英語文法☆最低限知っておきたい5つのルール

英語文法☆最低限知っておきたい5つのルール
英語文法は何だか難しそうで、英語を勉強したいと思っても知らず知らずのうちに避けてしまいがちですよね。「英会話だけ勉強したい」、「英語の文法は実際必要ないと思う・・・」と感じている人も多いようです。

しかし、本当にネイティブと分かり合える英語力を身につけたいなら、文法の学習は必要不可欠。こちらにとって英語の文法は難しいとはいっても、ネイティブは毎日のように使い回しています。また、文法をきちんと勉強していることをネイティブに示すことは、ネイティブに対する思いやりでもあるのです。

それでも、英語の難しい文法をすべてこなすのは大変です。そこで、「そこまで難しくはないけれど、これだけは押さえておきたい!」という英語文法5つをまとめました。ここできちんと土台をつければ、さらにレベルの高い文法習得も夢ではありません。それでは、最低限知っておきたい5つのルールをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

中学英語の文法を最短でマスターする勉強法

中学英語の文法を最短でマスターする勉強法
英語文法は、ある程度は学校で学ぶものの、中学生や高校生当時の頭にとっては少々難しく、なかなか理解できなかったという人は少なくないですよね。また、当時は英語文法をしっかりわかっていても、卒業と同時に忘れてしまったというケースもあります。

それでも、英語をマスターするためには、英語の文法は避けて通れない道です。本当に英語を流暢に話せるようになりたいのなら、まずは文法的知識をしっかりと身につけないとどうにもなりません。また、中学生レベルの基本的な文法知識があってこそ、次のレベルに進むことができるのです。

とはいえ、英語の文法といってもたくさんの種類があるので、一度に習得しようとすると大変かもしれません。そこで、そうであっても急いで覚えたいという人のために、最短で英語文法をマスターするためのコツ6つを解説しますので、一日も早くレベルアップを果たすための参考にお使いください☆

[ →続きを読む… ]

英語の文法を楽しく覚える8つのコツ!

英語の文法を楽しく覚える8つのコツ!
学生時代、英語のテストの前には必ず単語や文法をテスト前に覚えるのに苦労した…なんてことありますよね。日本語で話せばいいじゃん、ここは日本なんだから、と何かと理由をつけて避けてきた読者の方も多いはずです。日本語と英語は文法の順番が違うので、なおさら目的がないと前向きな気持ちになりません。

そんな、英語の文法を辛く苦しく覚えるのではなく、楽しく覚えられるコツがあれば今すぐ実践してみたいと思いませんか。英語も同じ人間が使いこなしているので、そこまで構えるほどではないはずです。

今回は、身近に流れている洋楽や、ちょっとした標識の英語を取り入れながら、英語の文法を学習してきた今までの黒歴史を塗り替えるべく、楽しくそしてもっと知りたいと思える、文法を覚える8つのコツをお伝えします。

[ →続きを読む… ]

テスト勉強に役立つ記憶術!4つのトレーニング法

テスト勉強に役立つ記憶術!4つのトレーニング法
記憶術という魔法があれば、それを最大限活用し毎回テストでいい点数をとりたいですよね。今回お伝えするトレーニング法は、難しいことをするわけでもなく、これといった特別な方法ではありません。誰にでもすぐに実行できる方法です。

日頃の自分の行動を少し気にかけ、整理し、それを分析し、実行するだけです。え?それだけ?と思われるかもしれませんが、はい、たったのそれだけです。何も特別なことはしません。そしてそこには、正解も間違いもありません。間違えたかもしれない、と思ったら軌道修正すればいいだけのことです。

記憶術を身につけながら、奥底に潜んでいるまだ知らない自分を発見したり、自分を見つめなおすいいきっかけにもなるかもしれません。そこで今回は、日常の自分を知ることにより始められる「テスト勉強に役立つ記憶術!4つのトレーニング法」をお伝えします。

[ →続きを読む… ]

目標管理シートの書き方と、達成するための使い方!

目標管理シートの書き方と、達成するための使い方!
目標管理シートとは、会社と社員が共有して目標管理をおこない、組織全体をマネジメントしていく上で、足がかりとなるもので、人事評価にも重要視されている書類になります。

とはいえ、日常の業務をこなすことで忙しくしている立場で、急に目標管理と言われても、そうスラスラと作成できるわけではありませんよね。

かといって、目標管理シートにいい加減なことを書いて、上司や会社にがっかりされてはたまりません。そこで、今の自分の視点でも、説得力のある目標管理シートを書くためにコツを生かして、周囲が納得するような書類づくりをしましょう。

同僚と同じような内容だとしても、説得力あるデータや表現方法、具体例を交えることで、上司から見てもとても受け入れやすい書類に変身させてしまうことができます。

そこで今日は、目標管理シートの書き方と、達成するための使い方についてお伝えします。ではご覧ください。

[ →続きを読む… ]