけて自己啓発に取り組みましょう。

 

まとめ

人と差がつく!仕事で結果につながる自己啓発の方法とは

・目標設定の前に様々な人と交流を持って視野を広げる
・理想の自分の姿を想像して具体的に目標を定める
・偏りなく幅広い分野の本を呼んで知識をつける
・仕事に活かせるセミナーに参加して知識と人脈を広げる
・平日の夜の時間を利用して専門学校やスクールに通う
・なるべく上昇志向の同僚や友人と時間を過ごすようにする
・自己啓発を怠けてしまいそうな時は目標を思い出す