転職に失敗したと思ったときにとるべき行動とは?

転職に失敗したと思ったときにとるべき行動とは?
転職での失敗はなるべく避けたいことですよね。以前勤めていた会社をやめ、長くつらい転職活動を経てようやく内定をつかみ取ったというのに、新しい勤務先が自分に合わなかったと気づくのは少々酷です。

転職活動をしている時点で的確な企業選びをできていれば全く問題ないのですが、現実にはそうもいきません。入社してみて初めて違和感が出てくることもあるでしょう。それに、転職活動の失敗を後悔していても何も始まらないのです。

そこで、転職に失敗した後に何をすべきなのか、どのように前進すべきなのかについて解説します。「せっかく転職したのに何だか気分が悪い」、「どうしたらこの状況を改善できるのか」と思ったときの参考にお使いください。



 

転職に失敗したと思ったときに
とるべき行動とは?

 

転職に失敗したら:1.分析してみる


「転職に失敗した」と感じても、すぐに退職しようとしてはいけません。嫌気が射したからといって退職を早まると、次の転職のときに不利な経歴を残すことになってしまうからです。

そのため、新しく入社した会社を辞める前に、自分がなぜ嫌だと感じているのかを冷静に分析してみてください。ノートなどを用意して紙に書き出してみるのも良いでしょう。実際、「紙に書く」という行為には問題をよりとっつきやすく思わせる効果があるのでおすすめです。

できればこの時点で解決策まで見出すのがベストですが、自分では無理そうなら周りに相談するのもアリでしょう。しばらくは転職した企業を辞めない方針で対策を考えてみてください。

 

転職に失敗したら:2.社内規則を読み直す


「転職に失敗した」、「新しい同僚たちとのコミュニケーションが円滑に進まない」と感じているのなら、もしかしたら知らないうちに社内規則を侵しているのかもしれません。確かに、周りのみんなが守っているルールを守れていないと、次第に阻害されるようになりますよね。

しかし、社内規則はその企業にとっての文化でもあります。文化を守れなければ適応することはできず、その結果「転職に失敗したかも」と感じることも少なくありません。逆に従順に適応する能力があればある程度の試練も苦に感じることなく乗り越えることができます。

 

転職に失敗したら:3.周りとのコミュニケーションを


人間は周りと交流しながら生きていく動物です。中には他の人と全く口を利かずに一生を過ごす人もいますが、それは極端な少数派でしょう。通常はコミュニケーションを行うことによって自分に有利な状況を築き上げていきます。

そのため、いくら転職先に違和感があったとしても、周りの同僚とのコミュニケーションが円滑であればある程度の不満にも耐えることができます。人情に任されるべきではもちろんありませんが、新天地を求めて入社し、自分の成長が期待できるなら大いに活用するべきです。

 

転職に失敗したら:4.しばらく我慢してみる


新しく入社した会社は以前の職場とは違うので、その相違に戸惑うことは避けられないでしょう。でもだからといってすぐに「辞めよう」と考えるべきではありません。

多少不満に思うことがあってもそれを口に出さず、しばらくの間我慢してみましょう。覚悟を決めて身を投じてみれば意外に苦しくなかった、というのはよくある話だからです。適応することによって初めて見えてくる世界というものもあります。

実は、異なる環境に身を置いてみることによって得られる成長はたくさんあるのです。ストレスで心身を傷めすぎてしまいそうというのでない限り、自分という人材を育ててくれる良い材料だと捉えると楽になります。

 

転職に失敗したら:5.現実を直視する


転職をする人のほとんどが転職先の企業に対し過大な憧れを抱いています。「せっかく前職を辞めてまでこの会社に来たのに、転職に失敗したかもしれない」と考えるのはそのためです。

しかし、夢のように何もかもがうまく行く企業というものも実際にはありません。良いこともあれば嫌なこともあるのが現実の企業なのです。理不尽な理想を捨て、その現実を理解するだけでも気分は楽になります

 

転職に失敗したら:6.契約内容を確認する


転職に失敗したとしても並大抵の不満であれば気の持ちようで克服できますが、中には「給与や業務内容、待遇が求人広告に記載されているものと違う」という悪質なものもあります。こういう場合は企業側にどんどん問いただすべきです。

しかし、つっけんどんに問い合わせても良い返事は得られませんので、交渉能力を磨いてからにしましょう。どうすれば自分にとって有利な状況に持ち込めるかを考えるのです。

交渉能力も仕事には必須のスキルであることに間違いはありません。交渉術の本を少なくとも1冊は購入して熟読しておきましょう。

 

「転職を失敗したな」と感じたときにとるべき行動6選、いかがでしたか。

まずは状況を分析して何が不満なのかを知ることが大切です。うじうじと悩んでいてもすっきりしませんので、紙に書き出してみましょう。紙に書いてみるだけで浮かんでくる解決策もあります。

また、社内規則を見直したり周囲とのコミュニケーションを充実させたりし、より快適な職場を自分で作っていくことも大切です。夢に踊らされず現実を理解し、適応しようとする姿勢も欠かせません。これだけでも欲求不満をだいぶ減らすことができます。

しかし、契約内容に重大な違いがあるのに我慢しているのはいけません。自分にとって有利な戦局を作れるよう、交渉能力も磨いておきましょう。

 

まとめ

「転職に失敗したかも」と思ったときの6つのチェック項目とは?

・不満を紙に書き出してスッキリ!
・転職がうまくいかないのは、社内規則を知らないせいかも
・周りと交流して居心地の良い職場づくりをしてみよう
・我慢して適応してみれば成長することも
・夢ではなく現実に向き合うこと
・契約内容を確認し、交渉を