【起業の方法】個人事業主になるための7ステップ

【起業の方法】個人事業主になるための7ステップ
起業する方法には、個人事業主として起業するケースと、株式会社として会社を設立して社長になるケースがあります。

株式会社だと、業績が赤字であっても法人税を納めなければいけないとか、社会保険料が必要となり、人件費のコストがかさむなどのハードルがありますが、個人事業主であれば、そのような金銭的な高いハードルをクリアしなくても設立することが可能です。

しかし、個人事業主として起業するのはハードルが低いと言ってもやるべきことはいくつかあります。知らずに起業をしてしまうと悪気はなくても違法なことをしてしまう恐れがあるため、事前にしっかり調べて置く必要があるでしょう。

そこで、個人事業主として起業する方法を7つのステップに分けて解説いたします。



 

【起業の方法】

個人事業主になるための7ステップ

 

起業するビジネスの決定


思いつきや単なる希望や野望だけで起業をすると失敗したり、思わぬ事態に陥ってしまうことがあります。起業の方法として、まず最初にやらなければいけないのは、ビジネスの決定です。

自分がやりたいビジネスをするのはいいのですが、そのビジネスにはどの程度のリスクがあるのかを事前に調べておきましょう。初めて起業をするならば、利益率が高く、在庫を持つ必要がない、さらには初期投資が少額であるビジネスを選ぶのが無難でしょう。

 

ビジネスモデルをシミュレーション


起業の方法として、挑戦するビジネスを決定したら、その次にやるべきことはシミュレーションです。決定したビジネスで利益を得るための具体的なビジネスモデルを設計するのです。

天性のビジネスの才能がある人でない限り、まずはすでに成功している既存のビジネスモデルを勉強して参考にするのが賢明なやり方でしょう。

 

資本金の準備


起業の方法として、重要な要素を占めるのが資本金の準備です。ビジネスを決定して、そのビジネスモデルもシミュレーションしたら、会社を退職して早速起業をしたいとはやる気持ちはいったん抑えましょう。

そのビジネスに必要な資本金が自分の貯蓄でまかなえるのかを検討しましょう。起業は成功するか保証がないため、金融機関に借り入れることはなるべく避けたほうがいいでしょう。ネットビジネスであれば、ほとんど元手を必要とせずに起業することができます。

 

オフィスの準備


起業をするには、お金の準備ももちろん必要ですが、オフィスの準備も起業の方法のステップの1つです。税務署に申請するときや銀行口座を開設するときなど、何かの手続きの際には住所が必要になるためです。

自宅をオフィスに使う場合には、自宅の住所でも構いませんし、他に仕事用のオフィスを構えるのであれば、物件探しと契約まで済ませましょう。

 

必要書類の提出


個人事業主として起業する方法として、大きなヤマ場となるのが、必要書類を税務署に提出することです。これをしないと個人事業主として起業することはできません。

必要な書類は、個人事業主開業届、印鑑です。書類はオフィスの所在地の管轄の税務署ですので、自分の住まいの税務署と間違えないようにしましょう。

 

銀行口座の開設


個人事業主開業届を税務署に提出したら、次にしなければいけない起業の方法が銀行口座の開設です。銀行口座の開設は、個人の口座を開設するときと異なる点があるので注意が必要です。

持ち物は、印鑑、住民票の他に、個人事業主開業届のコピーです。ただし、銀行によって、必要書類が異なる場合もあるので、2度手間にならないように事前に問い合わせたり、サイトで調べるなどして銀行に足を運ぶようにしましょう。

 

会計処理や決算書作成の勉強


個人事業主といっても、ビジネスをして収益を得るわけですから、税金の納付義務があります。年度末におこなう確定申告のために起業の方法の最後のステップとして会計処理や決算書作成の知識を身につけておきましょう

専門の税理士や行政書士に依頼をしてやってもらうことも可能ですが、当然コストがかかります。また、経営者が自社の会計処理の中身を全く把握していないのはいいことではありませんから、最低限の知識を学んでおくことをおすすめします。

 

如何でしたでしょうか。起業の方法は、株式会社を設立するのと比較すると、しなければいけない業務は少ないと感じた方が多いのではないでしょうか。要は、資本金を必要としないビジネスであれば、書類の処理だけで誰でも起業することが出来るのです。

しかし、起業の方法として最も肝心なのは、起業をする志を明確にしておくことです。どうして自分は起業するのか、また、なんでこのビジネスをするのか、など、土台となる自分の考えの部分をよく検討して固めて置きましょう。

起業の事前の準備の段階で自分のポリシーをしっかり持ち、また、事務的な準備も抜かりなくやっておくことが、失敗しない起業の第一歩です。今回ご紹介したステップを参考に、行き当たりばったりの起業をしないようにしましょう。

 

まとめ

個人事業主になるための起業の方法、たった7つのステップとは

・起業するビジネスをローリスクを条件に決定しよう
・ビジネスモデルをシミュレーションしよう
・起業するビジネスに必要な資本金を準備しよう
・オフィスになる場所を決めよう
・税務署に必要書類を提出しよう
・必要書類と印鑑を持って銀行口座を開設しよう
・会計処理や決算書作成のための知識を身につけよう