英語文法を勉強するときに役立つ基本フレーズ!

英語文法を勉強するときに役立つ基本フレーズ!
「英語文法の勉強」というと、問題集に向かって並び替え問題や穴埋め問題などをひたすら解くというイメージがありますよね。それはそれで力がつきますし、パズル感覚で解いていけば楽しいのですが、英語文法学習にはもう一つの方法があります。「基本フレーズの習得」です。

習いたい文法や会話表現などが詰まったフレーズを覚えることにより、英会話で自分が言いたいことを反射的に表現できるようになります。もちろん、英語を話すときだけでなく書くときにも有効です。しかも一度しっかり覚えたフレーズはなかなか忘れないので、知識として長持ちしてくれます。

でも、英語文法フレーズの覚え方にはコツがあるのも事実です。どんなコツをおさえれば上手にフレーズを覚えられるのかについてお伝えします。



 

英語文法を勉強するときに
役立つ基本フレーズ!

 

英語文法を一通り勉強してから


文法フレーズの学習が英語文法への理解を深めるために効果的であることはたしかですが、その前に基本的な文法知識を身につけておきましょう。さもないと、自分が今どんな英語文法のフレーズを学習しようとしているのかわからないまま勉強することになってしまいます。

大変に思えるかもしれませんが、英語文法の学習は英語を学ぶためには避けては通れない道です。パズルやクイズを解く感覚で、楽しみながら乗り切りましょう。

 

受験構文シリーズなどがおすすめ


英語文法フレーズを覚えるには、受験生向けの構文参考書シリーズがおすすめです。特に高校入試や大学入試向けの英語構文シリーズであれば、入試に出てくるような難しい英語文法のフレーズなどもバランス良く収録されています。

こうしたシリーズ本に徹底的に当たってみれば、本物の文法力が身につくのは確実です。リスニングCDがついている参考書であればリスニング対策にも役立ちます。

 

英会話フレーズも効果的


英語文法フレーズを覚えると同時に、英会話表現のフレーズも学習しましょう。英会話表現には文法フレーズでは学ぶことのできないフレーズが混ぜてあることが多々あるからです。

こちらもフレーズブックなどがたくさん販売されていますので、1冊か2冊手に入れて、英会話学習のお供に使いましょう。文法ものと比べてフレーズ自体が短いため、すき間時間での勉強がしやすく便利です。同じく、TOEICフレーズ集などもチェックしておくと良いでしょう。

 

1日1フレーズを基本に


英語文法をなるべく短期間でたくさん覚えたい気持ちはやまやまですが、さすがに難解な文法も含むフレーズを一度に大量に覚えることはできません。最初はできたとしても、後で無理がたたって三日坊主になったり、あまり定着しなかったりと、デメリットの方が多いのです。

そのため、覚えるフレーズは1日に1つか、または自分が本当に覚えられるフレーズにとどめておいてください。また、夜眠る前にその日に覚えたフレーズを復習し、本当に身についているかどうか確認しましょう。

 

いろいろなアプローチで覚える


英語文法フレーズを覚えるためにすべきことは、フレーズをただ書くだけでは十分ではありません。読む、書く、聞く、話すといった英語学習の4つの面からアプローチしてこそ、本当の意味でフレーズを覚えられるようになるのです

読んで書き、リスニング音源を聞いて正しい発音を確認してから自分でも口に出してみる、という動作をできるだけ何回も繰り返しましょう。多少面倒ですが、このようにあらゆる感覚を使って脳にアプローチすることにより、インプット率が格段に高くなります。

 

バリエーションを意識する


英語文法を学習するときに意識したいものにバリエーションがあります。特に構文やフレーズの場合、参考書などに書いてあるフレーズをそのまま覚えることになるのですが、実際の英会話や英語を書く場面でフレーズ通りに話したり書いたりするわけにはいかないからです。

そのため、文法のフレーズを覚えるときには、ほかにどのような単語をあてはめられるかについても考えてみましょう。自分ならどんな感じやシチュエーションで使いたいか想像してみるのです。それができて初めて、そのフレーズを自分のものにする準備が整います。

 

英語文法をフレーズを通じて学習するための6つのコツ、いかがでしたか。

まずは英語文法そのものにあたり、基本的な知識を身につけておくことが大切。そうでないと、意味も分からないままフレーズだけを覚えることになってしまいます。

次に学生向けの構文参考書を入手し、そのリスニング音源まで駆使してフレーズを頭に入れていきましょう。読む、書く、聞く、話すと英語の4技能をまんべんなく伸ばすためには必要なステップです。さらに英会話フレーズも勉強しておくと鬼に金棒でしょう。

最後に、そのフレーズを自分ならどう作るかについても考えながら勉強を進めてください。それさえできれば、英作文や英会話を今までよりもずっと上手にこなすことができるようになります。

 

まとめ

英語文法をフレーズで学ぶには

・まずは文法学習を
・学生向け参考書でお勉強
・英会話フレーズも忘れずに
・英語の4技能を意識しながら
・少しずつ学ぶのが大切
・自分ならフレーズをどのように使いたいか考える