就職の面接で成功し、内定を勝ち取るために必要なこと

就職の面接で成功し、内定を勝ち取るために必要なこと
就職活動に面接はつきものです。希望の会社に応募して、書類審査を通ったら次はいよいよ面接です。面接時は、数人の会社の人間があなたという人間を採点します。

自分の外見や立ち居振る舞い、そして質疑応答の内容をチェックされて採点されると思うと、人はみな緊張します。緊張が極度に達すると、普段通りの受け答えもできなくなり、質問に答えられずに見当違いの返事をしてしまい、後悔するという結果になりかねません。

人間ですから「緊張するな!」とは言えません。面接は誰しも緊張する場なのですから。しかしある程度緊張していても、就職へとつながるために何としても面接を成功させなくてはいけません。

そこで今回、就職の面接で成功し、内定を勝ち取るために必要な下準備について紹介します。備えあれば憂いなし。以下の項目を参考に、面接までにしっかりと準備を整えましょう。



 

就職の面接で成功し、
内定を勝ち取るために必要なこと

 

清潔な身だしなみは面接の基本


まず、就職における面接で、何よりも一番大切なことは「第一印象」です。残念な話ですが、美形ほど就職率が高いという結果は動かしがたい事実です。今後数十年間一緒に働く人材を選ぶときに、面接官は無意識のうちに「自分の好みの外見」をも評価点に加えるのです。

しかし顔立ちに自信がないからと言って落ち込むことはありません。顔立ちよりももっと重視されるのは「清潔感」だからです。スーツにほこりや髪の毛がついているような不潔な人物はマイナスポイントも高いでしょう。

着るものはきちんとアイロンをかけてしわや汚れをとり、髪の毛も抜け毛や切れ毛でぼさぼさということの無いように気を配ってください。清潔感で第一印象は決まりますから。

 

面接を受ける会社に沿った目標を明確に伝える


就職における面接では、数多くの質問を投げかけられます。中でも多い質問が「なぜ御社を選んだのですか?」という質問です。「なぜこの会社に面接に来たのか?」という意味ですね。聞いて当然の質問と言えます。

ここであいまいな返事をしては、面接の成功は遠のきます。自分がいかにこの会社の発展の歯車になれるかを、熱弁する大チャンスを逃さないでください!「この会社で」「どういう仕事をしていきたいか」を必ず明確に力強く答えられるように準備してください。面接の成功の大きなカギとなります。

 

面接の時までに発声練習をしておく


就職の面接のときに、いざ質問に答えようと思っても、緊張して声が上ずりみっともないことになることがよくあります。また、普段から小さい声でぼそぼそと話す習慣のある人も、面接官に声が届かずに「暗い奴」「陰湿な人」という印象を与えてしまいます。

幸い人間の声帯は鍛えることができます。面接の成功に備えて、面接までの毎日家で大声を出して鍛えるといいですね。大声を出しなれておけば、緊張したとしても、上ずった震える声をだして恥をかくこともなくなります。

実家で家族の目を気にして大声を出しにくいときは、カラオケボックスなどで練習してください。

また、大きな声を出すために腹筋を鍛える方が効果的でもあります。へその下の丹田に力を込めて発生すれば、緊張していてもはっきりとよくとおる声が出るので、丹田を意識した発声も練習しておいてください。

 

面接で答える返答をセリフとして練習しておく


就職の面接においての質問は、ある程度予想することができます。ネットなどで検索すると、実に多くの質問例が出てくるから、それらを参考にするといいでしょう。できるだけ多くの質問に対する答えを決めて、実際にその返事を口に出して言う練習をしてください

何度も口に出すことで、本番時にもよどみなく答えることができ好印象を与えられます。

 

面接の練習は鏡を見ながら行う


上述した質疑応答の練習は、鏡を見ながら行うと効果が高いのをご存知でしょうか。鏡を見ずに行うと、知らず知らずのうちに目が泳いでいるなどの、自分の間抜けなしぐさに気が付くことができません。

鏡を見ながら行うことによって、自分をジャッジする面接官の立ち位置から自分を観察することができ、どうすれば好印象に見えるかを研究することができます。

 

自分のセリフを録音して聞き返す


就職の面接の練習を行う時、上述したように鏡を見ながら、同時にセリフを録音してください。録音して自分の言葉を聞き返すことにより、よりよい質疑応答の練習ができます。噛んでいる箇所や、無意識のうちに早口になる箇所や、いつも詰まる箇所を、録音を聞き返すことによって浮き彫りにし、集中的に補修することができるからです。

スマホで簡単に自分自身を録画することができる時代なので、スマホを上手に固定して、自分自身を録画するといいですね。鏡と録音の両方の効果を得られます。録画を見直して客観的に自分を眺めることで、就職の面接時にどうすれば好印象になるかを徹底研究してください。

 

さて、就職活動にがんばっているあなたのために、就職の面接で成功するために有効な練習方法について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

部屋で一人、ぶつぶつとセリフを言うことから始まり、自分を鏡や録画で眺めるというなんとも恥ずかしい行為を、最初は気まずく感じるかもしれません。しかしこの練習を繰り返し行うことで、就職の面接での成功率が大幅にアップすることは間違いないのです。

「とにかく何でもいいからどこかの会社に就職さえしておけば、世間体が保てるから。」というあいまいな理由で就職活動をしている若者も決して少なくない現代です。しかし就職の面接の練習で、自分自身をとことん客観的に眺め、面接に成功するべく作り上げていくことによって、自分の本質を見つめなおすきっかけになるのです。

面接の成功のためだけでなく、その会社に就職した後の、社会人としての自分がどうあるべきかを知るためにも、紹介してきた鍛錬は役に立ちます。

 

まとめ

就職の面接で成功するためにやるべきことは?

・清潔な身だしなみを心がける
・面接を受ける会社に沿った目標を明確に伝える
・面接の時までに発声練習をして、声の通りをよくする
・面接で答える返答をセリフとして練習しておく
・面接の練習は鏡を見ながら行う
・自分のセリフを録音して聞き返しチェックする