友人を選んで、より良い人生を送るコツ!

友人を選んで、より良い人生を送るコツ!
友人関係は、人生を豊かにしてくれる大きな要素の一つ。自分の人生がどんなアンラッキーなものでも、応援したり、支えてくれる友人たちが居るだけで、頑張ることができ、間違いなく幸せな人生が送れます。

ですが、友人関係を大切にせず、惰性で付き合ってしまうと、その友人たちに幸せを阻まれてしまうこともあるもの。自分の気持ちをにフタをしたり、誰かに合わせてばかりの人生であれば、幸せといえるでしょうか?

自分を大切にするように、友人関係も大切にするためには、大切にしたくなるような友人を選ぶことから始めなければいけません。タイミングや自然の流れも大切ですが、自分自身をしっかりともち、相手の存在を見極めて友人を選びましょう。より良い人生を送るために、友人を選ぶ6つのコツをお教えいたします。



 

友人を選んで、
より良い人生を送るコツ!

 

信念が違う友人とは将来も分かり合えない


同じような環境から友人が出来ることもありますが、それぞれ仕事のやり方、家族との付き合い方、恋愛や結婚、子育てについてなど、ライフスタイルの変化により、パーソナリティにも違いを見出すキッカケは多いもの。

自分の目指す方向と友人の向いている方向があまりにも違いすぎるところを無理をして付き合っても、将来的にも理解し合えないままになります。友人のやり方も応援できなければ、自分の努力も分かってもらえず、表面だけの友人としてならば、ほかにもっと、自分のことを理解してくれる友人を探すほうがよいでしょう。

 

年齢や性別などにこだわらずに友人を選ぶ


日本人は小さな頃から学校などの影響で友人をつくる選択肢が限られていると言えます。同じ年齢で同じ地域に住んでいたり、境遇や国籍が同じであったり。そのような流れから、大人になっても身近でしか友人を作らない人も多いでしょう。

ですが、個人の感覚というのは、環境の一致で測れるわけではありません。性別が違っても、年齢が離れていても、趣味が全く違っても深く理解し合うことは可能です。気持ちを分かり合える友人は、決して範囲を狭めずに、広い目で色々な人に興味を持って選ぶようにしましょう

 

嫉妬してくる友人といると不幸になる


女性でも男性でも一定数いるのが、やたらと嫉妬してくる友人。有名人などで嫉妬されるに値するくらい何かをもっているならまだしも、友人としては身近な存在にも関わらず、小さな事で嫉妬されてしまうことがあります。

身近な友人から嫉妬されてしまうと、その対応から幸せでいることに自信がもてなくなったり、人を信用しにくくなったりするものです。自分自身が胸を張って幸せに生きたいのであれば、嫉妬深い友人はそばに置かないほうがよいでしょう

 

性格のタイプは客観的に見て自分との相性を考える


友人選びで心得ておきたいのが、性格の相性です。子どもの頃は似ているタイプ同士でつるみがちなものですが、遊び相手と友人というのは少し違っていて、違うもの同士の方が相性が良い場合があります。

友人は時として、自分に無いものをプラスしてくれたり、気付かせてくれる大切な存在。自分の性格の傾向は客観的に把握し、相手がどんなタイプなのかも冷静に受けとめ、自分に無いものを見出した相手にこそ、敬意を持って近づきましょう。

 

寂しさを埋めてくれるだけの友人はそれだけの存在


孤独というものは誰しも感じる感情ですが、その孤独に負けてしまい、寂しさを埋めるために友人と付き合うのはあまりオススメできないものです。

そんな孤独からくる寂しさを埋めてくれる友人は、寂しい感じは埋めることができますが、それ以上のものはもっていません。心を通い合わせたり、自分自身を理解してくれるとは限らないもの。寂しさを優先してしまうと、自分の気持ちにフタをして付き合わなければいけないため、返って自分自身の気持ちを落ち込ませることもあります。

また、中には幸運で人に囲まれた人生で、寂しさを感じにくい環境にいるような人もいます。そんな友人は、あなたの孤独を理解してくれるどころか、冷たくあしらわれてしまうことも。孤独とある程度向き合うことも、より良い友人を選ぶ第一歩となるでしょう。

 

自分自身も心を広くもって受け入れる姿勢を大切に


友人を大切にしたいという気持ちがあるならば、友人を選ぶという視点から、選ばれるという要素も考えておきたいもの。「わかってほしい。」とお互いが強く要求している間柄では上手くはいかないものです。

違うところがありつつも、気持ちの面で寄り添える相手というのがベストな友人関係ですね。しかし、違いが多いと中には受け入れにくい部分もあるでしょう。

何でも受け入れれば良いというわけではありませんが、尊重できる部分があるならば尊重して、応援してあげることが大切。自分も周りから選ばれるような存在になることができれば、良い友人関係が作れるはずです。

 

友人を選ぶ前に、自分自身のことや友人の定義を少し考えてみましょう。友人を大切にする上で協調性を持つことというのは大切なことですが、その線引きは難しく、誰しも間違えたりするものです。

尊重することや譲ること、自分を通すことと我侭になることなど、普通の人間関係でも難しいところですが、友人関係ともなるとものすごくデリケートな部分を持ったやりとりになることでしょう。

ですが、どんな友人を持ったとしても、一度きりの人生であれば、友人関係に足を引っ張られて不幸せになってしまうことなく、お互いに高められるような良い人生を送りたいものですね。少し苦しい思いはしても、孤独や自分としっかりと向き合い、その先に見えたところに性別や年齢を超えて理解し合える豊かな関係性が待っていることでしょう。

 

まとめ

友人を選んで、より良い人生を送るコツ!

・信念が違う友人とは将来も分かり合えない
・年齢や性別などにこだわらずに友人を選ぶ
・嫉妬してくる友人といると不幸になる
・性格のタイプは客観的に見て自分との相性を考える
・寂しさを埋めてくれるだけの友人はそれだけの存在
・自分自身も心を広くもって受け入れる姿勢を大切に