勉強法を変えて、学校の成績をグングン上げるコツ!

勉強法を変えて、学校の成績をグングン上げるコツ!
受験のために勉強法を探している人は多いでしょう。しかし参考書を変えても塾を変えても成績は上がらず。どのようにすれば学校の成績が伸びるのかわからずに、深みにはまっている人も多いはず。受験生自身に自覚がなくとも、親御さんで心配している人も多いでしょう。

勉強法を変えて、なんとか勉強に手ごたえを感じてほしい、感じたいというあなたのために、即効性のある方法をいくつかお伝えします。勉強法を変えて、学校の成績をグングン上げる素敵な方法があるのです。

「え?そんなことでいいの?」と思われるかもしれませんが、以下の方法を毎日実践することで、受験勉強がずっとスムーズに進むことは間違いありません。信じて実践し続けることをおススメします。



 

勉強法を変えて、
学校の成績をグングン上げるコツ!

 

勉強の時間帯をきめる


まず、人間の頭が一番勉強に向いている時間帯をお教えします。多くの受験生は夜遅くまで受験勉強を頑張っていることでしょう。しかし勉強したことが頭に入らなければ、いくら机に向かっても仕方がありません。そして夜は記憶力がそれほどいい時間帯ではないのです。

勉強に最も向いている時間帯は、早朝です。睡眠不足もまた、記憶力や集中力の低下を招くため、夜はなるべく早く床に付くことをおススメします。特に夜の22時から深夜2時の間は、体を休めた方が良いと言われています。受験勉強のために大幅に勉強時間を取りたいと願うのであれば、夜は21時過ぎには床に入るようにしてください。そして夜中の3時から4時の間に起きるのです。

誰も起きていないこの時間帯なら静かに集中して勉強することが出来ます。また、集中力もアップして脳も冴えている時間帯。ぐんぐん覚えたことを吸収することが出来るでしょう。

 

前頭葉を刺激する


脳の中でも前頭葉という部分を刺激することで、勉強の効率が大幅にアップします。そこで勉強初めにはこの前頭葉を刺激して、脳を活性化させる勉強法をおススメします。勉強のときに大切なのは、参考書や場所や教師ではありません。自分の脳が何よりも大切です。

前頭葉を刺激する方法はいくつかありますが、簡単でおススメなのが「音読」です。文章を声に出して読み上げるのです。すらすらとつかえることなく、集中してなるべく早く読むことで、前頭葉を刺激することが出来ます。勉強前には是非お試しください。

 

勉強し続けるのではなく、緩急を大切にする


受験前になると、とにかく机に向かうことが大切と考えられがちです。しかし机に向かっても、実になる学習をしていなければ時間の無駄。自分の記憶力、集中力の高い時間にだけ集中して勉強し、あとはリラックスして脳を休める時間を持つようにしてください。

闇雲に英単語帳をめくっていればいいというものでもないのです。何よりも、机に向かうよりも体を動かす時間を積極的にとる方が、血行が良くなり勉強効率も上がります。受験に役立つ勉強法を探している方は、勉強の合間に集中力が切れたなぁと感じたら、運動を入れてみてはいかがでしょうか。脳が活性化し、短時間でも勉強効率が上がることを実感できるはずです。

 

口にする食品にも気を配る


口にする食品によって脳は作られていきます。脳みそが使う栄養素は糖質。だからと言って勉強の合間に甘いものばかり食べていては眠くなってしまいます。血糖値も上がり体調も悪くなるかもしれません。結局は何事でも、バランスの取れた食事を腹6~8分目摂ることが一番なのです。

受験勉強に集中したいときは、厚生労働省が平均的に推奨する「1日3食」を忘れてください。自分の体の声によく耳を傾けて、お腹がすいたと感じたときに食べることをおススメします。内容は上述したようにバランスのとれた食事を。そして脳が活性化するように、糖質も適量入れて、飲み物にははちみつなどを混ぜるといいでしょう。

また、大豆製品も記憶力を高めるため、納豆やみそ汁を摂ることもおススメです。大食は悪癖で、良いことなど一つもありません。育ち盛りだからと言ってむやみやたらにお腹に物を詰め込まずに、どうしても夜中などにお腹がすいたらナッツ類などでしのいでください。

よく噛むことも空腹を紛らすのに有効です。空腹で飢えているときの方が脳の集中力や記憶力がアップするとの口コミも多く、勉強法として取り入れている受験生も少なくありません。興味のある方はお試しを。

 

集中力を高める工夫をする


勉強の合間に集中力が切れてきたと感じたら、ヨガを取り入れることをおススメします。ヨガによって呼吸を正し、血行を良くして脳を活性化させるのです。また、純粋に体調を良くすることで、過酷な受験戦争を乗り切る強靭な精神力を養うことにもつながります。

勉強法を探しているのはひとえに、受験戦争を勝ち抜くため。勉強効率を上げるとともに、それを持続できる強靭な精神力を養うことも、勉強法と同じくらい大切なことだと心得てください。継続できる人ほど、受験の荒波を乗り切ることが出来るのです。

 

さて、受験戦争を乗り切るために、勉強法を模索しているあなた。学校の成績をグングン上げる方法を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

勉強法の紹介と言っても、詳しい勉強方法や、参考書などを紹介せずに、敢えて自分の記憶力や集中力、そして勉強を継続する精神力をアップさせる方法を紹介してみました。これらのことは受験戦争であなたの大きな力になると信じているからです。

また、受験だけではなく、その先に横たわる長い人生においても、上述した方法を続けていくことは効果を発揮します。仕事でも家事でも、記憶力や集中力、そして精神力が必要となるからです。受験勉強を期にこれらのことを生活に取り入れ、あなたの人生を支える柱として定着させてください。

 

まとめ

勉強法を変えて、学校の成績をグングン上げるコツ!

・勉強の時間帯を決める
・前頭葉を刺激する
・勉強し続けるのではなく、緩急を大切にする
・口にする食品にも気を配る
・集中力を高める工夫をする