絶食ダイエットで痩せた体重を維持する為に大切な事

絶食ダイエットで痩せた体重を維持する為に大切な事

あらゆるダイエット方法の中で、100%効果があるダイエットが「絶食ダイエット」でしょう。

人間食べなければ、誰でも確実に痩せます。しかしそれは危険と隣合わせのダイエット。気をつけないとすぐにリバウンドして、元通り、いえもっともっと体重が増加してしまうかもしれないのです。

ダイエットに必要なのは体重を落とす事だけではありません。健康を維持する事もまた大切なダイエット成功のコツと言えるのです。

今回は頑張った絶食ダイエットの成果を維持させる、大切なポイントをご紹介しましょう。



 


絶食ダイエットで痩せた体重を維持する為に大切な事

 


免疫力の低下に気をつけよう


頑張った絶食ダイエット。1ヶ月5キロも体重を落として有頂天になる人もいるでしょう。しかしその後気をつけたいのが免疫力の低下です。

いきなり沢山の体重を落とすと、体内の免疫力まで奪われてしまいます。その結果、風邪を引きやすくなったり、今までかかっていなかった花粉症などのアレルギー症状が出る場合もあります。

絶食ダイエットの後は、人ごみに出る時にはマスクを直用し、うがい、手洗いを忘れないようにして下さい。

 


貧血に気をつけよう


若い女性で特に多いのが貧血です。低血圧で、朝なかなか起きられない人は、絶食ダイエットの後の生活には注意が必要です。

血液の働きで最も重要な仕事は、酸素を全身に運搬することです。この働きをつかさどるのは、血液中の赤血球にある血色素(ヘモグロビン)です。血液が酸素を運搬する能力は、ヘモグロビン量とほぼ比例します。
絶食していきなり体の栄養素が失われると、血液のバランスも乱れます。特に普段から貧血気味の女性の場合、めまいや立ちくらみがひどくなる恐れがあるのです。

 


低血糖症に気をつけよう


低血糖とは、血液中のブドウ糖が少なくなりすぎた状態を言います。一般的に治療中の場合、血糖値が60~70mg/dl以下の時に起こります。

急激な絶食の結果、食事摂取量の不足は副交感神経症状(急激な空腹感)→中枢神経症状(頭痛、めまい、吐き気)→交感神経症状(発汗、動悸、ふるえ)と進んでいきます。ひどい人の場合、意識を失ったり異常行動や錯乱、痙攣が起こり、危険な状況を招くこともあります。

 


筋肉低下に気をつけよう


急激な体重の減少は、体の疲労度を高めます。たいして動いていなくても疲れやすい、気力も低下しがちになると言われているのです。

毎日簡単なストレッチを行いましょう。筋肉を落とすとせっかく痩せた体の維持にも影響が出ます。

家の中でやる簡単なストレッチをご紹介しましょう。

*お腹やせストレッチ

仰向けになり鼻から息を吸い込みます。

お腹を膨らませる。

口からゆっくり息を吐き、お腹を凹ませる。

お尻に力が入らないように、胃を引き上げるイメージで。これ以上へこまないという状態で10秒キープして下さい。

*お尻に効くストレッチ

うつ伏せの状態になります。

両手をあごの下に置き、ひざを曲げます。

このときひざ同士はつけておいてください。

ひざを曲げた状態を保ちながら、ひざをゆっくりと浮かせ、ゆっくり元に戻します。

20回程度続けて下さい。

 


拒食症に気をつけよう


絶食ダイエットは胃袋を小さくします。その結果一時的ですがあまり沢山食べる事ができなくなります。

絶食ダイエットを何度も繰り返していると、だんだんと食事の量が減っていき、しまいには食事をとると太ると思い込んで拒食症になりがちです。食べては吐く、を繰り返す様になったら要注意です。

拒食症は精神の不安からくる病気です。おかしいと思ったら早めに病院を受診して下さい。

 


タンパク質を取るようにしよう


ダイエットに成功した体を維持するのに必要なのは、脂肪を筋肉に変える事です。脂肪を筋肉に変えると体の代謝が一気に上がり、痩せやすい体になるのです。

そのために気をつけて欲しいのは毎日の食事。炭水化物を減らしてタンパク質を多く取るようにして下さい。

おすすめのタンパク質は納豆と赤身の豚肉です。特に納豆は血液をサラサラにしてくれます。納豆キナーゼが肌をもっちり、しっとりさせる作用もあります。

肉は太る、と敬遠される人もいますが、脂肪の少ない赤身はむしろダイエットを成功させる食べ物といえます。

噛みごたえがあるので少ない量で満腹感を得られます。赤身の肉は熱量にかわると体の代謝をあげて冷え性などにも効果が高いのです。

ぜひこの2つは覚えておいて、毎日の食事に役立て下さい。

 


多少のリバウンドは肯定しよう


絶食ダイエットをすると、必ず終わった後の数日にリバウンドが来ます。それをある程度想定して目標を設定しておきましょう。

絶食ダイエットは1度だけでは成功しません。長い目で見て半年程度の期間内で3~4回やってみてください。徐々に体重が落ちる様に、最初から期待しないほうがモチベーションを下げないで済みます。

 

いかがですか。この7つのポイントは、絶食ダイエットに成功したらぜひ参考にして下さい。

絶食ダイエットがなぜ成功するのか、それは体の力を一時的に奪ったからです。力の弱くなった体は免疫力が低下して様々な病気になりやすくなります。

気力も低下しますから、何をするのもおっくうになってしまうかもしれません。

大切なのは、絶食ダイエットに成功した後の生活です。せっかくの努力を一気にリバウンドさせないように、しっかりとタンパク質を取って、ストレッチを行って下さい。

今まで食べていたスナック菓子をやめるだけで、相当体重の維持は楽になるはずです。ぜひ自分の生活習慣も見直してみて下さいね。

 


まとめ


絶食ダイエットで痩せた体重を維持する為に大切な事

.免疫力の低下に気をつけよう
.貧血に気をつけよう
.低血糖症に気をつけよう
.筋肉低下に気をつけよう
.拒食症に気をつけよう
.タンパク質を取るようにしよう
.多少のリバウンドは肯定しよう