希望する仕事に就くためのとっておき面接アドバイス

希望する仕事に就くためのとっておき面接アドバイス
希望する仕事に就くには、まず憧れの会社の就職・転職面接を突破する必要があります。ずっとやりたいと思っていた仕事をするにも、素晴らしい収入や経験を手に入れるにも、まずは「入社」という関門をくぐらなければなりません。

ところが、巷では就職や転職の面接に関するノウハウ本が多く発行されていることからもわかるように、入社まで漕ぎつけるのはあまり易しいものではないですよね。せっかく履歴書や職務経歴書などの書類選考を通過しても面接で緊張してしまい、全てが台無しになってしまうというケースも・・・。

そこで、「希望する仕事を得るためにせっかく準備を重ねたのに残念な結果に終わってしまった」という惨劇を防ぐためにぜひ覚えておきたい6つのアドバイスがあります。面接での緊張を和らげ最高のパフォーマンスを発揮するためには必読です。



 

希望する仕事に就くための
とっておき面接アドバイス

 

希望する仕事に就くために:①マナーはあまり意識しない


面接ハウツー本などで真っ先に書かれているのが「面接でのマナー」。まるで「マナーができていなければ面接には合格しない」と言わんばかりの書きっぷりをしている書籍も珍しくありません。

もちろん、面接でのマナーは社会人としての常識をアピールする上では必要不可欠なものです。しかし、面接マナーを意識するばかりに緊張してしまったり、言うべきことを言えなかったりしてしまっては考え物ですよね。

ある程度面接マナーを身につけたら本番では過剰に意識せず、発言すべきことに注意を払う方が得策です。緊張せず冷静に対応していればあまり問題はありません。

 

希望する仕事に就くために:②ゆっくりと話すこと


職業面接で一番厄介なのは「緊張」です。せっかく名文を用意していても、面接本番で上がってしまったり噛んでしまったりすると口惜しいですし、面接結果も芳しいものにはなりませんよね。

こうした面接での緊張をほぐす方法は、何よりも「ゆっくり話すこと」です。早口で話していると息継ぎが難しくなって緊張が加速してしまいますが、ゆったりとしたリズムで話せば脳に十分な酸素が届けられ、次第に自分もリラックスしていきます。

また、ゆっくりと話すことには相手が会話内容を聞き取りやすいというメリットも。良いことずくめですので、面接会場では特に意識してください。

 

希望する仕事に就くために:③ジェスチャーを交える


希望する仕事の面接会場で緊張を緩和するために気を付けたいもう一つのポイントは、ジェスチャーの使用です。身振り手振りを交えながらゆっくりと話していれば緊張が解け、最高のパフォーマンスを発揮することができます

加えて言葉に詰まったときに「そうですね」と間を置きながら話すことで、洗練された雰囲気を面接官に与えられるというポイントも。ジェスチャーや話すタイミングを上手に活用すればマイナス点にはならないと知っておきましょう。

 

希望する仕事に就くために:④アイコンタクトを取ること


意外と意識されていませんが、面接中に面接官とのアイコンタクトをしっかりと取ることはとても大切です。面接官が話しているときに視線をきちんと合わせれば「この人には話を聞く姿勢が整っている」と印象を与えられるからです。

また、自分が話しているときもしっかりと相手の目を見るようにしましょう。面接とはいわば自分という人材を売り込むためのプレゼンテーションの場所であり、プレゼン中にオーディエンスを意識するのは当然だからです。

 

希望する仕事に就くために:⑤自分を売り込む!


面接はただ面接官の質問に答えるだけの場所ではありません。自分という人材を就職希望する相手企業に売り込んでいくためのプレゼンテーションの場なのです。それを意識できるかできないかで、面接でのパフォーマンスの質は大きく変化してくるでしょう。

嘘をつくことは厳禁ですが、どれだけポジティブな印象を与えられるかがカギとなります。事前に言うべきことを確認し、練習しておくと失敗がありません。

 

希望する仕事に就くために:⑥お礼状を書く


面接終了後のお礼状の提出は必ずしも必要ではないものの、提出した方が有利なのは確実。「この応募者は社会マナーをわきまえている」という印象を採用担当者に与えることができるからです。

お礼状に関してはあまりに手の込んだものを作成する必要はありません。フォーマットやテンプレートに従って書いていくだけで構いませんが、問題は提出するタイミング。通常では面接が終わった当日や1〜2日以内が良いと言われています。できるだけ早く送付するのがコツです。

 

希望する仕事に就くための面接アドバイス6選、いかがでしたか。

本当に面接を成功させたかったら、面接マナーや敬語について頭を悩ませている暇は正直ありません。自分という人材に好印象を持ってもらうためにはどうしたら良いかについてまず考えなくてはならないのです。

そのためには緊張を解くことが先決。ゆっくりと話し、ところどころ気の利いたジェスチャーや相槌を交えてリラックスしましょう。相手の話を素直に聞くことのできる長所をアピールするためにはアイコンタクトがおすすめです。

また、面接で話す内容は事前にきちんと把握しておかなければなりません。「自分を売り込むにはどうしたら良いか」を考えながら言うべきことをまとめていきましょう。

あとは面接後のお礼状の用意など細かいフォローができれば大丈夫です。希望する仕事をゲットするため、ぜひこれらのアドバイスを活用してくださいね!

 

まとめ

希望する企業との面接を成功させるための6つのアドバイス

・面接マナーを意識しすぎない
・ゆっくりと話してリラックス!
・ジェスチャーを活用して緊張をほぐそう
・アイコンタクトをしっかりと
・面接とは自分をプレゼンする場所
・面接後のお礼状を忘れずに