α波を出して、勉強の効率を劇的に上げるスゴ技!

α波を出して、勉強の効率を劇的に上げるスゴ技!
「α波」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。毎年受験シーズンになると、受験の必勝法として様々な方法が模索されます。昔は徹夜をして鉢巻を巻いて頑張っている姿が一般的でしたが、様々な分野の研究が進んだ現代、徹夜の勉強はナンセンスです。

徹夜とはつまり一晩中起きているということ。睡眠時間を削って勉強に根詰める姿勢は買いますが、肝心の勉強は頭に入っているかと言われると少し不安が残ります。睡眠不足は集中力や記憶力を欠き、徹夜の疲労は内臓や脳を侵します。

受験を成功させたいのなら、睡眠不足は厳禁だということをまず、頭に入れてください。では勉強効率を上げて、受験戦争を勝ち上がるためにどうすればいいのか。

答えは「α波」です。以下にα波についての解説をするので、受験生やそのご家族は是非ともご一読くださいませ。そしてα波を操った必勝の勉強法を身に着けてください!



 

α波を出して、
勉強の効率を劇的に上げるスゴ技!

 

α波とは何か?


まず、α波とは何かを説明します。人の脳には波動があり、感情によって変わります。様々な波動の中でも「α波」と呼ばれる状態の時は、脳がリラックスして落ち着いている証拠。目をつむってゆっくりと呼吸し、精神を落ち着けることで脳はα波の波動になります。

α波が精神や体にいい影響をおよぼすことが研究されてから、意識的にα波の状態にする方法がいくつか解明されました。そして古来にある「禅」や「ヨガ」が、α波を作り出すことも分かったのです。

 

α波を意識的に作り出す方法


上にも書きましたが、自分の体。自分の脳ですから、自分で意識して脳波をα波にすることができるのです。禅やヨガで気持ちを静め、呼吸を整えればいいのです。目を閉じてヒーリングミュージックをかけて数分間、自分の呼吸に集中すれば、脳はα波の状態になります

一分一秒をも惜しんで勉強している受験生からすると「なんだそれ!」と思われるかもしれませんが、誰でも簡単にできる方法なので試してみてください。

 

脳がα波のときの良い作用


なぜ受験生にα波を推奨するかはお分かりですね。脳がα波の状態の時は、集中力が大幅にアップするのです。また、記憶力も段違いにアップします。集中力アップに記憶力アップと言えば、受験生は飛びつきたくなるでしょう。

「自分は記憶力がない。」と思っている人間も、脳をα波にしてから改めて検証してください。記憶力の良い状態の脳にしてから勉強に取り組むと、顕著に効果が出ますから!では勉強前にどんなことをすればα波になるのか?それを下の項目にまとめていくので参考にしてください。

 

勉強前に何をすればいいのか?


では、受験生の諸君に、勉強前にα波になる方法をお教えします。ヨガや禅でももちろんOKです。ヒーリングミュージックをかけながら体操や足揉み・瞑想するのも効果的。お風呂などで体をリラックスさせるのもGOOD。脳はα波になりますよ。

しかしリラックスしすぎると今度は眠くなってしまうので要注意。眠くならずに脳をα波にするには、「ウォーキング」が一番です。目的を持たずに近所を散歩するだけで十分、脳はリラックスしてα波の状態になります。ウォーキングで集中力や記憶力を高めるやり方は有名で、ビジネスマンでも大事な仕事の時の息抜きにウォーキングやジョギングを行います。

 

α波で集中力と記憶力アップ!


α波は集中力と記憶力をアップすると言います。α波の状態の脳は、通常のお疲れの状態や、がちがちに凝り固まった状態とは違い、スポンジのように柔らかく物事を吸収する状態にあるのです

書店でよく、「頭をよくする方法」「勉強前に記憶力をよくする方法」などといったタイトルの本が売られていますよね。表紙をめくると内容はたいてい「α波」にする方法が紹介されています。脳をα波にすることで物覚えがよくなることが発見されてから、様々な勉強への活用法が紹介され続けているのです。

 

受験生はα波を極めよう


毎年受験シーズンになると、単語帳をめくりながら電車の中や街中で頑張る受験生の姿が見られます。冬どころか、その前の夏から本腰を入れる受験生がほとんどでしょう。小さな頭の中に膨大なデータを詰め込んで、志望校へ向かって猛進する姿は応援に値します。

そんな受験生の親御さんや周りの方は、是非ともα波をお勧めしてください。最初は半信半疑であっても、受験生ほど熱心に勉強に打ち込んでいればα波の効果は顕著に気が付くはずです。

「記憶力がよくなった!」「集中力がアップした!」と実感できれば、毎日の勉強前に脳をα波にするようになります。頑張る受験生の背中を押すつもりで、是非とも推奨してください!

 

さて、α波について解説するとともに、勉強の効率を上げる方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

「勉強の方法を劇的に上げるスゴ技!」とのタイトルで「嘘くさい」と感じた方もいるかもしれませんが、効果をしればその疑惑もなくなるはずです。脳をα波の状態にしてからの記憶力と集中力は本当にすごいのです。

受験生の家族でなくとも、大学の試験前や様々な資格試験や就職活動などで、記憶力と集中力を高めたいときがあるはず。また、仕事を始めてからも仕事への集中力をアップさせるための方法は役に立ちます。

脳をα波にする方法を知っておけば、あらゆる物事を前にしても対処できるのです。自分の脳をベストの状態にする方法は、人生においてあなたの強い武器となりますよ。

 

まとめ

α波を出して、勉強の効率を劇的に上げるスゴ技とは?

・α波とは脳波の一種の状態である
・α波を意識的に作り出す方法は、ヨガや禅・ヒーリングミュージックなどがある
・脳がα波のときには記憶力と集中力がアップする
・勉強前にウォーキングをすることで、脳がリラックスしすぎずにいいα波の状態になる
・α波で集中力と記憶力アップは世間で広く活用されている
・α波を極めて受験シーズンを乗り切ろう