自己アピールを魅力的に伝える6つのテクニック

自己アピールを魅力的に伝える6つのテクニック
「自己アピールが得意になりたい」と願う人は多いもの。しかし、実際に自己アピールをするとなると、想像以上に難しく戸惑ってしまう人も少なくはありません。自己アピールしているつもりが、単に自慢話になってしまったり、自己満足、自己完結で終わってしまい相手に何も伝わらなかったり…。

やはり自己アピールは、相手に伝わって初めて成立するもの。しかし、内容が素晴らしければ相手に伝わるというわけではありません。そこで大切になってくるのが、魅力的に伝えるためのテクニック。同じ自己アピールであっても、テクニックが加わることで魅力の度合いが大きく異なってきます。

ここでは、自己アピールを魅力的に伝える6つのテクニックについて解説します。ぜひこの記事を参考に、実践してください。



 

自己アピールを
魅力的に伝える6つのテクニック

 

ギャップを織りまぜて話しましょう


人間は、話を聞く前に「たぶん、このような人」というイメージを抱きます。これは第一印象でもそうですし、長年付き合ってきた友人でも同じこと。このイメージを良い意味で壊すこと、つまりギャップを感じさせることは自己アピールを魅力的に伝える上で重要です

真面目一筋だと思っていたけれど、楽しい面もある。軽いと思っていたけれど、真剣な一面もある。人間はギャップに弱いもの。そんな内容を織りまぜて話すことで「この人にはまだまだ面白い一面があるかもしれない」と相手が勝手に良い想像をしてくれるはずです。

 

相手のパーソナルスペースにさりげなく入りましょう


人はそれぞれ自分のパーソナルスペースというものを持っています。動物で言えば、縄張りのようなものだと考えてください。全く知らない人がそのパーソナルスペースに突然入ってきた場合、警戒するのが普通ですが、これを自然と行うことが出来れば、自分を魅力的に見せることが可能です。

このポイントは、突然ではなく毎日少しずつ距離を縮めること。自己アピールも、突然大きなことを伝えるのではなく、こまめに少しずつさりげなくという点がポイント。最初は机を挟んで向かい合う形でOKですが、横並びに座っても警戒心を抱かせないようになることが出来れば更にベストです。

 

自己アピールは簡潔にしましょう


自己アピールしたいという気持ちが強すぎる場合にやってしまいがちな失敗として、相手が関心を持っているかどうかよりも自分が話したいことだけを話してしまうというパターンがあります。これでは、本当に良いことを言っていても、相手からすれば「何が言いたいのかわからない」という結果に終わってしまうもの。

相手がどんなことに関心を持っているかという点に絞って、自己アピールすることを心がけましょう。特に女性の話は、起承転結があやふやになりがちです。相手が興味のある分野で、なおかつあなたがアピールしたいことがあれば、その部分だけを積極的に伝えましょう。そうすることで相手の記憶にも残りやすいはずです。

 

自己アピールをするためには、相手の話もしっかり聞きましょう


自己アピールを魅力的に伝えるためのテクニックなのに、相手の話を聞くなんて矛盾していると思われるかもしれませんが、これも実はとても重要なテクニック。人は自分の話を聞いてもらったら、相手の話もしっかりと聞かなければという意識が高まります。

相手の目を見て話を聞いたり、相槌をうったり質問をしたりと積極的に「聞く」姿勢を見せましょう

 

固定観念に縛られず自由な発想でアピールしましょう


あなたの中に「自己アピール」とはこのようなものであるというような固定観念はありませんか。例えば男性にはこのように自己アピールすべき、面接のような場ではこのように自己アピールすべき。それ以外はNG!という風に。

もし、そのような考えがあるならばまずは一度その考え方を横に置きましょう。こうしたほうがウケがいい、こうすべきという考えから発せられた自己アピールよりも、あなた自身の心から生まれた言葉の方が絶対的に魅力的。ありきたりの内容ではなく、あなたにしかないものを話すことで、内容以外に着眼点や発想力、想像力の豊かさなども一緒にアピールすることに繋がります

 

具体的な例を入れて、深くアピールしましょう


自己アピールの際に陥りがちな失敗として、色々なことをアピールしたいがためにひとつひとつのエピソードが薄くなってしまうということがあります。あれもできます、これもできます。こんなこともできます。ではなく、これができます。なぜなら、このときにこんな経験をして、そのときにこんなことを思って…という風に具体的な裏づけをしっかりと語ることで、相手の印象にも残るもの

量より質。自己アピールを行う際には、この言葉を頭の隅に入れておいてください。

 

いかがでしたか。ひとことで自己アピールといっても、アピールする相手や場面によって使えるテクニックは多少変化しますので、場面によって使い分けることが大切です。しかし、6つのテクニックはどれも基本的なことばかり。これらを上手く使い分けることで、今まで伝わらなかった相手にもきっとあなたの魅力が伝わることでしょう。

また、逆に他の人がアピールしている姿や言葉を見て、自分に足りないテクニックを分析することも重要です。アピールする内容がない人はいません。違いは、アピールが上手か下手か、ただそれだけ。どうして伝わらないのかと悩む前に伝え方を工夫することが何より大切です。

今回の記事を参考に、あなたの魅力の伝え方について考えてください。きっと、より深くあなたという人間を理解して貰えることでしょう。

 

まとめ

自己アピールを魅力的に伝える6つのテクニック

・ギャップを織りまぜて話しましょう
・相手のパーソナルスペースにさりげなく入りましょう
・自己アピールは簡潔にしましょう
・自己アピールをするためには、相手の話もしっかり聞きましょう
・固定観念に縛られず自由な発想でアピールしましょう
・具体的な例を入れて、深くアピールしましょう