退職挨拶時のスピーチで、後を濁さず去るコツ!

退職挨拶時のスピーチで、後を濁さず去るコツ!
退職挨拶のスピーチで最も大事なことは何でしょうか?これまでお世話になった人へ感謝の気持ちを伝えること、退職の理由を自分の言葉で伝えることなど人それぞれ伝えたい事は違いますが、どのようなスピーチにも共通して重要となるのは「立つ鳥跡を濁さず」です。

退職挨拶のスピーチは、その職場を去る人間が最後に残す言葉ですから、聞いている会社の人間に不快感を与えてはいけません。そんな事は当然だと思われる方は多いかもしれませんが、意外にも無意識のうちに相手に不快な思いをさせていることがあるのです。

そこで今日は、退職挨拶のスピーチをする時に外してはいけない、そして気をつけなくてはいけないポイントをについてお伝えします。ではご覧ください。

[ 続きを読む… ]

朝礼スピーチで好感度を上げる6つのコツ!

朝礼スピーチで好感度を上げる6つのコツ!
スピーチをする機会はなかなかないように思えますが、実は結構頻繁にめぐってくるものです。例えば、友人が結婚式を挙げるときにスピーチ役を任されることはよくあります。大切な友人にとってかけがえのないイベントを盛り上げるため、何日もかけて練習しますよね。

ところが、大人になってからスピーチをする機会は結婚式のそれだけに限りません。そう、社会に出てある程度責任のある役職に就いたとき、「朝礼スピーチ」を任されることがあるのです。この場合周りの部下や同僚に向けられた挨拶となるため、緊張の度合いもさらに強まるかも。

でも、この朝礼スピーチを上手に切り抜ければ「優秀な人材」、「良い上司」との好感度もアップ!どうすれば朝礼スピーチをうまくこなせるのか、そのコツ6つについてお伝えします。

[ 続きを読む… ]

結婚式スピーチ!知らないと恥をかくマナーとは?

結婚式スピーチ!知らないと恥をかくマナーとは?
友人や知人・会社の同僚や部下の結婚式でスピーチを頼まれることがありますよね。おめでたい席でのスピーチの依頼は、光栄の一言に尽きます。そして結婚式という一生に残る大切な場を彩るにふさわしい、素敵なスピーチを目指したいところです。

しかし最近の若者は、結婚式のスピーチのマナーを知らない人も多いのです。マナー違反を平然として、スピーチをやり切った誇りを持ってニコニコと席に戻る人もいます。参列者は内心で残念な思いをしているとも知らずに…。

そこで今回、結婚式のスピーチをするにあたって、守るべきマナーをお伝えします。大体は常識の範囲なのですが、結婚式ならではのマナーもあるので、スピーチを前にご一読ください。

[ 続きを読む… ]

退職挨拶のスピーチ、上手くいく7つの具体例

退職挨拶のスピーチ、上手くいく7つの具体例
長い人生です。一つの職場に定年までい続ける人もいますが、色々な理由で会社を退職する人も多いでしょう。退職するにあたって、今までお世話になった同僚に対して挨拶のスピーチをする機会が設けられるはず。たつ鳥後を濁さずの精神でもって、辞めていく会社の社員たちに立派に退職挨拶のスピーチをしたいところです。

しかし退職は人生で何度もあるものではありません。結婚や出産、そして転職やキャリアアップなど、人生に1度か2度、あるかないかの機会です。退職挨拶のスピーチと言っても、慣れている人の方が少ないはず。ほとんどの人は「何を話せばいいのだろう?」と考え込むはずです。

そこで今回は退職挨拶のスピーチの内容を、どのように工夫すればいいかをお伝えします。退職挨拶を控えている方は是非、スピーチの参考にしてください。

[ 続きを読む… ]

【朝礼スピーチ】みんなに注目されるネタ探しのコツ

【朝礼スピーチ】みんなに注目されるネタ探しのコツ
朝礼のスピーチ、聴く方の立場になってみれば気楽なものですが、スピーチする側に立ってみるとなかなかネタ探しが難しいのではないでしょうか。

大勢の前でのスピーチは、一番最初はやっぱり緊張しますよね。といっても緊張するだけで、そんなに大きな失敗に結びつくことは少ないのではないでしょうか。緊張して何が何だかわからないまま無難なスピーチをしても、聴いている側の記憶に残るようなスピーチはできません。

かといって笑いをとろうと奇をてらったスピーチにいきなり挑戦すると大きく滑ってしまうことも。大きく滑るよりは無難なスピーチで済ませたい気持ちも分からなくはありません。ですがどうせなら、みんなにいい意味で注目されるスピーチをしてみたいと思いませんか?

今回はそんなあなたに、朝礼のスピーチでみんなにいい意味で注目されるネタ探しのコツをお教えします。無難にスピーチの時間を流すのではなく、他人の心を掴むスピーチにぜひ挑戦してみてください!

[ 続きを読む… ]