集中力を高めるため今すぐできる7つの簡単リフレッシュ術

集中力を高めるため今すぐできる7つの簡単リフレッシュ術

疲れがたまるんだよねぇ。なんだか最近仕事や勉強がはかどらないんだよねぇ。とかぼやいていませんか?それは集中力が低下している証拠です。

残業多いんだよねぇ?今日は仕事終わらないや!今日までの課題があるのに・・・なんて問題抱えていませんか?それは仕事や勉強の効率が悪いからです。

ここでは私が実践している集中力を高める簡単なリフレッシュ方法を教えます。集中力アップで仕事や勉強の効率アップついでに生活の向上を図ってみてはいかがでしょうか?

あなたの集中力を高めて仕事や勉強の効率化に役立つ情報が沢山盛り込まれてます。きっとあなたの役に立てると確信しています。



 


集中力を高めるため今すぐできる
7つの簡単リフレッシュ術

 


適度な休憩をとろう


人間はロボットではありません。当然疲れます。リフレッシュが必要です。

基本適度な休憩を取ることをおススメいたします。休憩なしの働き詰めは作業効率ダウンで逆に仕事量の低下を招きます。目安は1時間起きに10分。

これでだいぶ変わります。10分間は何をしてもいいですけど目を酷使する仕事の場合はスマホなどを見るのは止めておいた方がいいです。出来たら外に出て深呼吸をする。

身体を使う仕事や勉強の場合はスマホいじるのもいいですけれど・・・。とにかく適度な休憩はいいリフレッシュになります。実際に職場でも活用されている仕事場があるようです。

 


昼食はリフレッシュチャンス。


昼食時は頭と身体をリセットするチャンスです。よく「食べたら眠くなる。」と言って食べない方いますが逆効果です。また出来たら外へ出てください。

いつも同じコンビニの食事を仕事のデスクで食べる方いますがこれも逆効果です。やはり職場、勉強机などから離れてリフレッシュすることに意義があります。

お弁当でも職場の近くにある公園などを活用されてはいかがでしょうか?きっと頭がリセットされて午後の仕事、勉強の効率アップになるはずです。

 


仕事中に出来る簡単なこと。


仕事や勉強中に急に睡魔に襲われて・・・、仕事中に急に身体がだるくなって・・・。なんてよく聞く話です。そんな時は一回席を離れて身体を伸ばしましょう。

やり方は簡単です。席から立ち上がって背伸びをする。これだけです。人間の身体は同じ姿勢でいると自然と血流が悪くなりその結果「眠い」「身体がだるい」などの症状が出ます。

背伸びをすることによって筋肉を動かし血流を元に戻すことが出来ます。その結果腰や足、頭にまで血の巡りが良くなり眠さやだるさは吹き飛んで行くことでしょう。

 


バランスボールを利用しよう


今流行りで皆さんの職場でもやってる人いませんか?椅子の代わりにバランスボールに座る。これだけです。

常に体幹が刺激される為「疲れにくい」「お腹周りのダイエットになる」「集中力が続く」とかなり好評です。女性の多い職場などでよく見られる光景です。

疲れにくいのもありますがリフレッシュも効果抜群です。席を離れてバランスボールでバランスをとるなどすれば全身の血流が良くなり一瞬でリフレッシュ効果が得られます。

またバランスボールを使ったエクササイズも簡単に出来ます。詳しくはネットなどで調べてみてください。私個人の意見では座っているだけで効果は十分にあると言えます。

 


仮眠をとろう


今多くの企業で「仮眠室」を備えているところが増えています。「仕事中に居眠りなんてだらしない。」と考えてる方はもう古い考えです。今は仮眠はリフレッシュする方法として確立しています。

目安は15分、何故かと言うとそれ以上寝てしまうと本当の睡眠になってしまうからです。睡眠には質が2種類あってそれぞれレム睡眠とノンレム睡眠があります。

詳しくは説明しませんがレム睡眠とは深い眠りのこと、ノンレム睡眠とは浅い眠りのこと。2つの睡眠は1時間半周期で周っています。

15分はノンレム睡眠のステージ1が終了する時間です。それ以上寝てしまうと脳の働きは低下します。ですから15分の仮眠が良いとされています。

 


足を動かそう


簡単なリフレッシュ法としては足を動かすことがあります。何故なら太ももは人間で一番大きな筋肉を持ち、ふくらはぎは「第2の心臓」と呼ばれている箇所だからです。この両方を使うことで身体の血流を促します。

具体的な運動としては「階段上り」と「スクワット」が効果的です。階段上りはオフィスなどでエレベーターを使わないなどして利用出来ますし、スクワットはオフィスの中勉強机の脇などで行うことが出来ます。

両方の運動とも短時間で太ももの筋肉とふくらはぎの筋肉を使い全身に血流を行き届かせることが出来ます。全身の血流が良くなることによってリフレッシュ効果が得られます。

 


人間の集中力は持って50分。


人間はリセットした健康体の状態を100とすれば50分後90ぐらいに1時間後70ぐらいになってしまいます2時間3時間と経っていけばなおさらです。効率的かつ有効に仕事を行う為にはこの50分たったらリフレッシュする。

これを頭に入れておくといいでしょう。2時間も3時間もコツコツ真面目に仕事しているようにみえて実は作業量はさほどやってなかったなんてことよくある話です。また徹夜したけど対して仕事はたいして進まなかったなんて話もよく聞きます。

人間はロボットではありません。同じ事を同じようにしている状態を維持できるのは50分が限度です。覚えておきましょう。

 

いかがでしたか。ご参考になりましたか。仕事や勉強は一定量こなさないといけないことが多いです。しかし時間は無常にも止まらずに刻一刻と流れていきます。

仕事や勉強を効率良くこなすことは1つの大きなスキルです。会社にとっても残業が減ることは好ましいことですし、ご自身にとっても趣味や遊びに使える時間が増えることになります。

以上挙げてみたリフレッシュ法を上手く生かして効率的に仕事や勉強に取り組んでください。それはあなた自身の人生を豊かにするものだと言えます。今後の人生が豊かなものとなりますよう願っています。

 


まとめ


集中力を高めるため今すぐできる7つの簡単リフレッシュ術

・適度な休憩。
・昼食はリフレッシュチャンス。
・仕事中に出来る簡単なこと。
・バランスボールを利用する。
・仮眠をとる。
・足を動かす。
・人間の集中力は持って50分。