自分のオーラの色を知って自己分析に役立てる方法☆

自分のオーラの色を知って自己分析に役立てる方法☆

良い人生を歩むには自分を知ることが最も大切だと言われていますよね。事実、自分を知っている人間はとても強いです。能力による優劣よりも、戦い方による優劣の方が差がつくのが世の中です。

それは最も強い者が勝者になったわけでもなければ、最も賢い者が勝者になったわけでもない歴史を見ればわかりますね。つまり、自分を知り、適切に対応することが人生の勝者になる秘訣です。

人生の勝者とは、すなわち良い人生を歩む者のことでもあります。そこで、大切になってくるのが自己分析です。自分を知るためにはしっかりと分析する必要があります。

その方法の一つして、オーラの色があります。そこで今日は自分のオーラの色を知って自己分析に役立てる方法をお伝えします。



 


自分のオーラの色を知って自己分析に役立てる方法☆

 


オーラについて知ろう


まずは、「オーラとは何なのか?」これについて知らねばオーラの色を知ったところで意味はありません。オーラとは、簡単に言うと精神エネルギーのことを指します。

「あの人はオーラがあるな」などと人の表現に使うのはこの精神エネルギーを表しているのですね。精神エネルギーの多寡がその人となりを表現するわけです。

これが、大きければ大きいほど、高い潜在能力を持っているわけです。ただ、オーラに関しては全ての人が持っているものですので、「自分はオーラを持っていないかも?」と言った心配は必要ありません。

 


自分のオーラの色を調べよう


オーラについて理解できたら、次は自分のオーラの色について調べましょう。かつてはオーラの色について調べる際は、一般的な方法として書籍を推奨していたのですが、現在はインターネットの利用が便利です。

オーラの色は中間色や特異色を含めると21色にもなりますが、基本8色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫・白)です。

その人の性質から、大まかなオーラの色を知る方法が質問事項にこたえる事で分かるサイトが沢山あります。

確実な方法としてはやはり専門家への依頼がベストでしょうね。ネットはあくまで、参考程度というのがオススメです。

 


オーラの知識を人生に活かそう


自分のオーラの色がわかることで、知ることができるのが自身の性格や特徴などです。自分の性格や特徴、向き不向き、これらを知ることは大変大きなメリットです。

それは、自身のタイプにあった人生を歩めるようになるからですね。仕事、勉強、人付き合い、あらゆる場面で有効な回答を得られるようになるでしょう。

ですので、自分のオーラの色を知ることができたら、積極的に人生に活かしていきましょう。

 


赤色と橙色について理解しよう


ここからは具体的なオーラの色について説明していきます。まずは赤色。赤といえばリーダーの様なイメージがあると思いますが、これは正しいです。戦隊物のリーダーが赤色なのは偶然ではありません。

ちゃんと理由があるのですよ。赤色はリーダータイプの人が持つオーラの色です。積極的に人を導いていくようなタイプの人間です。オーラの色が赤ならば、積極的に人の輪の中心で行動すると良いでしょう。

続いて橙色。こちらは逆に芸術家タイプ。一人で黙々と創造的な仕事をするのが向いています。オーラの色がオレンジの方は芸術関係の仕事に就くと良いでしょう。

 


黄色と緑色について理解しよう


黄のオーラの色を持つ人は陽気な人です。明るい雰囲気を作るのが得意なムードメーカー。チームに一人は必要なタイプですので、自分の立ち位置を理解しながら行動されると集団でも重宝される存在になりますよ。

緑色は正義感の強い理論派です。知識の吸収が早く、勉強の得意なタイプが多いです。道徳的な人でもありますので、周りの人に相談をよく受け頼りにされることも多いです。進んで相談を受けると良いですよ。

 


青色と藍色について理解しよう


オーラの色が青い人は、いわゆる『いい人』です。頼まれると断れない性格から、周りには自然と友人が溢れているような人です。陰から人を支える黒子のような仕事が向いているでしょう。

藍のオーラの色を持つ人は、自立心の強い人です。群れることが嫌いで一人でいることを好みます。その分上昇意欲も強く常に向上心は忘れません。ステップアップの望める環境で力を発揮するタイプです。

 


紫色と白色について理解しよう


紫色のオーラを持つ人は、天才肌の人が多いです。直感的、かつ個性的な人です。それにもかかわらず、強烈に人を引き付けます。生まれながらのトップに立つ人間です。組織の長に就くと結果もついてきますよ。

オーラの色が白の人は、何でもそつなくこなす隠れた天才タイプ。目立たないので気付かれにくいですが、社交的で、能力も高く欠点の少ない人です。周囲との緩衝材としての役割も期待できる優れた人です。

 

いかがでしたか。オーラについてはご理解いただけましたでしょうか。オーラの色を知ることで、適切に自己分析を行うことができるようになるのですね。

今回ご紹介したオーラの色は8色ですが、本来は21色あります。ただ、基本の8色を知っていれば、大きくずれることはないので心配はありません。どうしても知りたいならば、専門書に当たると良いでしょう。

オーラの色の調べ方も簡単な心理テストなどでわかります。利用できるサイトも多いです。ここは悩まずに、まずは調べてみましょう。自分のオーラの色を知ることで人生に活かす。

これほど効率的で効果的な方法も早々ありません。まずは、試してみると良いですよ。きっと、今まで見えてこなかったことが見えてくるでしょう。

 


まとめ


自分のオーラの色を知って自己分析に役立てる方法☆

・オーラについて知ろう
・自分のオーラの色を調べよう
・オーラの知識を人生に活かそう
・赤色と橙色について理解しよう
・黄色と緑色について理解しよう
・青色と藍色について理解しよう
・紫色と白色について理解しよう